TOP

趣味は「読書」

文蔵 2010年 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2010.6 (PHP文庫)
発売日:2010-06-01
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 「福井晴敏ワールド」を読み解く
 インタビュー
今の読者に"訴えかけるもの"とは? 
「宇宙世紀」と「過去の歴史」/「焼け跡世代」の出発点/スイッチを押されて歴史物を
福井晴敏 P8
 
ここが読みどころ!全小説ガイド 
  P16
 8つのキーワードでわかる
福井晴敏の「過去・現在・未来」 
細谷正充 P22
 8つのキーワードでわかる ①
大長篇 
重厚長大な作品イメージができあがるまで
  P22
 8つのキーワードでわかる ②
メディアミックス 
作家の名前で商売せずに、何かしらの仕掛けを
  P22
 8つのキーワードでわかる ③
ガンダム 
かくして。この世界の"正史"は紡がれた
  P22
 8つのキーワードでわかる ④
DAIS 
実在する!?福井ワールドに登場する秘密組織
  P22
 8つのキーワードでわかる ⑤
コミック 
異なる表現媒体だからこそ、見えてくる本質とは?
  P22
 8つのキーワードでわかる ⑥
映画 
物語の面白さに開眼し、創作者として絶望を味わう
  P22
 8つのキーワードでわかる ⑦
大人と若者 
”嫌悪感”と”シンパシー”の経験が生み出したもの
  P22
 8つのキーワードでわかる ⑧
国家 
生きるのに困難な時代を作った原因はどこにあるのか?
  P22
新連載小説
 
旅に出ないか~プロローグ 
第1回 箱根旅団 直木賞作家が紡ぐ、少し不思議な連作短編スタート!
朱川湊人 P452
連載小説
 
獅子王氏郷 
第6回 戦国非情 後編 浅井攻めの軍議の席では、忠三郎が武将たちの羨望の的となっていた。
安部龍太郎 P62
 
向こうがわの蜂 
第6回 プロの回し者 多田野黄昏と同棲することになった薫、その部屋に妙な男が訪ねてきて。
池永陽 P40
 
跪き、道の声を聞け 
第6回  宣戦布告 君島は、今切の失踪を十四会系一門に明らかにし、西への対応を諮る。
ヒキタクニオ P86
 
白虹 
第9回 雪絵 鶴の形をした雪渓の写真・・・その謎に迫る新たなキーマンの情報が入る。
大倉崇裕 P136
 
ラプソディ・イン・ラブ  
第12回 What's a wonderful world 名優・笠松市朗倒れる! 彼は、他の役者たちを一人ずつ枕元に呼ぶ。
小路幸也 P184
 
成り上がり─―安田善次郎伝 
第18回 飛躍 新政府の官僚となった富山松之進が、ぶらりと善次郎の店へやってきた。
江上剛 P232
 
熱愛 
第20回 銃声 クルーザーのなか、銃を持った男たちに囲まれた鬼束に活路はあるか。
香納諒一 P260
 
花ならば花咲かん 
第27回  長崎交易の夢  藩の財政再建のために、加兵衛は長崎交易に着目し、準備をすすめた。
中村彰彦 P294
 
鬼神の如く 
第33回 大和守護 その二  明智光秀と会見した島左近は、身を折るように深々と頭を下げた。
火坂雅志 P404
 
献残屋佐吉御用帖 
第42回 焼津節 その四十二  六月三日早朝、事態は動き出した。南町の庶務役二人が浦賀に急行する。
山本一力 P414
 
風の陣「裂心篇」 
第30回 風の陣 その九 城の裏手に胆沢の兵が現れ、火矢を放った。鮮麻呂の顔に緊張が走る。
高橋克彦 P430
好評連載小説
 
桜ほうさら 
第16回 笙之介は預かった不思議な書状の謎を解こうと奮闘する。
宮部みゆき P210
話題の著者に聞く
 
富樫倫太郎『早雲の軍配者』 
馬鹿正直さが、いまの時代には逆に光って見えることがある
  P396
[連載ノンフィクション]
 
ウイークエンド 
第9回 金曜午後8時 成田でベリーダンス
河合香織 P320
連載エッセイ・漫画
 
ペコポコ 
第5回
今日マチ子 P344
 
言葉と測りあうために・・・心と脳に効く名言 
第8回 感傷を怖れる所に、誠実真摯はない
茂木健一郎 P346
 
「『失われた時を求めて』を完読する」  
第30回 パラレル・ワールド
鹿島茂 P368
 
ここ一番に強い人 
第15回 わがままな女性に振り回されよ
竹内一郎 P358
 
「生きづらさ」を抱えた人たちー「発達障害」という窓から 
第11回  宮城教育大学の学生相談支援(2)
佐藤幹夫 P384
 筆者紹介
  
  P474
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P476
 文蔵年間購読のご案内
  
  P479
ひとことコメント
コメント: