TOP

趣味は「読書」

文蔵 2010年 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2010.6 (PHP文庫)
発売日:2010-06-01
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
将来の人気作家にいち早く注目!!
 特集「新人作家」を青田買い! インタビュー
「気持ちのいい小説」を書いて、妻を喜ばせたかったんです 
夏川草介 P8
 特集「新人作家」を青田買い! インタビュー
自分が本当に読みたい物語を、開き直って書ききりました 
飴村行 P14
 特集「新人作家」を青田買い! インタビュー
古代史に詳しくなくても楽しんでもらえる作品を目指して 
藤ノ木陵 P21
ブックガイド
 
百花繚乱!自分だけの「お気に入り」を見つけよう 
友清哲 P26
 第一部
続々と登場する期待の新鋭たち 次代を担う才能はどこに? 
大森兄弟/朝井リョウ/中山七里/宮ノ川顕/渡部建/今井彰 ほか
  P28
 第二部
あらためて振り返る あの人気作家の「新人」時代 
  P37
 新人賞選者が語る
将来有望なルーキーの見分け方 
  P41
好評連載小説
 
桜ほうさら 
第14回 笙之介を待ち構えていた青白い顔をした侍の正体は・・・。
宮部みゆき P254
連載小説
 
獅子王氏郷 
第4回 義父信長ー後編 織田信長の婿となった忠三郎が、冬姫と馬をならべて日野の城下に入った
安部龍太郎 P66
 
向こうがわの蜂 
第4回 ただのたそがれ 「私の名前は多田野黄昏」歯医者から出てきた女は、薫にそう名乗った。
池永陽 P46
 
跪き、道の声を聞け 
第4回 疵  今切と知り合った経緯を振り返り始めた時園、その意外な過去とは・・・
ヒキタクニオ P92
 
白虹 
第7回 知っている男 東京に戻った五木はまず、奥村裕幸の死を知らせた河原崎と接触した。
大倉崇裕 P142
 
倒幕の紋章[闇の番人篇] 
(終) 闇の十字軍  倒幕のために隠し持っていた仙台藩の秘密の武器が、ついに明かされる!
加治将一 P184
 
ラプソディ・イン・ラブ  
第10回 Ⅰ'm So Glad I'm Standing Here Today
小路幸也 P228
 
人体工場 
第11回 裏切り
仙川環 P276
 
成り上がり─―安田善次郎伝 
第16回 新妻 房
江上剛 P312
 
熱愛 
第18回 残る標的
香納諒一 P342
 
花ならば花咲かん 
第25回 三郎兵衛に笑われるな
中村彰彦 P372
 
鬼神の如く 
第31回 信長上洛 その六
火坂雅志 P494
 
献残屋佐吉御用帖 
第40回 焼津節 その四十
山本一力 P504
 
風の陣「裂心篇」 
第28回 風の陣 その七
高橋克彦 P520
 話題の著者に聞く
沖方丁『天地明察』 
剣客や合戦よりも、時代変革のダイナミズムを描きたい
沖方丁 P486
[連載ノンフィクション]
 
ウイークエンド 
第7回 金曜午後7時半 ボクシングを撮る
河合香織 P412
連載エッセイ・漫画
 
ペコポコ 
第3回
今日マチ子 P398
[連載エッセイ]
 
言葉と測りあうために・・・心と脳に効く名言 
第6回 イヤダカラ、イヤダ
茂木健一郎 P400
 
「『失われた時を求めて』を完読する」  
第28回 治癒不能な病
鹿島茂 P446
 
ここ一番に強い人 
第13回 緊張関係を維持できる「信頼」
竹内一郎 P436
 
「生きづらさ」を抱えた人たちー「発達障害」という窓から 
第9回  佐世保工業高等専門学校の就労支援を中心に(3)
佐藤幹夫 P462
【連載講座】
 
佐藤優に学ぶ「人たらしの極意」─生き残りの流儀 
(15) 人脈のメンテナンスと耐エントロピー構造
佐藤優 P474
 筆者紹介
  
  P538
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P540
 文蔵年間購読のご案内
  
  P543
ひとことコメント
コメント: