TOP

趣味は「読書」

文蔵 2012年 8月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2012.8 (PHP文芸文庫)
発売日:2012-07-17
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 どれから読む?「文庫書き下ろし時代小説」
 
インタビュー 佐伯泰英 
現代社会がなくした”情”や”絆”がそこにある
  P6
 
インタビュー 鳥羽亮 
特殊な職業の主人公よりも、脇役がシリーズを盛り上げる
  P12
 
インタビュー 上田秀人 
史実を盛り込むことで、読者のイメージを膨らませる
  P18
 
インタビュー 藤原緋沙子 
みっともなくとも情が深い、リアルな女を描きたい
  P24
 
インタビュー 藤井邦夫 
読者を安心させ、それでいて飽きさせない物語を
  P30
 
ブームを牽引する14人の実力者たち 
  P46
 ブックガイド
次代を担う、新鋭たちを見逃すな 
細谷正充 P36
連作読切小説
 
貧乏神の溜息 
勤勉な両親のもとで育った俺、しかし25歳にして三度目のクビを宣告され・・・。
小路幸也 P50
 
いちばん近くて遠い星  
第3回 ベレニケの髪の毛 結婚も決まり、周囲からは順調に見える絵里子。が、彼女の心は満たされない。
小手鞠るい P164
 
箱庭旅団 Season2  
第4回  ヴォッコ3710 予備ゲートのジェフじいさんのところへ行くと、機械人形がすーっと滑り出てきた。
朱川湊人 P338
連載小説
 
異邦人(いりびと)  
第4回  山鳩の壁 無名の画家の絵「青葉」に魅せられた菜穂は、東京から夫と母を呼び寄せた。
原田マハ P86
 
帰蝶 
第8回  本能寺で信長が、さらに信忠もが光秀に討たれたと聞き、帰蝶は言葉を失う。
諸田玲子 P106
 
手の中の天秤 
第10回  悲観主義と楽観主義 過去に「預かり制度」を申請した人々と面会した井川は、あることに気づく。
桂望実 P134
 
いそぶえ 
第15回 島渡り  舳倉島の神事のために島へわたる武雄と孝子。二人の関係にある変化が・・・。
谷村志穂 P254
 
ライバル 
第16回  やや長い下りのパット。葉奈と宇希恵のラインの読みは、スライスと一致する。
川上健一 P318
 
まりしてん誾千代姫 
最終回  誾千代は腹赤村で静かに暮らしていた。やがて宗虎は京へと旅立っていく。
山本兼一 P188
 
向こうがわの蜂 
第31回  三郎さんの役目  さらわれた響を救出するために、薫たちはヤクザの事務所に乗り込むことに。
池永陽 P234
 
桜ほうさら 
第41回  逐電を進められ呆然とする兄に対し、自分が操り人形だったと知った笙之介は。
宮部みゆき P280
 
鬼神の如く 
第58回 流転 その二  主・筒井定次の乱行と荒淫により、島左近を残して二人の家老が去っていった。
火坂雅志 P302
連載漫画
 
ペコポコ 
第30回
今日マチ子 P300
 WEB文蔵
  
  P253
 筆者紹介
  
  P362
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P364
 文蔵年間購読のご案内
  
  P367
ひとことコメント
コメント: