TOP

趣味は「読書」

文學界 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2011年 09月号 [雑誌]
発売日:2011-08-06
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
遺作小説&戯曲
 二二〇枚
父の女を愛する青年将校の叛逆を描く小説篇。老いたる劇団主宰者と息子、女優の奇妙な三角関係を描く戯曲篇。没後一年、その死まで完成に情熱を注いだ最後の作品発見
つかこうへい P10
 〔解題〕
なぜ「鯖街道」は未完に終わったか    
河野孝 P78
創作
 
すこし歩こう    
片岡義男 P84
 
小谷野敦 P102
【対談】
 
河野多惠子 
X吉田修一 
P156
【特別インタビュー】
 
池澤夏樹 P178
連載小説
 
二十世紀博覧会 
第 5回
辻仁成 P268
 
モンフォーコンの鼠 
第30回
鹿島茂 P316
 
武曲(むこく) 
最終回
藤沢周 P278
 
路(ルー)  
第27回
吉田修一 P306
 
カフカ式練習帳 
第21回
保坂和志 P298
 
傾国子女 
第16回
島田雅彦 P288
中国歴史人物月旦
 
魯迅 ――絶望から絶望へ辿った闘士 
楊逸 P231
東京大学最終講義
 
女性学のパイオニアが希求する3・11以降の思想のありかとは。次世代へ贈る言葉
上野千鶴子 P200
 
哲学散歩 
第八回 『薔薇の名前』遺聞
木田元 P224
新連載
 
目めくり忘備録 
見えるものと、見えないもの――写真家が目で感じ、心に写した光景とは
鬼海弘雄 P174
エセー
 
「どうすれば小説が書けるのですか?」    
諏訪哲史 P228
 
なんだかんだスターバックス    
岡田利規 P250
 
見えない蝉 
光森裕樹 P266
連載評論
 
雑報 
第九回 迷宮
安藤礼二 P240
文學界図書室
 
津村節子『紅梅』 
川西政明 P256
 
町田康『ゴランノスポン』 
戌井昭人 P256
 
西村賢太『寒灯』 
石田千 P256
 
本谷有希子『ぬるい毒』 
前田塁 P256
 著者インタビュー
青木淳悟『私のいない高校』  
  P264
コラム
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P252
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P83
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 
新人小説月評 
陣野俊史 P254
 
新人小説月評 
大澤聡 P255
 
Author’s Eyes  
「フクシマ」の歌
開沼博 P101
 
Author’s Eyes  
キュリー夫人伝 
小林エリカ P173
 
Author’s Eyes  
芸術メルトダウン!
林靖高(Chim↑Pom) P249
 
日本全国文学ガイド(8月7日~9月6日) 
  P326
 
文學界新人賞応募規定 
  P223
 
執筆者紹介 
  P326
 
Voice of Animals 
三沢厚彦 P327
 
一緒 
髙木敏次 P9
ひとことコメント
コメント: