TOP

趣味は「読書」

文蔵 2014年 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2014.9 (PHP文芸文庫)
発売日:2014-08-18
価格:¥ 670
amazonで詳細を見る
特集 怖いだけじゃない!? 「妖怪小説」の魅力
 インタビュー
小松エメル 
妖怪を書くことで、人間の心を表現していきたい
  P6
 ブックガイド
楽しめる&癒される妖怪小説10 
それは、人の心の闇を浮き彫りにする/われわれに別の価値観を提示してくれる
末國善己 P13
 「座敷わらし」が登場する連載小説
わらし花子と涼菜の憂鬱 
第15回 第四章 嘘つきはどちら?(1) ストーカーされていた寛子が、誰かの愛人だったと情報を得た涼菜は・・・・。
柴田よしき P208
感動の最終回!◎連載小説
 
昨日の海は 
最終回 大人になるということ  光介が自ら辿り着いた祖父母の無理心中の真相は、意外で切ないものだった。
近藤史恵 P188
連載小説
 
エール 
第2回 選択 葉月が自殺した碑文岬を訪ねた星多たち六人は、帰り道で思いがけない目に遭う。
五十嵐貴久 P26
 
ロング・ロング・ホリディ 
第2回  就職して家を出た姉が突然、札幌に帰省。姉は幸平の所に居候すると切り出して。
小路幸也 P80
 
白村江(はくそんこう) 
第3回 開戦二十一年前 その三 新羅に潜入した金春秋は、同盟の交渉相手である泉蓋蘇文から閲兵式に招かれる。
荒山徹 P116
 
当世侠娘物語 ガールズ・ストーリー◎決意篇 
第10回  庄之助に、自分が夜鷹殺しの下手人だと告げられたおいちは、疑念を抱く。
あさのあつこ P162
 
疾風に折れぬ花あり 
第12回  お身代わり その二 侍女お竹の身代わりの甲斐もなく、信松尼は家康の手の者に見つかってしまう。
中村彰彦 P226
 
鬼神の如く 
第83回  鳴動 その三 徳川家康陣営の動向に目を光らせる島左近のもとを、久々に兄部坊が訪れる。
火坂雅志 P262
連載エッセイ
 
私のことはほっといてください 
第4回 「奇跡」と「呪い」の狭間で
北大路公子 P252
 WEB文蔵
  
  P79
 筆者紹介
  
  P276
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P282
 文蔵年間購読のご案内
  
  P287
ひとことコメント
コメント: