TOP

趣味は「読書」

文學界 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2010年 03月号 [雑誌]
発売日:2010-02-06
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
創作
 
「君が僕のためにいてくれるということだけが、僕にさしてくるたった一つの光なんだ」 ──視力に続き聴力まで失った男が絶対の孤独の世界から生還するまで
石原慎太郎 P10
 タイニーストーリーズII
宿り木 
山田詠美 P78
 タイニーストーリーズII
モンブラン、ブルーブラック 
山田詠美 P85
 タイニーストーリーズII
GIと遊んだ話(二) 
山田詠美 P93
 
角田光代 P100
 
先生のあさがお 
南木佳士 P110
 
虚ろまんてぃっく 
吉村萬壱 P144
連載小説
 
心はあなたのもとに 
第34回
村上龍 P282
 
モンフォーコンの鼠 
第12回
鹿島茂 P272
 
武曲(むこく) 
第10回
藤沢周 P262
 
路(ルー) 
第9回
吉田修一 P252
 
カフカ式練習帳 
第3回
保坂和志 P242
評論
 
大江健三郎『水死』を読む
三浦雅士 P156
 中国歴史人物月旦
李煜(りいく) 
亡国帝の千古絶唱の人生
楊逸 P166
エセー
 
足ふみ留めて  
佐々木中 P164
 
夢の生け捕り 
大森兄弟 P178
 
風呂場のコスモロジー 
藤代泉 P228
 
再起動してくださいといわれる日 
山下澄人 P240
連載評論
 
凝視の作法 
第三回 『炎のランナー』と古井由吉
阿部公彦 P192
 
ドストエフスキーの預言 
第11回  懐疑
佐藤優 P180
 
きのこ文学の方へ 
第3回 聖なるベニテングタケ
飯沢耕太郎 P218
 
メガ・クリティック 
第十四回  一九六八年と青の時代
池田雄一 P203
 
なんとなく、考える 
第十九回  第二作について
東浩紀 P212
 
アウトサイド・レビュー 
興津
間宮緑 P224
文學界図書室
 
橋本 治『橋』 
内田樹 P234
 
東 浩紀『クォンタム・ファミリーズ』 
栗原裕一郎 P234
 著者インタビュー
鈴木貞美 『戦後思想は日本を読みそこねてきた』  
  P238
コラム
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P230
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P227
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P296
 
新人小説月評 
黒瀬陽平 
倉数茂 
P232
 
日本全国文学ガイド(2月7日~3月6日) 
  P294
 
文學界新人賞応募規定 
  P292
 
執筆者紹介 
  P295
 
Voice of Animals 
三沢厚彦 P295
 
遊興師 
杉本真維子 P9
ひとことコメント
コメント: