TOP

趣味は「読書」

小説現代 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2020年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 4月号
700枚長編一挙掲載!
 
じんかん 
第41回吉川英治文学新人賞受賞! 受賞第一作は、戦国の世に生きる意味を問う歴史巨編。この男、稀代の悪人か、下剋上の権化か、それとも時代が求めたヒーローか。いま、時代小説界でもっとも注目を集める著者が、誰も知らない人間・松永久秀を書く。
今村翔吾 P24
 
特別対談 北方謙三×今村翔吾  作家兄弟仁義 歴史小説は目をつぶって書け! 
デビュー以来、背中を追い続けてきた憧れの作家とついに対峙する。歴史とは、小説とは、書き続ける意味とは? 白熱対談90分!
北方謙三 今村翔吾P12
 
「じんかん」書評 
細谷正充 P224
グラビア
 『鉄の骨』ドラマ化記念
池井戸潤 撮影現場訪問&スペシャルインタビュー! 
組織か、正義か。働き方が問われる今こそ「読んで」「観て」考えたい、社会派エンタメの創作秘話。
  P6
シリーズ
 
NOC 緋色の追憶 
沖野修也、警察官、19歳。 突然命じられた出向先は、内閣府の極秘防諜セクション。
長浦京 P238
読み切り
 
鴻雁北(こうがんかえる) 
平安末期。主上の意を受け、桂流琵琶の継承者を訪ねた有安の前に現れたのは……。
澤田瞳子 P300
 
千年の松 
父を殺された若武者、その父を殺した大名。二人の運命は、本能寺の変で交差する。
武川佑 P338
 
波紋 
この手で師を斬るーー。薩摩藩士・中村半次郎は、理想と現実の狭間で揺れていた。
小栗さくら P360
 
京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋 
頃は幕末、古寺の境内に建つ小鍋茶屋。「鴨川食堂」著者が紡ぐ、京グルメ小説決定版!
柏井壽 P408
対談
 武川佑×小栗さくら
来て、見て、学んで、歌って、書いて――日本史を愉しむ方、教えます! 
気鋭の歴史作家と人気歴史タレントが、戦国&幕末の面白さを余すことなく語り合う。
武川佑 小栗さくらP330
エッセイ
 
これこそが後藤 
(四千頭身)後藤拓実 P226
 
2億パーセント大丈夫 
岸田奈美 P228
 
きれいな言葉より素直な叫び 
新井見枝香 P388
 
小説から聴こえる音楽 
藤谷治 P402
コラム
 
〆切めし 
遠田潤子 P387
 
もう忘れてませんか? 
武田砂鉄 P400
漫画
 
ランチの時間 
益田ミリ P296
 
ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へーNOWー 
ジェントルメン中村 P441
 
書評現代 
ミステリー
青戸しの P392
 
書評現代 
青春・恋愛小説
三宅香帆 P393
 
書評現代 
時代小説
田口幹人 P394
 
書評現代 
エッセイ・ノンフィクション
高橋ユキ P395
 
読書中毒日記 
出口治明 P396
 
今月の平台 
  P398
 
第15回小説現代長編新人賞募集 
  P454
 
第66回江戸川乱歩賞募集 
  P455
 
執筆者紹介 
  P456

ひとことコメント

コメント: