TOP

趣味は「読書」

小説現代 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2013年 12月号 [雑誌]
発売日:2013-11-22
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
渾身シリーズ  新章突入
 
續・信長私記 
4万5000人対2000人ーー圧倒的に不利な桶狭間の戦いで、若き信長が見つけたこととは。
花村萬月 P20
 
風の如く  久坂玄瑞篇 
加速する歴史、翻弄される若者たち。松陰を失った塾生たちは、再び駆け出す。
富樫倫太郎 P32
読み逃せない大型新人デビュー作!
 第8回小説現代長編新人賞受賞作
お父さんと伊藤さん【抄録】 
「この家に住む」74歳の父がやってきた。あたし34歳、彼氏54歳の暮らす、狭い部屋に。
中澤日菜子 P54
読切特集
 ミステリーニューエイジ
ダザイの話 
自殺したと思われていた先輩社員は、実は・・・・。『襲名犯』の乱歩賞作家、初登場。
竹吉優輔 P154
 ミステリーニューエイジ
推定冤罪 
友人の冤罪が晴れた夜。二人で酒を酌み交わすうちに、彼はおかしなことを口走る。
葉真中顕 P180
 ミステリーニューエイジ
定跡外の誘拐 
警察関係者の息子が誘拐された。犯人は、警察スキャンダルの告発者、“ペイパーバック”を名乗っているーー。
円居挽 P208
 ミステリーニューエイジ
雨女探偵の夏 
「なぜなら、雨が降ったから」“雨女探偵”揺木茶々子の赴く先には、いつも謎と雨がある。
森川智喜 P248
力作競演
 女性作家の視線の先にあるもの
横浜の海のダイチ 
オレも彼女も、来年で三十歳になる。家族を築くというのは、もう冗談にできない。オレの足は、横浜に向かっていた。短期集中連載“後編”。
畑野智美 P348
 女性作家の視線の先にあるもの
逆さのハーミット 
恋の行方を妹に占ってもらう姉のあさひ。タロットで人生を決める危険も知らず。
加藤千恵 P280
 女性作家の視線の先にあるもの
頼越人(よりこしにん) 
仏の山南ーー平隊士の心までも見通した男は、なぜ新選組から脱走したのか。
小松エメル P300
ロングインタビュー
 
子規と漱石に惹かれた理由 
構想三十年、執筆三年。入魂の青春小説が完成! 憧れの人、正岡子規。文学と友情に想いを寄せて。
伊集院静 P142
連載小説
 
ジョン・マン  青雲編 後編 
最終回
山本一力 P654
 
リバース 
湊かなえ P84
 
逆立ちするクロノス 
井上夢人 P100
 
スペードの3 
朝井リョウ P120
 
俺の彼女、逃亡犯かも。 
柚木麻子 P324
 
天子蒙塵 
浅田次郎 P426
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P440
 
お狂言師歌吉うきよ暦  その秋の夜 
杉本章子 P454
 
物書同心居眠り紋蔵 
霊験あらたか若狭稲荷効能の絡繰
佐藤雅美 P476
 
山月庵茶会記 
葉室麟 P504
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P526
 
占いは当たりますか? 
<よろず相談室 8>
真梨幸子 P544
 
さいとう市立 さいとう高校野球部 二回戦 
あさのあつこ P576
 
血の弔旗 
藤田宜永 P602
 
真伝・寛永御前試合 
夢枕獏 P636
 
三姉妹、さびしい入江の歌 
赤川次郎 P644
グラビア
 
中澤日菜子 
  P11
 
ミステリーニューエイジ 
  P14
 
花村萬月 
  P16
 
富樫倫太郎 
  P17
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『雨のなまえ』窪美澄
榎本正樹 P632
連載マンガ
 
先生!! 原稿下さい 
中島守男 P684
好評連載エッセイ
 
明日は、いずこの空の下 
上橋菜穂子 P150
 
東京者がたり 
西村賢太 P278
 
男のカガミ 
齋藤薫 P418
 
酒中日記 
坪内祐三 P500
 
とまる走馬灯~ラフノート50年~ 
高田文夫 P524
 
東京美女散歩 
安西水丸 P538
 
女王陛下のロックンロール 
中山康樹 P568
コラム
 
TOP SECRET 
酉島伝法 P247
 
思い出の映画 
新庄耕 P346
 
bookmark 
タナダユキ P590
 
ショートショート・コンテスト発表 
【選】阿刀田高 P592
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P630
 
第9回小説現代長編新人賞募集 
  P680
 
第60回江戸川乱歩賞募集 
  P536
 
今月登場 
  P688
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P682
ひとことコメント
コメント: