TOP

趣味は「読書」

文學界 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文學界2018年4月号
発売日:2018-03-07
価格:
amazonで詳細を見る
特集 死ぬまでに絶対読みたい名著
 
死ぬまでに絶対読みたい名著 
人類の遺産である不朽の名著を、第一人者たちがわかりやすく手ほどきする
  P9
 
『ツァラトゥストラ』(ニーチェ) 
中島義道 P10
 
『精神分析入門』(フロイト) 
松本卓也 P14
 
『全体主義の起原』(アーレント) 
仲正昌樹 P20
 
『社会契約論』(ルソー) 
大澤真幸 P27
 
『監獄の誕生 監視と処罰 』(フーコー) 
石田英敬 P34
 
『忠誠と反逆』(丸山眞男) 
苅部直 P41
 
『善の研究』(西田幾多郎) 
小林敏明 P46
 
『無常という事』(小林秀雄) 
若松英輔 P53
創作
 
海を駆ける 
海から来た謎の男、ラウ──『淵に立つ』の注目監督が最新映画を自ら小説化!
深田晃司 P65
 
彼は本当は優しい 
仕事と母の病気に引き裂かれるニュースキャスター。気鋭社会学者のデビュー小説
古市憲寿 P130
追悼 石牟礼道子
 
追悼 石牟礼道子 
石牟礼さんがお果てになった
池澤夏樹 P180
 
追悼 石牟礼道子 
詩的代理母のような人
伊藤比呂美 P183
ノンフィクション
 
峠三吉とその時代 
戯曲『河』を巡る群像
堀川惠子 P202
第48回九州芸術祭文学賞発表
 
第48回九州芸術祭文学賞発表 
【発表と選評】
村田喜代子 
X又吉栄喜 
X五木寛之 
P233
エセー
 
暮らしに政治をとりもどすために 
松村圭一郎 P188
 
この世界のこの私 
樋口恭介 P258
Author's Eyes
 
透明な鎧 
小野さやか P64
巻頭表現
 
さくらのじかん 
中家菜津子 P1
連載小説
 
地に這うものの記録 
第 6回
田中慎弥 P236
 
不死男 
第 11回
島田雅彦 P248
 
Orga(ni)sm 
第 18回
阿部和重 P260
 
潮音(ちょうおん) 
第33回
宮本輝 P282
 
スーベニア 
第28回  そういう男
しまおまほ P294
連載
 
御厨流政治道場 
最終回 政治学者の黒歴史
御厨貴 P126
 
執念深い貧乏性 
最終回 ババア一擲
栗原康 P190
 
牧水の恋 
第十二章 若き日をささげ尽くして
俵万智 P222
 
読書間奏文 
第十回 くちなし
藤崎彩織 P176
連載漫画
 
文豪春秋 
第十一回 「吾輩は猫が好き」
ドリヤス工場 P322
コラム
 
むらむら読書 
第三回  
犬山紙子 P217
 
きれぎれのハミング 
第四回
柴田聡子 P125
 
悩む人 
第十九回 私は母から生まれた
髙橋秀実 P218
 
脳内セレブ 諭吉くん 
第十九回 不滅の男と草枕 
鹿子裕文 P279
 
時事殺し 
第二十六回 どう考えてもアナタのメダル
武田砂鉄 P60
 
若き藝能者たち 
第三十回 文楽の男伊達──竹本織太夫
九龍ジョー P246
 
新人小説月評 
日比嘉高 P302
 
新人小説月評 
倉本さおり P303
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
文學界図書室
 
金井美恵子『「スタア誕生」』 
小山田浩子 P304
 
星野智幸『焔』 
矢野利裕 P304
 
西村賢太『夜更けの川に落葉は流れて』 
藤野可織 P304
 
木村紅美『雪子さんの足音』 
東直子 P304
 
前田司郎『愛が挟み撃ち』 
巽孝之 P304
 
第123回文學界新人賞中間発表 
  P293
 
文學界新人賞応募規定 
  P300
 
執筆者紹介 
  P326
 
次号予告 
  P327

ひとことコメント

コメント: