TOP

趣味は「読書」

文蔵 2013年 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2013.12 (PHP文芸文庫)
発売日:2013-11-16
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 「今野敏ワールド」を楽しむ
 インタビュー
今野敏 
たとえ悪役であっても、彼らなりの美学や矜持を書く
  P6
 ブックガイド
組織捜査から相棒もの、バイク部隊まで 
多彩なアイディアと遊び心満載の作品世界
末國善己 P16
 コラム
まだまだある!! 警察小説から格闘技小説、SFまで 
  P32
新連載小説
 
当世侠娘物語 ガールズ・ストーリー◎決意篇 
第 1回 父に憧れ、女医を夢見る娘おいちが、夢の実現に向け、一歩踏み出していく物語。
あさのあつこ P34
連作読切小説
 
箱庭旅団  Season3 
第 4回 跨線橋の秋 私の病室に現れた女の人は、飾り気のないネックレスを首に掛けるように言った。
朱川湊人 P368
 
いつか来た町 
第 6回 行先  道行く人が、ちょっぴりお洒落に見える港の横の町。ちょっと寄り道、横道へ。
東直子 P158
連載小説
 
昨日の海は 
第 2回 過去の写真  芹が片付けを済ませた土間で、光介は祖父が撮影した祖母の写真を見つける。
近藤史恵 P62
 
疾風に折れぬ花あり 
第 3回 笹子峠 止まらない重臣たちの離反。武田家滅亡を覚悟した松姫は新府城脱出を決意する。
中村彰彦 P272
 
翼、ふたたび 
第 6回 フィロソフィ教育 「私たちを洗脳する気なんでしょうかね」翔は隣に座った男性が呟くのを聞いた。
江上剛 P98
 
わらし花子と涼菜の憂鬱 
第 7回 第二章 味方か敵か(1) 花子に促されて佐々木経理部長の見舞いに言った涼菜は、意外な話を聞かされる。
柴田よしき P144
 
いちばん近くて遠い星  
第11回 クリムズン・スター 流産をメールで夫に告げた美鶴。それに対する夫からの返信は、なかなか来ない。
小手鞠るい P208
 
プロジェクトぴあの 
第14回 ほんの62マイルが 周防教授のHPで発表された(ぴあの論文)に、専門家からの声が上がり始めた。
山本弘 P168
 
異邦人(いりびと)  
第19回 魔物 経営難の画廊を救済してもらうべく、一輝は妻・菜穂のいる京都へと向かった。
原田マハ P232
 
いそぶえ 
最終回 海の子 新助との間に、女の子を授かった孝子。だが、重大な選択のときが迫っていた。
谷村志穂 P304
 
ライバル 
第31回  『次があるよショット』でイップスは治ったのか?最後の問題はパットだった。
川上健一 P356
 
向こうがわの蜂 
第47回  琥珀と蜜蜂 トンネルに入った薫たちは、そこで木箱を見つける。中に入っていたものとは?
池永陽 P254
 
鬼神の如く 
第74回 大いなる敵  「あの男をたたき潰しておくべきであった」石田三成は、下唇を噛んで悔やんだ。
火坂雅志 P340
話題の著者に聞く
 
坂井希久子『ヒーローインタビュー』 
書きたいのはダメだけど憎めない、可愛いところのある人間
  P296
 
早見和真『ポンチョに夜明けの風はらませて』 
不安や悩みを抱える中高生に〝面白い!〟と思ってもらいたかった
  P348
 WEB文蔵
  
  P61
 筆者紹介
  
  P394
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P396
 文蔵年間購読のご案内
  
  P399
ひとことコメント
コメント: