TOP

趣味は「読書」

文蔵 2010年 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2010.6 (PHP文庫)
発売日:2010-06-01
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 厳しい時代に「企業小説」
 インタビュー
企業、社会、個人・・・小説でしか描けない「本質」を求めて 
真山仁 P8
 ブックガイド
厳選!”心の不況”を克服する10作品 
堺憲一 P14
 ブックガイド
ザックリ分類!企業再生小説の3つのタイプ 
① 社長のリーダーシップ
  P14
 ブックガイド
ザックリ分類!企業再生小説の3つのタイプ 
② 社員たちの決起
  P14
 ブックガイド
ザックリ分類!企業再生小説の3つのタイプ 
③ 外部の専門家の助言
  P14
 
これだけ知っておけば、企業小説が10倍わかる! 
戦後ニッポン経済史+Key Word
  P22
 
企業小説は日本経済とともに歩んできた!? 
日本独特の小説ジャンルを生んだ「四つの世代」
  P24
 インタビュー
社長のオススメ作品 
菊川剛 P28
 インタビュー
社長のオススメ作品 
鰐淵美恵子 P32
好評連載小説
 
桜ほうさら 
第15回 三八野藩の大殿様の話を金吾郎から聞いた笙之介は・・・。
宮部みゆき P202
連載小説
 
獅子王氏郷 
第5回 戦国非情 近江の古刹・百済寺を焼き討ちにする、そう決断した忠三郎に信長は・・・。
安部龍太郎 P56
 
向こうがわの蜂 
第5回 運命の人 歯医者から出てきた「多田野黄昏」と、薫は二人きりで会うことになる。
池永陽 P36
 
跪き、道の声を聞け 
第5回  恩  時園は、かって光り輝いたプロ野球の選手だったひと時に思いを馳せる。
ヒキタクニオ P82
 
白虹 
第8回 写真の謎 奥村裕恵がいた会社の元同僚から、山の写真に関する重要な情報が入る。
大倉崇裕 P134
 
ラプソディ・イン・ラブ  
第11回 熱帯夜  名優・笠松市朗の体調が!? カメラのまわる中、家族たちの反応は・・・
小路幸也 P176
 
人体工場 
(終) 終りは始まり  こんなところで死んでたまるかーー真柴は、縛られた手足を必死で動かす。
仙川環 P226
 
成り上がり─―安田善次郎伝 
第17回 商機  大倉屋銃砲店へ向かう善次郎の行く手に、乱暴狼藉を働く貧窮組が現れた。
江上剛 P266
 
熱愛 
第19回 クルーザー  クルーザーで逃走する与謝野の護衛を指示された英雄と鬼束だが・・・。
香納諒一 P294
 
花ならば花咲かん 
第26回  あらたなる藩校  藩校「日新館」を建設するには、三郎兵衛の想像を上回る困難があった。
中村彰彦 P328
 
鬼神の如く 
第32回 大和守護  舅の北庵のもとを訪れた島左近は、彼の口からある人物の名前を聞いた。
火坂雅志 P436
 
献残屋佐吉御用帖 
第41回 焼津節 その四十一  抜け荷に関わる者を一網打尽にするため、筆頭与力・大川が立ち上がる。
山本一力 P446
 
風の陣「裂心篇」 
第29回 風の陣 その八  いよいよ決起の秋が迫った、鮮麻呂と天鈴は、都の嶋足に思いを馳せる。
高橋克彦 P462
[連載ノンフィクション]
 
ウイークエンド 
第8回 金曜午後7時 週末起業に集まる
河合香織 P368
連載エッセイ・漫画
 
ペコポコ 
第4回
今日マチ子 P354
[連載エッセイ]
 
言葉と測りあうために・・・心と脳に効く名言 
第7回 透明な軌道
茂木健一郎 P356
 
「『失われた時を求めて』を完読する」  
第29回 記憶との対峙
鹿島茂 P396
 
ここ一番に強い人 
第14回 ホームとアウェイ
竹内一郎 P388
 
「生きづらさ」を抱えた人たちー「発達障害」という窓から 
第10回  宮城教育大学の学生相談支援(1)
佐藤幹夫 P412
【連載講座】
 
佐藤優に学ぶ「人たらしの極意」─生き残りの流儀 
(終) テクネーとエピステーメー
佐藤優 P424
 筆者紹介
  
  P482
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P484
 文蔵年間購読のご案内
  
  P487
ひとことコメント
コメント: