TOP

趣味は「読書」

文蔵 2010年 8月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2010.8 (PHP文庫)
発売日:2010-08-02
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 知識ゼロから「警察小説」を楽しむ
 インタビュー
日本の警察組織はあらゆる企業組織の縮図だ 
笹本稜平 P8
 インタビュー
警察ならではの様々なタイプの人間たちを描き続けて 
乃南アサ P20
 インタビュー
警察官を職業に選んだ人間の、葛藤と成長を描きたい 
誉田哲也 P26
 
これだけ知っておけば楽しく読める基礎知識 
①「キャリア」と「ノンキャリア」の対立
  P14
 
これだけ知っておけば楽しく読める基礎知識 
②SPや公安もいる「警視庁」
  P14
 
これだけ知っておけば楽しく読める基礎知識 
③企業よりきびしい!? 警察官の「階級」
  P14
 
捜査を支えるスペシャリストたち 
①鑑識課/②科学捜査研究所
  P32
 
一匹狼から人情派、悪徳刑事まで「名刑事」ファイル17 
  P36
 
警察小説の細部にハマる 警察モノ知識 
  P42
連作読切小説
 
鯖猫長屋浮世ばなし 
第1回 猫描き拾楽  長屋で一番偉いのは鯖縞模様の美猫、飼い主ときたら・・・。
田牧大和 P44
連載小説
 
忍びの者 
第2回 霊力 堯俊の勧めで伊賀に戻った太兵衛は、与次郎に神通力の修行をさせる。
津本陽 P106
 
箱庭旅団 
第3回 黄昏ラッパ  「プーパー」とラッパを鳴らす豆腐屋のコウジくんは、町のアイドルだった。
朱川湊人 P394
 
獅子王氏郷 
第8回 夢を継ぐ者  信長から留守を命じられた忠三郎のもとへ、信じ難い知らせが届けられた。
安部龍太郎 P146
 
向こうがわの蜂 
第8回 人類にとって途方もなく大切な物  黄昏と微妙な関係が続く薫は、人恋しくて、つい昔の彼女に電話をかける。
池永陽 P86
 
跪き、道の声を聞け 
第8回  おまえ本当に日本人か?  十四会に提携を持ちかけてきたNGO団体・RHRとはいったい・・・。
ヒキタクニオ P176
 
白虹 
最終回 犯人  関根の死で終わるかに見えた事件の謎は、意外な線から明らかになり始めた。
大倉崇裕 P228
 
花ならば花咲かん 
第29回  遠き別れ 藩政を一身に背負う三郎兵衛に、思いがけない身内との別れが続いた。
中村彰彦 P288
 
鬼神の如く 
第35回 大和守護 その四  辰市城の敗戦で苦境におちいった松永弾正は、柳生宗巌を使者に立てた。  
火坂雅志 P386
好評連載小説
 
桜ほうさら 
第18回 鰻屋に突然、和香がやって来た。慌てた笙之介は・・・。
宮部みゆき P264
話題の著者に聞く
 
明日の空 
「人間はどんな時に驚くか」を理詰めで考えた作品です
貫井徳郎 P314
 
あの日にかえりたい 
「世の中、悪くないかも」とほんの少しでも思ってもらいたい
乾ルカ P378
連載ノンフィクション
 
ウイークエンド 
第11回 金曜午後七時 サラリーマン馬主
河合香織 P324
連載エッセイ・漫画
 
ペコポコ 
第7回
今日マチ子 P336
 
言葉と測りあうために・・・心と脳に効く名言 
第10回 自分の置かれた、その中で
茂木健一郎 P340
 
「『失われた時を求めて』を完読する」  
第32回 回帰と変容
鹿島茂 P362
 
ここ一番に強い人 
第17回  「譲れない自分」と出会う
竹内一郎 P352
 筆者紹介
  
  P418
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P420
 文蔵年間購読のご案内
  
  P423
ひとことコメント
コメント: