TOP

趣味は「読書」

文學界 11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文學界2017年11月号
発売日:2017-10-07
価格:
amazonで詳細を見る
特集 世界から見た日本文学
 
世界から見た日本文学 
大江健三郎、村上春樹から「越境作家」まで
  P25
 
リービ英雄×温又柔 
なぜ日本語で書くか
リービ英雄 
X温又柔 
P26
 
「日本語文学」は亡びるか 
水村美苗 P40
 
ヨーロッパの片隅で村上春樹とノーベル賞と世界文学のことを考えた 
ウクライナ、リヴィウより
沼野充義 P46
 
村上春樹以後 
アメリカにおける現代日本文学
都甲幸治 P54
 
読書の耐えられない軽さ 
セルビア語、ロシア語、日本語
髙橋ブランカ P62
新連載
 
地に這うものの記録 
僕の名前はポール。神がもたらした奇跡が人間界を戦慄させる!
田中慎弥 P9
対談
 
荻野アンナ×若松英輔 
看取りの文学
荻野アンナ 
X若松英輔 
P170
創作
 
大声の歴史 
板垣真任 P72
 
バベルの褒賞 
砂川文次 P110
 
マイセルフ・ウィズ・マイルーム 
二〇一七年下半期同人雑誌優秀作
斉藤せち P148
連載小説
 
「スタア誕生」 
最終回
金井美恵子 P182
 
不死男 
第 6回
島田雅彦 P208
 
Orga(ni)sm 
第 13回
阿部和重 P222
 
潮音(ちょうおん) 
第28回
宮本輝 P238
 
スーベニア 
第23回  シオはつらいよ
しまおまほ P262
巻頭表現
 
鯉は船に乗って進む 
マーサ・ナカムラ P1
エセー
 
川の名前を分かつ場所 
町屋良平 P106
 
文学の懐へ還ろうとしている 
赤坂憲雄 P250
Author's Eyes
 
柏と私 
佐藤文香 P24
連載
 
牧水の恋 
第七章 わかれては十日ありえず
俵万智 P158
 
御厨流政治道場 
第七回  人物評論・対比列伝の世界
御厨貴 P234
 
執念深い貧乏性 
第七回  血まみれのかあちゃん、ケツの穴、ファック
栗原康 P252
 
読書間奏文 
第五回 コンビニ人間
藤崎彩織 P144
連載漫画
 
文豪春秋 
第六回 「痴人の折り合い」
ドリヤス工場 P290
コラム
 
悩む人 
第14回 日本人は「哲学」に弱い
髙橋秀実 P204
 
脳内セレブ 諭吉くん 
第14回 マンシュウ
鹿子裕文 P68
 
時事殺し 
第21回 そんなの場合によるだろ
武田砂鉄 P219
 
若き藝能者たち 
第25回 吉笑ゼミと数学する落語
九龍ジョー P108
 
モテ読書 
第31回
犬山紙子 P181
 
味な小説 
第32回  尾崎放哉 
トミヤマユキコ P203
 
新人小説月評 
矢野利裕 P270
 
新人小説月評 
岩川ありさ P271
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P296
文學界図書室
 
中村文則『R帝国』 
日比嘉高 P272
 
山下澄人『ほしのこ』 
滝口悠生 P272
 
グレイス・ペイリー、村上春樹訳『その日の後刻に』 
佐久間文子 P272
 
高橋弘希『日曜日の人々』 
倉本さおり P272
 
飴屋法水『彼の娘』 
朝吹真理子 P272
 
諏訪哲史『岩塩の女王』 
青野賢一 P272
 
文學界新人賞応募規定 
  P268
 
執筆者紹介 
  P294
 
次号予告 
  P295

ひとことコメント

コメント: