TOP

趣味は「読書」

文蔵 2013年 8月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2013.8 (PHP文芸文庫)
発売日:2013-07-17
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
【特集】 沖縄の魅力を小説で味わう
 
インタビュー 恒川光太郎 
他所の土地からやって来た「島ナイチャー」の視点で
恒川光太郎 P6
 コラム
『私はフーイー』に描かれた「琉球」の名残 
  P14
 ブックガイド
沖縄をより深く、より広く知るための12作 
幻想と現実が違和感なく入り乱れる舞台
友清哲 P18
 ブックガイド
沖縄をより深く、より広く知るための12作 
文芸でふれる、淒絶な沖縄戦の実際
  P18
 ブックガイド
沖縄をより深く、より広く知るための12作 
登場人物の視点で追う、沖縄の風土と現状
  P18
 ブックガイド
沖縄をより深く、より広く知るための12作 
穏やかな気候と県民性が「再生」を促す
  P18
連載小説
 
雪に咲く 
感動の最終回! 雨の降る 酒井雅楽頭が逝った。切腹を命じられた美作と大六は、束の間の時を過ごす。
村木嵐 P238
 
翼、ふたたび 
第 2回 再建始動 経営破綻の記者会見場には、まるで焼夷弾のように無数のフラッシュが光った。
江上剛 P36
 
いつか来た町 
第 2回 円熟 川の流れる町、川に架かる橋、行き交う人々。時は移ろうが、人の思いは同じ。
東直子 P142
 
わらし花子と涼菜の憂鬱 ③ルームメイトの秘密(3) 
自分が座敷わらしだと証明するために、花子は涼菜にある提案を持ちかける。
柴田よしき P82
 
いちばん近くて遠い星  
第 9回 夏の大三角 さとみ、絵里子、美鶴の三人は、夏空の星座を見上げ、それぞれに思いを馳せる。
小手鞠るい P160
 
プロジェクトぴあの 
第10回 世界が変わった日  設立された動画投稿サイトの特徴は、「投げ銭システム」の本格的な導入だった。
山本弘 P100
 
異邦人(いりびと)  
第16回 蛍   京都画壇の大家である志村照山は、一輝と克子に近づいて、東京進出を目論む。
原田マハ P186
 
ライバル 
第27回  明日の決勝ラウンドを控えた葉奈と宇希恵、二人はなかなか寝つけずにいた。
川上健一 P322
 
向こうがわの蜂 
第43回 六日後 「摂理」に抗うことを決めた黄昏は、四、五日の間にそれを実行すると口にした。
池永陽 P216
 
鬼神の如く 
第70回 和纔者その四  切腹させられた関白秀次に仕えていた前野兵庫助の行方を、左近は捜していた。
火坂雅志 P296
連載漫画
 
ペコポコ 
(終)
今日マチ子 P292
話題の著者に聞く
 
白石一文『快挙』 
〝生きていてもいいんだ〟と読んだ人が思えるように
  P152
 
伊吹有喜『なでし子物語』 
感謝の気持ちを忘れず、ひたむきに小説を書いていきたい
  P204
 
塩田武士『崩壊』 
ときに優しく、ときにシビアに人間と時代を見つめて作品に活かす
  P282
 
高田崇史『軍神の血脈』 
歴史の本当のことは、教科書ではなく物語に
  P310
 WEB文蔵
  
  P213
 筆者紹介
  
  P338
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P344
 文蔵年間購読のご案内
  
  P347
ひとことコメント
コメント: