TOP

趣味は「読書」

小説現代  3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2018年 03 月号 [雑誌]
発売日:2018-02-22
価格:
amazonで詳細を見る
新連載
 大人気 「十津川警部」シリーズ新連載!
両国駅 3番ホームの怪談 
偶然目にした“幻のホーム”の不審な出来事。放火殺人事件とつながりがあるのかーー。
西村京太郎 P18
大特集 本を造る!
 その1 特別対談
本は「宝物」で「宝箱」。 
印刷所見学経験もある人気漫画家と、印刷所を舞台にした小説を刊行する作家。いまの“本”の在り方を大いに語り合う!
東村アキコ 
×安藤祐介 
P40
 その2 特別企画
一冊の本ができるまで 
あなたに届く本は、どうやって造られるのか。入稿から下版、印刷、そして製本へーー。多くの人たちの魂がこもる工程を、一挙解説!
  P54
 その3 『本のエンドロール』
『本のエンドロール』第一章スロウスタート 
印刷会社の営業の浦本は特急進行の依頼に四苦八苦。本造りの裏方を描く、かってないお仕事小説!
安藤祐介 P64
追悼 対談
 朝井まかて×東山彰良
「葉室麟さんへの 惜別」 
昨年末、惜しくも亡くなられた葉室麟さん。最期まで交流を持ち、格別な思いをもって送った二人に、氏が残したものとはーー。
朝井まかて 
X東山彰良 
P108
『いのちがけ』 刊行記念対談
 宮本昌孝×砂原浩太朗
「決戦!」シリーズが生んだ奇跡の再会! 
「決戦!小説大賞」受賞、砂原氏のデビュー作がいよいよ刊行。作家と担当編集者という関係だった二人が、十八年の時を経て語り合う!
宮本昌孝 
X砂原浩太朗 
P206
第4回「決戦!小説大賞」決定発表!
 
第4回「決戦!小説大賞」決定発表! 
注目の歴史作家を見出し続ける「決戦!小説大賞」。新たな受賞者は、37歳の本格派!
  P218
特別寄稿エッセイ
 
「名前のつく 罪つかない罪」 
何が罪で、罪でないのか。短篇集『罪の名前』は、幼い頃のショッキングな記憶が、テーマだという。
木原音瀬 P230
読み切り
 
春天 
剣術師範の父の下、縁談を断ってまで稽古に励む芙希。ひととき心を交わした青年剣士の姿が忘れがたくーー。
朝井まかて P122
 
香華灯明(こうげとうみょう)、地獄の道連れ 
お白州に座る女には猿轡が嚙まされ、身体からは妖艶な薫香が立ち上る。“女の香”を描く官能時代短篇!
冲方丁 P150
 
トラバース 
引き寄せられるように山に登る私は、「志願者」を探していたーー。
伊藤万記 P190
『地検のS』刊行記念インタビュー
 
正義と悪が曖昧な時代に 
元新聞記者の横溝正史ミステリ大賞作家が、〈正義の最前線〉地方検察庁を舞台に、まったく新しい検察ミステリーを描く!
伊兼源太郎 P222
カラー連載
 
今昔めぐり 
村上豊 P9
 
犬も歩けば 
五木寛之 P12
 
書評現代 
小島慶子 P205
 
書評現代 
瀧井朝世 P275
 
書評現代 
千街晶之 P389
 
書評現代 
吉田伸子 P407
 
書評現代 
榎本正樹 P423
好評連載
 
すぐ死ぬんだから 
最終回
内館牧子 P236
 
天子蒙塵 
浅田次郎 P276
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P294
 
ラストセレナーデ 
藤田宜永 P306
 
エムエス 継続捜査ゼミ2 
今野敏 P328
 
新巨大外資銀行 
高杉良 P344
 
サリエルの命題 
楡周平 P370
 
ACT3~掠奪 
矢月秀作 P426
 
萌ゆる春 
梶よう子 P442
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P456
 
ジョン・マン 金鉱編 
山本一力 P466
好評連載エッセイ
 
男のカガミ 
齋藤薫 P390
 
私の芸能さんぽ 
高田文夫 P408
 
新・旧銀座八丁東と西 
坪内祐三 P414
 
誰もいない文学館 
西村賢太 P424
コラム
 
嫌い嫌いも好きのうち 
河﨑秋子 P189
連載漫画
 
先生!! 原稿下さい。 
中島守男 P472
 
What’s New 
from SHOSETSU GENDAI
  P15
 
ショートショート・コンテスト発表 
【選】阿刀田高 P396
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P412
 
今月登場 
  P477

ひとことコメント

コメント: