TOP

趣味は「読書」

文蔵 2021年 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵

月刊誌
PHP研究所



文蔵トップページ
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2021年 9月号
特集 疲労回復!「温泉・お風呂小説」
 夏こそ、物語にもお湯にもしっかり浸りたい
インタビュー 植松三十里 
別府温泉を一大観光地にした、こんなに魅力的な男がいた
植松三十里 P6
 ブックガイド ミステリー、恋愛小説からお仕事小説まで
湯上りのように気持ちがリセットされる小説11選 
湯の湧くところに事件あり。温泉が舞台のエンタテインメント
友清哲 P16
 ブックガイド ミステリー、恋愛小説からお仕事小説まで
湯上りのように気持ちがリセットされる小説11選 
今も街の社交場として機能する銭湯。そこで生まれるドラマとは
友清哲 P16
 ブックガイド ミステリー、恋愛小説からお仕事小説まで
湯上りのように気持ちがリセットされる小説11選 
書を持って出かけよう。温泉旅行のお供にしたい物語
友清哲 P16
連載小説
 
おいち不思議がたり 夢路篇 
第 4回  おいちは、事件が起きた浦之屋を覗き込む巳助の様子が気になっていた。
あさのあつこ P28
 
麻阿と豪 
第 5回  余震を避け、伏見から京に移り住んだ麻阿は、万里小路充房と出逢う。
諸田玲子 P52
 
ガウディの遺言 
第 5回  志穂の元にかかってきた電話。受話器からは父の声が聞こえて・・・・・。
下村敦史 P88
 
桜風堂夢ものがたり 
第 8回 子狐の手紙(後編) 父を背負って桜野町まで歩いた渚砂だったが、その父を見失ってしまう。
村山早紀 P122
 
越境刑事 
第 9回  中国公安に拘束された冴子。激しい拷問の中、レイハンを見つけるが・・・・・。
中山七里 P150
 
朝星夜星 
第19回 丈吉が、娘のきんに料理人の米三郎を娶らせると言い出したのだが・・・・。
朝井まかて P184
 
きたきた捕物帖 
第32回 おでこの中身 その三 弁当屋の一家が亡くなった。現場に駆け付け、凄惨な現場を見た北一は。
宮部みゆき P206
 
献残屋佐吉御用帖 
第45回 緋色の壺 その十七 仁左衛門は帳場に金塊三つを持ってこさせ、一世一代の大勝負を挑む。
山本一力 P242
話題の著者に聞く
 
辻村深月『琥珀の夏』 
子供時代に落としてしまった思い出や友情を探して
辻村深月 P234
 
川瀬七緒『うらんぼんの夜』 
「理」だけではなく、「情」に落ちる作品に挑戦したかった
川瀬七緒 P226
 
珠川こおり『檸檬先生』 
自分自身にとっての「愛」を突き詰めた作品です
珠川こおり P176
 
WEB文蔵 
  P51
 
筆者紹介 
  P254
 
文蔵バックナンバー紹介 
  P251

ひとことコメント

コメント: