TOP

趣味は「読書」

文學界 11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界
文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



amazonで購入

文学賞関連

文學界トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2010年 11月号 [雑誌]
発売日:2010-10-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
創作
 
 
花村萬月 P10
 
きれいごと  
大道珠貴 P26
 
小指が重くて    
青来有一 P62
 文學界新人賞受賞第一作
穂田川洋山 P90
 二〇一〇年下半期同人雑誌優秀作
雨のオクターブ・サンデー 
難波田節子 P140
特別対談
 
赤染氏の芥川賞受賞作「乙女の密告」で新たな光が当たった「アンネ・フランク」の名前は、二十一世紀の私たちにとってどんな意味を持つのか。十代の頃から『アンネの日記』に強い影響を受けてきた小川氏と、アンネ・フランク、そして文学について大いに語り合う
小川洋子 
X赤染晶子 
P170
追悼 三浦哲郎
 
透明度に触れて  
辻井喬 P168
 
哲学散歩 
第三回 忘恩の徒? アリストテレス
木田元 P190
連載小説
 
モンフォーコンの鼠 
第20回
鹿島茂 P316
 
武曲(むこく) 
第18回
藤沢周 P306
 
路(ルー) 
第17回
吉田修一 P298
 
カフカ式練習帳 
第11回
保坂和志 P290
 
傾国子女 
第6回
島田雅彦 P280
特集 新人選考の現場
 
新人賞「下読み委員」匿名座談会 
文學界新人賞二次選考にあたる下読み委員が初めて語る、選考の舞台裏から期待される応募作まで
  P194
 
第111回文學界新人賞中間発表 + 四次選考講評 
  P206
 
同人雑誌はいま――「新しさ」の呪縛を逃れて  
伊藤氏貴 P212
エセー
 
高行健(ガオシンシェン)の印象  
四方田犬彦 P218
 
しくじり小僧 
平山夢明 P260
 
AKB48と女子校 
鹿島田真希 P278
連載評論
 
凝視の作法 
第十一回  志賀直哉とモランディの儀式
阿部公彦 P220
 
きのこ文学の方へ 
第十一回  アミガサタケの秘密
飯沢耕太郎 P254
 
ドストエフスキーの預言 
第十八回  エマヌエル・ラードル
佐藤優 P232
 
メガ・クリティック 
第二十二回  笙野頼子についての語らいのなかで
池田雄一 P244
文學界図書室
 
柴崎友香『寝ても覚めても』 
倉数茂 P266
 
青山七恵『お別れの音』 
松永美穂 P266
 
舞城王太郎『イキルキス』 
佐藤康智 P266
 
安藤礼二『場所と産霊』 
仲俣暁生 P266
 
石原慎太郎『再生』 
川村湊 P266
 著者インタビュー
東 雅夫 『遠野物語と怪談の時代』  
  P276
コラム
 
カーヴの隅の本棚 
鴻巣友季子 P262
 
ニッポンの名文 
山口文憲 P231
 
鳥の眼・虫の眼 
相馬悠々 P328
 新人小説月評
  
永岡杜人 P264
 新人小説月評
  
千葉雅也 P265
Author’s Eyes 新企画
 
ある日の帰郷  
淺川継太 P61
 
改名希望 
能町みね子 P139
 
日本全国文学ガイド(10月7日~11月6日) 
  P326
 
文學界新人賞応募規定 
  P211
 
執筆者紹介 
  P327
 
Voice of Animals 
三沢厚彦 P327
 
窓 
岩佐なを P9
ひとことコメント
コメント: