TOP

趣味は「読書」

文蔵 2013年 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2013.9 (PHP文芸文庫)
発売日:2013-08-13
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 「災害小説」からのメッセージ
 
インタビュー 高嶋哲夫 
多くの人に危機意識を抱いてもらう、「使命感」を持って
  P6
 
インタビュー 福井晴敏 
それは「恐れるもの」ではなく、「乗り越えるもの」
  P14
 ブックガイド
被災の恐ろしさ、防災の必要性、復興への力強さを描く名作 
「史実上の災害」を描いた物語
末國善己 P23
 ブックガイド
被災の恐ろしさ、防災の必要性、復興への力強さを描く名作 
架空の災害ーー自然災害編
末國善己 P23
 ブックガイド
被災の恐ろしさ、防災の必要性、復興への力強さを描く名作 
架空の災害ーーSF的物語編
末國善己 P23
 ブックガイド
被災の恐ろしさ、防災の必要性、復興への力強さを描く名作 
「原発事故」をめぐって
末國善己 P23
 ブックガイド
被災の恐ろしさ、防災の必要性、復興への力強さを描く名作 
「復興」へ立ち上がる人々
末國善己 P23
 コラム
故郷を失った三宅高校野球部を追いかけて 
『灰とダイヤモンド』
平山讓 P42
連作読切シリーズ再開!
 直木賞作家が紡ぎ出す、少し不思議な物語
箱庭旅団  Season3 
第 1回 マミオ、地球を去る
朱川湊人 P352
連載小説
 
翼、ふたたび 
第 3回 改革者 経営破綻したのに、決して厳しくないお客の反応に、上原博子はとまどっていた。
江上剛 P46
 
いつか来た町 
第 3回 顔色 朝顔市に足を運んだ私。入谷、鬼子母神、そして、懐かしいあの夏の飲み物・・・・・
東直子 P186
 
わらし花子と涼菜の憂鬱 
第 4回ルームメイトの秘密(4) 自宅マンションに「座敷わらし」に住み着かれた涼菜は、道である物を拾った。
柴田よしき P92
 
闇の絵本 
第 5回 Ⅲラブバードの転生(前編) 纐纈との出会いから一年近くたった頃、私は京都のジャズ喫茶で友人と会った。
恩田陸 P334
 
プロジェクトぴあの 
第11回 さあ、マッドになりなさい  ぴあのが発明した(みらじぇね)の原理を解き明かした者が、ついに現われた。
山本弘 P204
 
いそぶえ 
第27回 初夜 武雄と別れ、従弟の竜太とつましく暮らす孝子に、いが栗は意外な言葉を告げる。
谷村志穂 P274
 
ライバル 
第28回  寝付けない葉奈と宇希恵は、月明かりに照らされた深夜のコースに忍び込んだ。
川上健一 P320
 
向こうがわの蜂 
第44回  一世一代の腕相撲 黄昏が薫と結ばれることを決断した三日後、健吾が彼らのもとを訪ねてきた。
池永陽 P246
 
鬼神の如く 
第71回 和纔者その五  病とは無縁の秀吉だったが、身の栄達と反比例して体力はしだいに衰えていった。
火坂雅志 P302
読切小説
 
名言探偵 鬼嫁と落書きでタダ働きの巻 
ダメ弁護士の兄と名言オタクの弟のコンビが、事件を解決!?
北國浩二 P108
話題の著者に聞く
 
辻村深月『島はぼくらと』 
四人の高校生を登場させることで「生きにくさ」とは違う面を
  P196
 
荻原浩『家族写真』 
〝靴下の臭いがする〟オジサン小説から、家族をテーマにした短編集に
  P266
 
秋吉理香子『暗黒女子』 
人として生きる「ささやかな営み」が愛しいからこそ
  P312
 WEB文蔵
  
  P91
 筆者紹介
  
  P378
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P380
 文蔵年間購読のご案内
  
  P383
ひとことコメント
コメント: