TOP

趣味は「読書」

文學界 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文學界 2015年 09 月号 [雑誌]
発売日:2015-08-07
価格:¥ 970
amazonで詳細を見る
新芥川賞作家 羽田圭介 又吉直樹 スペシャル
 
羽田圭介 又吉直樹 スペシャル  
  P11
 最新原稿独占入手!
芥川龍之介への手紙 
又吉直樹 P12
 受賞第一作
成功者Kのペニスオークション 
羽田圭介 P18
 受賞記念対談
島田雅彦×羽田圭介 天然ボケのユーモア 
島田雅彦 
×羽田圭介 
P22
 受賞記念対談
川上弘美×又吉直樹 漫才と小説の近さ 
川上弘美 
×又吉直樹 
P32
 特別エッセイ
芸歴十六年目の表現 
中村文則 P46
 
又吉直樹論 
小説家・又吉直樹の宿命
中森明夫 P60
 
又吉直樹論 
作家・又吉直樹誕生前夜
九龍ジョー P50
 
羽田圭介論 
ミート・ザ・ルーチンワーク
杉田俊介 P54
 グラビア
受賞決定の瞬間 
  P1
戦後70年大型企画第2弾
 
戦火は遠からず 
  P68
 戦火は遠からず
とことん語った「戦争・沖縄・表現の自由」 
二階堂ふみ P70
 戦火は遠からず 巻頭表現 
わたしが一番きれいだったとき 
茨木のり子 
X二階堂ふみ 
P7
 戦火は遠からず
原爆と文学のあいだ──原民喜、大田洋子、林京子再読のすすめ 
青来有一 P78
 戦火は遠からず
ヒロシマ文学を世界遺産に 
堀川惠子 P94
 戦火は遠からず
吉田嘉七『ガダルカナル戦詩集』の数奇な運命 
玉居子精宏 P110
 戦火は遠からず
戦艦大和、武蔵……海底に眠る戦没者三〇万柱 
栗原俊雄 P124
 戦火は遠からず
私の好きな戦争映画 
荒井晴彦 P128
創作
 
ヤマトタケル伝説 
石原慎太郎 P136
 
無声抄 
諏訪哲史 P154
 
八月の息子 
木村紅美 P170
 
コラソン 
佐藤モニカ P212
東アジア文学フォーラム報告
 
東アジア文学フォーラム報告 
大きいものと小さいもの
中島京子 P250
 
東アジア文学フォーラム報告 
書くこと、つどうこと
谷崎由依 P252
連載
 
雌伏三十年 
第4回  猿山
槙田雄司 P256
 
哲学探究 
─存在と意味─ 第15回
永井均 P278
 
美しい花 小林秀雄 
第8回  別ちがたきもの 中原中也(一)
若松英輔 P288
 
切腹考 
第7回  ヰタ・リテラーリス
伊藤比呂美 P304
エセー
 
そして母になる 
岡室美奈子 P66
 
読書会の喜び 
吉川浩満 P168
 
越夏した夏 
ノゾエ征爾 P210
Author’s Eyes
 
Author’s Eyes 
    
品田遊 P277
 
Author’s Eyes 
栗原康 P287
 
Author’s Eyes 
タナダユキ P303
コラム
 
も詩も詩 
最終回 詩歌の見え方の変化
穂村弘 P312
 
墓参記 
第七回 太宰治
山崎ナオコーラ P132
 
モテ読書 
第五回
犬山紙子 P153
 
味な小説 
第六回 O・ヘンリー
トミヤマユキコ P311
 
新人小説月評 
小澤英実 P316
 
新人小説月評 
藤田直哉 P318
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P330
文學界図書室
 
村上龍『オールド・テロリスト』 
田原総一朗 P320
 
古井由吉『雨の裾』 
池田雄一 P320
 
いしいしんじ『悪声』 
東直子 P320
 
上田岳弘『私の恋人』 
矢野利裕 P320
 
文學界新人賞Web受付開始のお知らせ 
  P248
 
文學界新人賞応募規定 
  P249
 
執筆者紹介 
  P328
 
次号予告 
  P329
ひとことコメント
コメント: