TOP

趣味は「読書」

文學界 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文學界2015年6月号
発売日:2015-05-07
価格:¥ 970
amazonで詳細を見る
第120回 文學界新人賞発表
 
第120回 文學界新人賞発表 
外資系vs植物系!? 時代を射抜く受賞2作全文掲載
  P5
 受賞作
サバイブ 
外資系エリート男性2人と「主夫」の奇妙な同棲生活。勝者なき資本主義の戦場をクールに生き抜く群像
加藤秀行 P9
 受賞作
ヴェジトピア 
自分を植物だと認識する女性が受胎する時――生殖と死が複雑に絡み合う夢幻の世界!
杉本裕孝 P43
 
【選評】 
綿矢りさ 
X川上未映子 
X円城塔 
X吉田修一 
X松浦理英子 
P84
新連載
 
雌伏三十年 第一回 俺は悪くない 
異能の人「マキタスポーツ」が本名で放つ、疾風怒濤の青春漂流記!
槙田雄司 P204
創作
 
夏の裁断 
「俺とやりたい?」──悪魔のような男が私を翻弄する。新境地を開く一八○枚
島本理生 P96
 
声がわり  
文學界新人賞受賞第一作
板垣真任 P152
評論
 
越境する作家たち──寛容の想像力のパイオニア 
日比嘉高 P218
連載小説
 
潮音(ちょうおん) 
第三回
宮本輝 P238
 
スタア誕生 
第三回 『暗黒街の女』
金井美恵子 P250
連載評論
 
黄昏客思(こうこんかくし) 
第十八回 行路峻嶮(しゅんけん)
松浦寿輝 P262
 
哲学探究 
─存在と意味─ 第十二回
永井均 P276
 
美しい花 小林秀雄 
第五回 鏡花とランボオ
若松英輔 P287
 
切腹考 
第四回 先生が声を放る
伊藤比呂美 P304
エセー
 
戦場のガールズ・ライフと、あの時代 
宮沢章夫 P270
 
ミネルヴァの梟の帰還 
さやわか P302
 
深読み三一二研究室 
竹内康浩 P150
コラム
 
モテ読書 
新連載第二回  陸(おか)サーファーの見せ本棚
犬山紙子 P237
 
味な小説 
第三回 M・エンデのモーニング   
トミヤマユキコ P203
 
墓参記 
第四回 澁澤龍彦
山崎ナオコーラ P92
 
も詩も詩 
第三十九回 「お正月」の聖性
穂村弘 P258
 
新人小説月評 
小澤英実 P312
 
新人小説月評 
藤田直哉 P314
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
Author’s Eyes
 
先生の転落人生 
冨永昌敬 P217
 
愛や肉体? 
二村ヒトシ P249
文學界図書室
 
筒井康隆『世界はゴ冗談』 
佐々木敦 P316
 
藤沢周『界』 
陣野俊史 P316
 
金原ひとみ『持たざる者』 
木村朗子 P316
 
小谷野敦『ヌエのいた家』 
阿部公彦 P316
 
佐藤優『プラハの憂鬱』 
水木楊 P316
 
柳美里『貧乏の神様』 
切通理作 P316
 
文學界新人賞応募規定 
  P83
 
日本全国文学ガイド    
  P326
 
執筆者紹介 
  P326
 
次号予告 
  P327
ひとことコメント
コメント: