TOP

趣味は「読書」

小説現代  4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2014年 04月号 [雑誌]
発売日:2014-03-22
価格:¥ 967
amazonで詳細を見る
短期集中連載
 
ナイト&シャドウ 
テロリストから大統領を守り抜け。シークレットサービスの“異例の研修生”首藤は、初日から事件に遭遇する。
柳広司 P84
 
ACT~潜入専門捜査官 
アクション小説の新星鬼才が本誌初登場!警視庁隠密“劇団”USTとは!?
矢月秀作 P148
 
もみ消しはスピーディーに 
リスクヘッジ社、アメリカから襲来。日本の警察組織が監視される日が、ついに訪れた。
石川智健 P176
ロングインタビュー
 
東日本大震災から三年。生き残ったものが語ること 
東日本大震災を背景に描かれた最新小説『そして、星の輝く夜がくる』。その創作の根源には、著者が体験した阪神・淡路大震災での思いがあった。
真山仁 P142
特別公開対談
 
未来の作家たちへ 
大人気シリーズ「名探偵 夢水清志郎」作品を読んで育ったという朝井リョウ氏。敬愛するはやみねかおる氏とのトークショーを特別公開。
はやみねかおる 
X朝井リョウ 
P286
新連載漫画
 
お茶の時間 
そうそう!あるある!そんな日常の光景を切り取った、益田テイストの極上ティー・ブレイク!
益田ミリ P80
カラー連載
 
今昔めぐり 
村上豊 P9
 
犬も歩けば 
五木寛之 P12
豊穣連作短編
 
ちちん、ぷいぷい 藪医ふらここ堂 
衣更えの季節、面倒臭がりの藪で知られる江戸の小児医のもとへ、容子のいい男が訪ねてくる。
朝井まかて P40
 
といちはいち お狂言師歌吉うきよ暦 
お吉という想い合ったおなごがいるというのに。日向新吾の祝言の席で、無二の相棒の胸中は複雑だった。
杉本章子 P18
 
物書同心居眠り紋蔵  御奉行の頭の火照り 
低利の金貸しがあらぬ嫌疑をかけられ窮地に。ご存じ紋蔵のもとに、かの江戸のお騒がせ男・蟋蟀小三郎が訪れる。
佐藤雅美 P398
 
水神計画 
東海沖洋上原発ーー通称<浮島>が炉心溶融を起こした。「ありがとう」という言葉は、汚染水を浄化させるのか。
宮内悠介 P60
 
上海の仏蘭西料理店 
上海に住んでいる信三を訪ねてきた、見知らぬ青年。彼は信三の家族写真を携えていた。
瀧羽麻子 P232
 
姿絵 
「・・・・おまえはどうして描くんだ?」落ちのびてきた新撰組に合流した男が、絵に描いた隊士たちの素顔とは。
小松エメル P256
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『スペードの3』朝井リョウ
榎本正樹 P468
好評連載エッセイ
 
明日は、いずこの空の下 
上橋菜穂子 P282
 
男のカガミ 
齋藤薫 P330
 
酒中日記 
坪内祐三 P354
 
東京者がたり 
西村賢太 P442
 
とまる走馬灯~ラフノート50年~ 
高田文夫 P458
 
東京美女散歩 
安西水丸 P522
連載マンガ
 
先生!! 原稿下さい。 
中島守男 P584
コラム
 
TOP SECRET 
豊田巧 P441
 
思い出の映画 
花房観音 P312
 
bookmark 
六冬和生 P426
 
What’s New 
from SHOSETSU GENDAI
  P15
 
ショートショート・コンテスト発表 
【選】阿刀田高 P546
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P510
連載小説
 
山月庵茶会記 
最終回
葉室麟 P298
 
さいとう市立 さいとう高校野球部 二回戦 
最終回
あさのあつこ P314
 
悪道Ⅳ 
森村誠一 P338
 
俺の彼女、逃亡犯かも。 
柚木麻子 P358
 
この人かもしれない 
加藤千恵 P380
 
天子蒙塵 
浅田次郎 P428
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P444
 
真伝・寛永御前試合 
夢枕獏 P460
 
續・信長私記 
花村萬月 P476
 
風の如く 久坂玄瑞篇 
富樫倫太郎 P488
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P512
 
沖縄から愛をこめて 
西村京太郎 P528
 
三姉妹、さびしい入江の歌 
赤川次郎 P554
 
平成リョウマ 
石田衣良 P564
 
ジョン・マン  立志編 
山本一力 P570
 
第60回江戸川乱歩賞募集 
  P588
 
今月登場 
  P589
 
What’s New Plus 
  P591
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P582
ひとことコメント
コメント: