TOP

趣味は「読書」

文學界 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2009年 02月号 [雑誌]
発売日:2009-01-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 【長篇評論一挙掲載】
戦争という惨禍と変化の時代に、日本人であるとはどういうことだったのか。自らも米国将校として従軍し、その後の人生を日本文学研究に捧げた碩学が、
ドナルド・キーン 
角地幸男 
 
 創作
テント集落奇譚 
又吉栄喜  
 創作
パーティーでシシカバブ 
鹿島田真希  
 連載小説
常夏の豚 
第二十六回
矢作俊彦  
 連載小説
象牙色の賢者 
第十一回
佐藤賢一  
 連載小説
心はあなたのもとに 
第二十一回
村上龍  
 連載小説
路(ルー) 
新連載第二回
吉田修一  
 紀行
村上春樹のイタリアを行く ――ローマの「眠り」、そしてパレルモ 
鈴村和成  
 特集東アジア文学フォーラムの収穫
「玄界灘と文学」 北九州男児座談会 
東アジアの中心、北九州育ちの三人が、故郷とアジアと文学を縦横に語り合う
青山真治 
X平出隆 
X平野啓一郎 
 
 特集東アジア文学フォーラムの収穫
「韓国の学生と対話して」  
インタビュー綿矢りさ  
 【対談】 チェスと文学
「猫を抱いて象と泳ぐ」執筆を通して発見したチェスと小説に共通する魅力とは
小川洋子 
若島正 
 
 エッセー
退屈のトンネル 
岡田利規  
 エッセー
秘密の花園も雑草園も 
松山巌  
 エッセー
形態(フォルム) 
間宮緑  
 評論
文字の向こうに  
第十四回 小泉八雲の世界(一)
三宮麻由子  
 評論
メガ・クリティック 
第二回ゾンビの登場しないゾンビ小説(後編)
池田雄一  
 評論
なんとなく,考える 
第七回娯楽性について(一)
東浩紀  
 評論
アウトサイド・レビュー 
沖縄・プリズム  1872-2008
木村紅美  
 文學界図書室
津島佑子 『あまりに野蛮な』 
中沢けい  
 文學界図書室
石原慎太郎 『火の島』 
斎藤環  
 文學界図書室
川上弘美 『どこから行っても遠い町』 
江南亜美子  
 文學界図書室
レーモン・クノー 『あなたまかせのお話』 
円城塔  
 著者インタビュー
よしもとばなな 『彼女について』  
よしもとばなな  
 コラム
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子  
 コラム
ニッポンの名文 
山口文憲  
 コラム
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々  
 新人小説月評
  
安藤礼二  
 新人小説月評
  
山田茂  
 
日本全国文学ガイド(1月7日~2月6日) 
   
 
文學界新人賞応募規定 
   
 
執筆者紹介 
   
 
Voice of Animals 
三沢厚彦  
 
(ペットボトルは猫よけには効かない) 
辻和人  
ひとことコメント
コメント: