TOP

趣味は「読書」

小説現代  4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2012年 04月号 [雑誌]
発売日:2012-03-22
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
特集 吉川英治文学新人賞受賞作家
 「巻を措く能わず」
日本橋本石町やさぐれ長屋  時の鐘 
腹に響く鐘の音が好きだ。聞き惚れていた大工の鉄五郎は莨屋の娘に声を掛けられる。
宇江佐真理 P106
 「巻を措く能わず」
天女湯おれん 神隠し 
想い人が帰ってきたばかりの女将のもとに、自分を買ってほしいという娘があらわれた。
諸田玲子 P234
 「巻を措く能わず」
僕たちの星 
25年ぶりに訪れた街は、僕をある女性の記憶へと連れ戻す。色褪せない青春のスケッチ。
大崎善生 P186
 「巻を措く能わず」
たそがれ時に見つけたもの 
人生八十年。割り算をした。四十歳のわたしのいまの時間は、夏のお昼過ぎか。
朝倉かすみ P148
強力連載スタート!
 100枚
悪道Ⅲ 
泰平の世に起きた「神隠し」。将軍親衛となった流英次郎は闇の勢力と相まみえる。
森村誠一 P20
 
赤目姫の潮解 
生まれながら声帯が機能しない美女を乗せたボートが早朝、霧の湖を静かに進んでいた。
森博嗣 P78
 
可愛い世の中 
もうすぐ結婚式を迎える豆子・三十二歳。財布から金が出ていくストレスに苛まれる日々。
山崎ナオコーラ P54
特別 読み切り
 
深川澪通り木戸番小屋  暗鬼 
世間話に夢中の女達から思わぬ歓迎をうけた古傘買いの男。居心地わるさに早々と辞するが。
北原亞以子 P90
 
人恋ふる夜魔 
「当年取って六十二。妻妾は八人」魏建国の立役者・鍾繇(しょうよう)、老境に至りて女に惑うーー。
吉川永青 P384
連載小説
 
タッチ・ユア・ハート     クリエイティブ・マインド 
最終回
須磨久善 P126
 
猫と死体はタンゴ鉄道に乗って 
西村京太郎 P166
 
レイク・クローバー 
楡周平 P208
 
陽炎の門 
葉室麟 P262
 
シフト 
今野敏 P284
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P308
 
黒王妃 
佐藤賢一 P322
 
梟の系譜 
上田秀人 P348
 
さいとう市立 さいとう高校野球部 
あさのあつこ P406
 
シロシロクビハダ 
椰月美智子 P420
 
重蔵始末【蝦夷篇】 逆浪果つるところ 
逢坂剛 P452
 
チャイナ・フーリング 
柴田哲孝 P468
 
訪問 
井上荒野 P526
 
物書同心居眠り紋蔵 
これ以上はない結末
佐藤雅美 P542
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P568
 
金の仔牛 
佐藤亜紀 P580
 
三姉妹、舞踏会への招待 
赤川次郎 P622
 
ジョン・マン  青雲編 
山本一力 P634
 
平成リョウマ 
石田衣良 P652
 
赤ヘル1975 
重松清 P664
グラビア
 
祝受賞! 吉川英治文学賞、新人賞受賞者決定 
  P11
 
祝受賞! 吉川英治文学賞、新人賞受賞者決定 
浜嘉之
浜嘉之 P14
 
祝受賞! 吉川英治文学賞、新人賞受賞者決定 
吉川永青
吉川永青 P15
 
祝受賞! 吉川英治文学賞、新人賞受賞者決定 
伊東潤
伊東潤 P16
 
祝受賞! 吉川英治文学賞、新人賞受賞者決定 
高杉良
高杉良 P17
好評連載エッセイ
 
東京者がたり 
西村賢太 P146
 
談笑亭日常 
高田文夫 P184
 
文学としてのユーミン 
酒井順子 P228
 
永遠の食卓 
内田洋子 P254
 
酒中日記 
坪内祐三 P280
 
東京美女散歩 
安西水丸 P302
 
忠臣蔵まで 
野口武彦 P342
 
シモネッタの家族情話 
特別版
田丸公美子 P444
 
男のカガミ 
齋藤薫 P490
 
食彩の文学事典 
重金敦之 P540
コラム
 
bookmark 
會川昇 P404
 
思い出の映画 
橋本紡 P566
 
TOP SECRET 
越智月子 P498
 
ショートショート・コンテスト発表 
[選]阿刀田高 P516
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P650
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『楽園のカンヴァス』原田マハ
榎本正樹 P618
連載マンガ
 
先生!! 原稿下さい 
中島守男 P700
 
第8回小説現代長編新人賞募集 
  P662
 
第59回江戸川乱歩賞募集 
  P686
 
今月登場 
  P704
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P698
ひとことコメント
コメント: