TOP

趣味は「読書」

文學界 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2011年 02月号 [雑誌]
発売日:2011-01-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
創作
 芥川賞受賞第一作
あの夏、「キツネ目の男」を見た楓とわたし。グリコ・森永事件に想を得た意欲作
赤染晶子 P10
 新連作シリーズ第一回  
村田喜代子 P44
 
比良の青春 
辻井喬 P56
 
孤島への南下 
そらをみてますないてます・連作最終回 
椎名誠 P68
 
餞(はなむけ)  
勝見洋一 P104
連載小説
 
モンフォーコンの鼠 
第23回
鹿島茂 P314
 
武曲(むこく) 
第21回
藤沢周 P304
 
路(ルー)  
第20回
吉田修一 P294
 
カフカ式練習帳 
第14回
保坂和志 P286
 
傾国子女 
第 9回
島田雅彦 P278
新春特別対談
 
作家にとって長年にわたり第一線で書き続けるとはどういうことか。尊敬しあう二人の対話
山田詠美 
X村上龍 
P154
エセー
 
記憶力と正岡子規  
菅野昭正 P170
 
映画祭悲喜こもごも    
黒沢清 P220
 
旅と写真について    
管啓次郎 P260
連載評論
 
雑報 
新連載第二回 詩 
安藤礼二 P234
 
凝視の作法 
第十四回 導く視線――清張、カーヴァー、マンダラ   
阿部公彦 P222
 
きのこ文学の方へ 
第十四回 きのこ料理のレシピ   
飯沢耕太郎 P254
 
ドストエフスキーの預言 
第二十一回 対話
佐藤優 P242
総力特集
 
十二月初旬、日中韓の作家たちが北九州に集った。その成果を豪華メンバーが多角的に報告する
  P172
 詳報・東アジア文学フォーラム
委員長インタビュー 
文学的知性がつなぐ東アジア   
島田雅彦 P176
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
対立議論できてこそ   
髙樹のぶ子 P180
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
一緒にいられることの幸福  
松浦理英子 P182
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
北九州という“アジア”の一角で
川村湊 P184
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
文字ヶ関にて   
平出隆 P186
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
個人的な文学の黄昏と黎明
星野智幸 P188
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
「アジア文学」への道 
平野啓一郎 P190
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
時代の波にどう応じるか   
青来有一 P192
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
あらかじめ、奪われてあることの   
川上未映子 P194
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
文学の「場」はどこか   
岡田利規 P196
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 
「作家」の意味
津島佑子 P198
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて【基調報告再録】  
ゆったり、まったり行こう――“貧困と欲望”についての雑感
莫言(モー・イェン) P199
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて【対談】  
映画、文学、そして「詩」 
李滄東(イ・チャン・ドン) 
X青山真治 
P205
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて インタビュー 
80后世代作家の生き方
蘇徳(ズー・トオ) P211
 詳報・東アジア文学フォーラム
フォーラムを終えて 掌編小説 
甲羅の顔
蘇徳(ズー・トオ) 
桑島道夫 
P214
文學界図書室
 
佐藤友哉『333のテッペン』 
池上冬樹 P266
 
小谷野敦『母子寮前』 
千野帽子 P266
 
佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』 
國分功一郎 P266
 
広小路尚祈『うちに帰ろう』 
水牛健太郎 P266
 
アリス・マンロー『小説のように』 
江南亜美子 P266
著者インタビュー
 
長嶋有『祝福』  
  P276
コラム
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P262
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P43
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 
新人小説月評 
大串尚代 P264
 
新人小説月評 
石橋正孝 P265
 
Author’s Eyes  
深読みこわい   
羽田圭介 P103
 
Author’s Eyes  
冬の汁酒
大竹聡 P153
 
Author’s Eyes  
ぼろぼろ 
天埜裕文 P313
 
日本全国文学ガイド(1月7日~2月6日) 
  P326
 
文學界新人賞応募規定 
  P324
 
執筆者紹介 
  P326
 
Voice of Animals 
三沢厚彦 P327
 
〈愛こそすべて 2011年頭に〉  
高橋睦郎 P9
ひとことコメント
コメント: