TOP

趣味は「読書」

文學界 1月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2014年 01月号 [雑誌]
発売日:2013-12-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
創作
 
ボラード病 
“空気”に支配された海辺の街で、少女が見たものは? 安全神話からの覚醒を促す二二〇枚
吉村萬壱 P10
 
八色(やくさ)の復讐 
髙樹のぶ子 P80
 
コネティカットの分譲霊園 
井上荒野 P106
 
飛ぶ孔雀II 
山尾悠子 P118
 
化野(あだしの) 
藤沢周 P150
 
花喰い 
篠原勝之 P160
 
遥かなる大地ガーナから 
中原昌也 P174
連載小説
 
水声 
第11回
川上弘美 P298
 
離陸 
第19回
絲山秋子 P306
 
ニッポンの小説 ・ 第三部  
第21回 
高橋源一郎 P318
エセー
 
サイン 
西村賢太 P220
 
聖夜の星 
岩城けい P234
 
「あ」 
竹内政明 P274
 
食べ物の虚実 
畑中三応子 P296
特集 回帰する柳田国男
 【対談】
先祖・遊動性・ラジオの話 
われわれはいかに死者を悼み、未来を作るべきか。空襲下の柳田の問いをいま再考する
柄谷行人 
Xいとうせいこう 
P186
 【評論】
列島論──国家に抗する遊動社会  
安藤礼二 P204
 
プルーストから三島へ──フランス作家の視点 
エリック・ファイユ 
吉川一義 
P223
 
問いはどこにあるのか 
長嶋有『問いのない答え』をめぐって
米光一成 P236
著者インタビュー〈拡大版〉
 
長嶋有『問いのない答え』  
  P246
 
みんな彗星を見ていた 
第12回
星野博美 P263
 
目めくり忘備録 
第29回
鬼海弘雄 P250
連載評論
 
生きる哲学 
第七回 感じる──神谷美恵子と天来の使者
若松英輔 P254
文學界図書室
 
大江健三郎『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』 
加藤典洋 P286
 
田中慎弥『燃える家』 
越川芳明 P286
 
井上荒野『ほろびぬ姫』 
トミヤマユキコ P286
 
藤野可織『おはなしして子ちゃん』 
栗原裕一郎 P286
著者インタビュー 
 
千葉雅也『動きすぎてはいけない──ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』 
檜垣立哉 P286
コラム
 
も詩も詩  
穂村弘 P278
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P276
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P159
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 
新人小説月評 
清水良典 P282
 
新人小説月評 
田中弥生 P284
 
Author’s Eyes 
私たちの映画と冒険
井口奈己 P281
 
日本全国文学ガイド(12月7日~1月6日) 
  P326
 
文學界新人賞応募規定 
  P317
 
執筆者紹介 
  P326
 
Animated Image 
山村浩二 P327
 
詩 
ウソツキ山にのぼったら――虚実論のために――
天沢退二郎 P9
ひとことコメント
コメント: