TOP

趣味は「読書」

文學界 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2010年 04月号 [雑誌]
発売日:2010-03-06
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
創作
 
広小路尚祈 P10
 
代理母豚 
田山朔美 P50
 
スズメバチの戦闘機 
青来有一 P122
第40回九州芸術祭文学賞発表
 最優秀作
苔やはらかに。 
伊藤香織 P102
 
秋山 駿・五木寛之・村田喜代子
  P99
連載小説
 連載完結
心はあなたのもとに  
村上龍 P274
 
モンフォーコンの鼠 
第13回
鹿島茂 P314
 
武曲(むこく) 
第11回
藤沢周 P304
 
路(ルー) 
第10回
吉田修一 P294
 
カフカ式練習帳 
第4回
保坂和志 P284
座談会
 「10年代の入り口で」
没後百年 トルストイを復活させる 
その巨大かつ矛盾に満ちた作品と生涯が、二十一世紀の我々に物語るものとは
辻原登 
沼野充義 
山城むつみ 
P144
評論
 「10年代の入り口で」
破砕された聖杯 ──二〇一〇年代の小説と批評  
安藤礼二 P172
追悼 立松和平
 
 川本三郎 P188
特集
 さよなら、サリンジャー
サリンジャー教徒になんかならない  
佐藤友哉 P190
 さよなら、サリンジャー
評伝 J・D・サリンジャー
都甲幸治 P194
 さよなら、サリンジャー
紐育滞在記 
サリンジャーの死、あるいは可視化される欲望
大和田俊之 P201
エセー
 
田村隆一の庭 
河合香織 P170
 
ゾンビとスーパーマーケット 
髙柳克弘 P256
 
葱坊主とひろみお姉ちゃん 
森下くるみ P272
連載評論
 
凝視の作法 
第四回 太宰治と注意散漫
阿部公彦 P218
 
ドストエフスキーの預言 
第十二回 文明の自殺
佐藤優 P206
 
きのこ文学の方へ 
第四回 ベニテングタケの神話作用
飯沢耕太郎 P242
 
メガ・クリティック 
第十五回 村上春樹の解釈学
池田雄一 P228
 
なんとなく、考える 
第二十回 固有名について
東浩紀 P237
 
アウトサイド・レビュー 
ダイアログ・イン・ザ・ダーク
村田沙耶香 P248
文學界図書室
 
コーマック・マッカーシー『ブラッド・メリディアン』 
吉村萬壱 P258
 
青山真治『帰り道が消えた』 
陣野俊史 P258
 
村田喜代子『故郷のわが家』 
谷崎由依 P258
 
佐藤賢一『象牙色の賢者』 
中条省平 P258
 
ナム・リー『ボート』 
楊逸 P258
 
松尾スズキ『老人賭博』 
佐藤康智 P258
 著者インタビュー
円城 塔 『後藤さんのこと』  
円城塔 P270
コラム
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P252
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P97
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 
新人小説月評 
黒瀬陽平 P254
 
新人小説月評 
倉数茂 P255
 
日本全国文学ガイド(3月7日~4月6日) 
  P326
 
文學界新人賞応募規定 
  P324
 
執筆者紹介 
  P326
 
Voice of Animals 
三沢厚彦 P327
 
青い星の海と川の動物 
小笠原鳥類 P9
ひとことコメント
コメント: