TOP

趣味は「読書」

文蔵 2011年 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2011.5 (PHP文芸文庫)
発売日:2011-04-15
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 料理を楽しむ「美味しい小説」
 インタビュー
おいしいものが出てきて、読んだ人が幸せになれる物語を 
髙田郁 P8
 インタビュー
料理の世界にいたからこそ描けるリアリティを感じてほしい 
拓未司 P16
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
「美味しい小説の真髄」とは何か
大矢博子 P24
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
こんな店がホントにあったら即常連!
  P24
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
愛情料理は頑なな心もときほぐす
  P24
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
イマドキのモテ男子は厨房に入る?
  P24
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
大江戸八百八町、食い物草紙
  P24
 ブック・ガイド
読むとお腹がすいてくる「小説のフルコース」はいかが 
甘いスイーツ? それとももう一杯?
  P24
新連載小説 二本スタート!!
 
ぼくたちのアリウープ 
第1回 祝! 高校入学。だけど・・・名門・私立国分学園高校の男子バスケットボール部を舞台にした青春小説
五十嵐貴久 P40
 
アー・ユー・テディ? 2 
第1回 帰ってきたあいつ(前編) 迷コンビ復活!? ほっこりLOVEの和子と昭和のオヤジ・康雄が再び!
加藤実秋 P78
連載小説
 
ライバル 
第2回 実力がはるか上の宇希恵に、突然、ライバルといわれて慌てた葉奈は・・・。
川上健一 P446
 
霖雨ー広瀬淡窓目録 
第2回 塾内のいじめ、郡代からの度重なる内政干渉に対し、淡窓はなす術を失う。
葉室麟 P158
 
まりしてん誾千代姫 
第7回 岩屋城が焼け落ちた。誾千代が窮地に立つ義父を救うべく考えた妙案とは。
山本兼一 P198
 
UFOはもう来ない 
第7回 THE CRY OF SILENCE 三人の少年はギガボルトシューターを手に、UFOの着陸跡を探しに行く。
山本弘 P226
 
当世俠娘物語 ガールズ・ストーリー◎自立篇 
第8回  おいちに絡んだごろつき二人が殺された。下手人を探す仙五朗は・・・。
あさのあつこ P268
 
忍びの者 
第10回 虎穴  長井道利の庶子・三左衛門に化けた与次郎は、人質として小牧城に入った。
津本陽 P420
 
箱庭旅団 
第11回 さきのぞきそば  取引先の部長にどやしつけられた村松くんは、でっかい溜め息をついた。
朱川湊人 P492
 
獅子王氏郷 
第16回  対決(前編)  葛西・大崎一揆の裏に、政宗の謀略があることに気づいた氏郷の決断とは?
安部龍太郎 P310
 
向こうがわの蜂 
第16回  もう一人の主役  地下にあった昭和四十年代の東京で、黄昏が動きだす。一方、薫は・・・。
池永陽 P290
 
桜ほうさら 
第26回 身代金を渡しても戻らないお文を案ずる笙之介は、和香のもとに向かう。
宮部みゆき P326
 
鬼神の如く 
第43回 天下 その四 島左近は、みずから縄張りをおこなって、郡山城の一大修築工事に着手した。
火坂雅志 P482
 
献残屋佐吉御用帖 
第48回 焼津節 その四十八 奉行所の金を持って逃亡し、三浦三崎湊にたどり着いた宅間だったが・・・。 
山本一力 P466
読切連作小説
 
カラット探偵事務所の事件簿 Season2 
第3回  車は急に・・・  駐車場の入り口で言い争う、紳士と若者、車をぶつけたのはどっちだ!?、
乾くるみ P116
話題の著者に聞く
 
大島真寿美『ピエタ』 
ひとりずつ、ひとつずつ違う関係を丁寧に描いていきたい
  P348
ノンフィクション
 連載
復興へのプレイボール 
第3回  灰とダイヤモンド
平山譲 P384
 連載
ウイークエンド 
最終回  金曜午後七時 ホストのギタリスト
河合香織 P406
連載エッセイ・漫画
 
墓活のこと 
第8回  文字のない墓石
赤瀬川原平 P368
 
ペコポコ 
第15回
今日マチ子 P346
 
言葉と測りあうために・・・心と脳に効く名言 
最終回  さよならだけが人生だ
茂木健一郎 P356
 筆者紹介
  
  P514
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P516
 文蔵年間購読のご案内
  
  P519
ひとことコメント
コメント: