TOP

趣味は「読書」

文蔵 2012年 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2012.12 (PHP文芸文庫)
発売日:2012-11-17
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 「日本の政治」がよくわかる小説
 インタビュー
理想のリーダーを描くことで政治の魅力を伝えたい 
真山仁 P6
 インタビュー
私が日本を託したいと思う「決断の覚悟」を持つ内閣とは 
室積光 P14
 インタビュー
外交もミステリーも「言葉による戦い」です 
門井慶喜 P20
 ブックガイド
楽しみながら政治を学べる18冊 
① 中央政治・権力をめぐる熾烈な戦い
  P26
 ブックガイド
楽しみながら政治を学べる18冊 
② 地方自治・選挙戦を中心とした地域の様相
  P26
 ブックガイド
楽しみながら政治を学べる18冊 
③ 外交・手に汗握る国家間の駆け引き
  P26
 ブックガイド
楽しみながら政治を学べる18冊 
④ 危機管理・リーダーシップが試される時
  P26
 コラム
奇抜さが社会問題を浮き彫りにする「架空政治小説」 
  P36
特別企画
 ベストセラー作家が最強の男の過去に迫る!
貴志祐介がゆく「ボクシング見聞録」 
第3回 チャンピォン内山高志との対談(後編)
貴志祐介 P196
連作読切小説
 
闇の絵本              
③ Ⅱ星の行軍 水の彷徨(前編) 先日、突然の電話をかけてきた纐纈太郎が再び私を呼び出した目的とは何か。
恩田陸 P370
 
アー・ユー・テディ? 3 
第3回  ホット・スキニー(前編)  過去の事件で閉めていた総菜屋が営業を再開すると聞き、和子は駆けつける。
加藤実秋 P88
 
スカウト・ディズ 
ドラフト三巡目  高校でバッテリーを組んでいた戦友の息子が、ドラフト三位指名を受けるが・・・。
本城雅人 P38
 
箱庭旅団 Season2  
第8回 アタシたちのステキな家  奇妙なことに、この家に引っ越してから、家族四人はみんな変わり始めていた。
朱川湊人 P388
連載小説
 
プロジェクトぴあの 
第2回 プロフェッサーの敗北  結城ぴあのが当面めざしている現実的な目標は、”第二種永久機関”であった。
山本弘 P116
 
雪に咲く 
第2回 城の東西  藩主の妹・お閑を娶り、順風満帆な人生を送ると思われた美作だったが・・・・。
村木嵐 P156
 
いちばん近くて遠い星  
第5回 アルクトゥールスとスピカ  起業家の加賀美さとみは、経理で採用した牧村絹代を、自分の秘書に抜擢する。
小手鞠るい P206
 
山の学校 
第7回  見張り役の剛が他に気を取られている隙に、何者かがリュックを持ち去った・・・・。
坂木司 P230
 
異邦人(いりびと)  
第8回 寄るさざ波  書家の鷹野せんは、京都画壇の大家である志村照山宅訪問を菜穂に提案した。
原田マハ P254
 
いそぶえ 
第19回 銀細工  友情は壊してはいけない、しかし、恋する心は裏切れない。孝子の心は揺れる。
谷村志穂 P300
 
ライバル 
第19回  全国大会の前日、コース攻略法を練る宇希恵に、寝付けない葉奈が語りかける。
川上健一 P356
 
向こうがわの蜂 
第35回 初恋の人  こちらの世界で捜し求めていた「初恋の人」を捜し当てた山川だったが・・・・。
池永陽 P274
 
鬼神の如く 
第62回 運命その二  左近をたずねてきた娘婿の小野木重勝が持ち込んできたのは、仕官の話だった。
火坂雅志 P336
連載漫画
 
ペコポコ 
第34回
今日マチ子 P326
話題の著者に聞く
 
円居挽『丸太町ルヴォワール』 
僕にとっては戦いやすい「ミステリー」というルール
  P292
 
芦沢央『罪の余白』 
読む人が「生きづらさ」から救われる物語を書いていきたい
  P328
 WEB文蔵
  
  P115
 筆者紹介
  
  P410
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P412
 文蔵年間購読のご案内
  
  P415
ひとことコメント
コメント: