TOP

趣味は「読書」

文學界 10月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2014年10月号 (文學界)
発売日:2014-09-05
価格:¥ 970
amazonで詳細を見る
創作
 
飼う人 Vol.1 イボタガ 
蛾の幼虫に名前をつけて飼い始めた時、平凡な女の心に何かが棲み始めた。異色連作開始!
柳美里 P10
 
フォアビート・ノスタルジー── 一九八〇年代記── 二章 
石原慎太郎 P38
 
Yの木 第一部 
熱狂の時代が過ぎた後、それでも文学に賭ける男たちの生が交錯する
辻原登 P58
 
夢の罠 
厳寒のアラスカを旅するわたしの前に、オーロラとともに現れる戦慄的な幻想
髙樹のぶ子 P80
 
高さについて 
芝夏子 P93
 
彼岸のひと 
小山内恵美子 P118
【特集】 「戦争」から遠く離れて Ⅱ
 日本人の急所を鋭く抉る、白熱の対論一挙掲載!
街場の「戦後」論 
東京裁判・憲法・安保闘争
赤坂真理 
内田樹 
P138
 【ノンフィクション】
遺骨──ヒロシマ“七万柱”の戦後(下) 
堀川惠子 P158
 【評論】
ポスト戦後の「戦争文学」──安岡章太郎以降 
高澤秀次 P176
【追悼 木田元】
 稀代の哲学者を送る弔辞全文収録
木田先生への感謝 
保坂和志 P202
 稀代の哲学者を送る弔辞全文収録
日本の哲学の文章を変えた人 
三浦雅士 P205
【「カーヴの隅の本棚」100回スペシャル対談】
 
ワインと文学に酔いしれて 
鴻巣友季子 
円城塔 
P208
この秋の話題作を読み解く力作評論3本!
 
過失とは何か──丸谷才一初期短篇の世界 
三浦雅士 P222
 
時空を超える新たな小説世界 
絲山秋子『離陸』をめぐって
安藤礼二 P228
 
超虚構の果てに──筒井康隆論 
藤田直哉 P232
 
文學界新人賞新選考委員のお知らせ (応募規定あり) 
  P242
連載
 
ベストセラーで読む平成史 
新連載第二回 ──『ウェブ進化論』と『電車男』
宇野常寛 
X與那覇潤 
P244
 
プロローグ 
第6回
円城塔 P310
 
みんな彗星を見ていた 
第21回 
星野博美 P268
 
黄昏客思(こうこんかくし) 
第14回 水影破砕
松浦寿輝 P284
 
哲学探究──存在と意味── 
第 4回
永井均 P260
エセー
 
羯諦羯諦波羅羯諦 
ピーター・バナード P258
文學界図書室
 
柄谷行人『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』 
佐藤優 P296
 
西村賢太『疒(やまいだれ)の歌』 
与那原恵 P296
 
中村文則『A』 
佐藤康智 P296
 
津村記久子『エヴリシング・フロウズ』 
上田麻由子 P296
 
羽田圭介『メタモルフォシス』 
水牛健太郎 P296
 
村田沙耶香『殺人出産』 
柴田英里 P296
 著者インタビュー
坂口恭平『徘徊タクシー』 
  P308
コラム
 
も詩も詩  
穂村弘 P281
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P157
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 
新人小説月評 
阿部公彦 P292
 
新人小説月評 
福永信 P294
 Author’s Eyes
作戦失敗 
中村太地 P57
 Author’s Eyes
冷凍バッタの味 
古澤健 P175
 
日本全国文学ガイド(9月6日~10月6日) 
  P326
 
執筆者紹介 
  P326
 
Animated Image 
山村浩二 P327
 
詩 
〈おやすみマイラブリー〉
紺野とも P9
ひとことコメント
コメント: