TOP

趣味は「読書」

文蔵 2014年 1月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文蔵
文蔵

月刊誌
PHP研究所



amazonで購入
文蔵トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文蔵 2014.1 (PHP文芸文庫)
発売日:2013-12-14
価格:¥ 650
amazonで詳細を見る
特集 「書店員が最も惚れた小説」2013
 書店員アンケート
2013年、私が選ぶ「この一冊」 
  P6
 書店員アンケート
2014年、私が注目している「この作家」 
  P34
 インタビュー
似鳥 鶏 
オリジナリティのある明るく笑える物語を
  P27
 インタビュー
沢村 鐵 
警察小説に挑戦することで“化学反応”が起こった
  P52
好評連載小説
 
当世侠娘物語 ガールズ・ストーリー◎決意篇 
第 2回 血の臭いを纏った男が菖蒲長屋にやって来た。男の話を聞いたおいちは・・・・・。
あさのあつこ P58
連作読切小説
 
箱庭旅団  Season3 
第 5回 クリスマスの呪い クリスマス嫌いで悩んでいる一つ年上の女友だちは、僕の提案を蹴り飛ばした。
朱川湊人 P332
 
いつか来た町 
第 7回  補色 亡くなった友人も、あの日見た花嫁も、私の記憶の中で、ずっと生き続ける。
東直子 P186
連載小説
 
昨日の海は 
第 3回 汚れた写真  新学期が始まったある日、芹と光介は天井裏から古いダンボール箱を見つけた。
近藤史恵 P86
 
疾風に折れぬ花あり 
第 4回 笹子峠その二  織田信忠の再三の懐柔にも応じず、仁科五郎盛信は最後の戦いへの火蓋を切った。
中村彰彦 P278
 
翼、ふたたび 
第 7回 3・11 丸ビル四階のカフェでジャーナリストの土橋との面談中、猛烈な揺れに襲われた。
江上剛 P124
 
わらし花子と涼菜の憂鬱 
第 8回 第二章 味方か敵か(2) 涼菜は花子に対して、自分が会社でリストラ対象になった理由を話し始める。
柴田よしき P170
 
プロジェクトぴあの 
第15回 太陽の怒り 秋葉原でのオフの日、太陽の黒点の写真を見せられたぴあのの表情が蒼ざめた。
山本弘 P196
 
異邦人(いりびと)  
第20回 落涙 菜穂は自分名義の美術品を、美術界の巨人・立野政志に売却することにした。
原田マハ P238
 
ライバル 
終  「ありがとう。葉奈おばさん」イップスを克服した宇希恵は感謝の気持ちを伝えた。
川上健一 P310
 
向こうがわの蜂 
第48回  奇妙なくぼみ 重すぎる琥珀を見つけたものの、どうすることもできない薫たちだったが・・・・。
池永陽 P258
 
鬼神の如く 
第75回  大いなる敵 その二  明国の使者を迎えた秀吉。終始にこやかであったが、三成の表情は強張っていた。
火坂雅志 P302
 WEB文蔵
  
  P85
 筆者紹介
  
  P354
 文蔵バックナンバー紹介
  
  P360
 文蔵年間購読のご案内
  
  P363
ひとことコメント
コメント: