TOP

趣味は「読書」

文蔵 2013年 11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2013.11 (PHP文芸文庫)
発売日:2013-10-16
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 話題の「文学賞」徹底ガイド
 インタビュー
冲方丁 
それは、作品と読者を繋げてくれる重要な架け橋
  P6
 インタビュー
桜木紫乃 
この作品で受賞できたことで過去に片をつけられました
  P15
 インタビュー
月村了衛 
賞で得た“波”を大切にし、常に危機感を持って
  P21
 ブックガイド
賞の傾向を知れば、読書がもっと愉しくなる! 
こんな違いがあったのか!?
友清哲 P28
 コラム
新人賞作品で「作家の原点」に立ち会う 
  P50
 インタビュー
竹吉優輔 
不条理から立ち上がる人間の姿を描いていきたい
  P40
 インタビュー
篠原悠希 
歴史小説を描ききる力のある作家をめざして
  P45
新連載小説
 
都会からきた人 
第 1回昨日の海は 海辺のある小さな町の、古びた写真館で繰り広げられる、感動と再生の物語。
近藤史恵 P58
連載小説
 
疾風に折れぬ花あり 
第 2回高遠城の姫君その二 名門武田家の滅亡は、西の国境の要であった木曾義昌の離反から始まった。
中村彰彦 P94
 
翼、ふたたび 
第 5回 変わり始めた組織 車座になって議論を交わす役員たち。その輪の起点には佐々木会長の姿があった。
江上剛 P120
 
わらし花子と涼菜の憂鬱 
第 6回ルームメイトの秘密(6) コインロッカーで写真を見つけた翌日、涼菜は課長から奇妙な依頼を受ける。
柴田よしき P160
 
プロジェクトぴあの 
第13回 世界に穴を  「爆弾を仕掛けてやる」熱心なぴあののファンが、ツイッターに書いたことで・・・・・。
山本弘 P188
 
異邦人(いりびと)  
第18回 焰  画廊の経営難を救済するため、菜穂は所有する絵画を手放すよう迫られる。
原田マハ P230
 
いそぶえ 
第29回 朝もや 武雄からの手紙を読んだ孝子。だが三年の歳月は、もはや戻ってはこない。
谷村志穂 P270
 
ライバル 
第30回  『次があるよショット』でイップスは本当に克服できたのか。宇希恵は再び構えた。
川上健一 P308
 
向こうがわの蜂 
第46回  悲しみの向こうがわ 「摂理」に逆らって結ばれることを決めた薫と黄昏は、ついにその日を迎えた。
池永陽 P250
 
鬼神の如く 
第73回 和纔者その七  柳生石舟斎と向かい合った島左近は、部屋に刀が置かれていないことに驚いた。
火坂雅志 P298
連作読切小説
 
箱庭旅団  Season3 
第3回 俺と兄貴が火曜日に  水曜の昼、ニートの兄貴と話していた俺は、ぐらりと視野が揺れるのを感じた。
朱川湊人 P324
 
いつか来た町 
第5回 聴聞  空の彼方へは行けずとも、陸続きなら・・・・。そう、ここはカッパの住む町。
東直子 P178
 WEB文蔵
  
  P119
 筆者紹介
  
  P354
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P360
 文蔵年間購読のご案内
  
  P363
ひとことコメント
コメント: