TOP

趣味は「読書」

小説現代 1月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2015年 01月号 [雑誌]
発売日:2014-12-22
価格:¥ 1,000
amazonで詳細を見る
打ち抜き大特集 美味礼賛
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
京の味わい 
京都の東九条で出会った女の部屋に転がり込んだ私はやがてーー。
花村萬月 P50
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
痴者の食卓 
北町貫多は、秋恵の提案で土鍋を買いに行くがーー。私小説作家が語る壮絶な愛のかたち。
西村賢太 P70
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
キッチン戦争 
鮮度満点新連載!私がコンテストに!? ムリです! 見習いフレンチシェフ・葉月の戦いが始まる。
樋口直哉 P86
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
オオナベくん 
長年住んだ家を去る母。彼女の心を占めていた「人生でいちばんの美味」とは。
中澤日菜子 P112
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
暁光 
“熱いおでんで1杯りたい”。上官を探しに冬山に入ったレンジャー隊員を待っていたのは。
吉村龍一 P132
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
ストーリーセラピー 
心理民俗学研究室でまちかまえる熊のごとき教官。彼が淹れるコーヒーは絶品だ。
松崎有理 P148
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (小説)
人生美味礼賛 
鍋の残り物の旨汁で雑炊を作る。贅沢じゃないけど、家族の味。
斎樹真琴 P178
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (鼎談)
大阪の食をとことん語り尽くす 
食いもんの話しよか。大阪に根を下ろす三人の文士が、ナニワの食の深層を語り合った。
黒川博行 
X朝井まかて 
X江弘毅 
P20
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (鼎談)
酒井順子、樋口直哉、平野紗季子が語る 書くこと、作ること、食べること 
作家で料理人の樋口直哉さんが二人の美女をおもてなし。食に対する三人三様の思い。
酒井順子 
X樋口直哉 
X平野紗季子 
P36
 食をめぐる小説、鼎談、随筆 (特別随筆)
忘れられない味、思い出の料理 
味、匂い、食感。どれが欠けても、記憶には刻まれない。作家が綴る、香ばしい「食」への想い。
内田洋子 
X荻原浩 
X風野真知雄 
X川瀬七緒 
X椎名誠 
X柴崎友香 
X藤野恵美 
X増田俊也 
X森村誠一 
X横尾忠則 
P201
新連載
 
浜の甚兵衛 
明治二十九年、東北三陸の漁港から沖買船を漕ぎ出した甚兵衛。夜明けとともに異変が・・・・・。
熊谷達也 P264
 
銀の海に浮かぶ城 
関ヶ原から十数年後、シャムの都アユタヤには多数の日本人が暮らす日本町があった。
岩井三四二 P330
 
おろんくち 
民族研究員のテーマは「口頭伝承」。老人たちに口承の文化を聞こうとした千夏に・・・・。
川瀬七緒 P382
 
るるらいらい “ごろごろ路”をゆっくりと 
見慣れた風景が違って見える、ど直球の「慶子節」が炸裂する。
小島慶子 P326
特別インタビュー
 『あなたは、誰かの大切な人』刊行インタビュー
旅とアートと小説と 
好きなアーティストは、ルソーやピカソ・・・・・。小説と旅行の関りなど、原田マハ・ワールドの秘密を告白!
原田マハ P320
 本誌新人作家インタビュー  第9回小説現代長編新人賞受賞
デビューまでの長い道のり  
読む側の人間から、書く側の人間になるまで。二十九歳の新人作家はいかにして“スタートライン”に立ったのか。
小島環 P448
読み切り小説
 
凪の光 
弁護士として働く知美。親しくなった老人ホームの入所者を訪ねてきた夫婦は、かっての友だった。
小池真理子 P222
 
ユメコさんとノボルちゃん 
あまりに美しいバーのママとバーテンダーの秘密。勝目梓がおくる、大人のための童話。
勝目梓 P244
 
果て果て 藪医 ふらここ堂 
ありもしない丸薬の噂で大忙しとなった江戸の小児医宅を、町の顔役が訪ねる。お咎めか。
朝井まかて P280
 
ホール・ニュー・ワールド 
平和な家庭はあるけれど、まだまだいけるはず。深夜のコンビニでパートを始めた智子、53歳は・・・・。
朝倉かすみ P300
 
二人の半蔵 
家康の忠臣、渡辺半蔵守綱。「槍の半蔵」は、家康から下された壺をじっと眺めていた。
仁志耕一郎 P400
 
吉岡清三郎貸腕帳 売られた女 
商家のボンボンを賭場から連れ戻せ。新たな依頼をこなす清三郎の長屋に、なぜか臨時の下女が!
犬飼六岐 P428
短期集中連載
 
ブラッド・ゼロ〈後篇〉 
最終回
服部真澄 P482
 
室町耽美詫茶〈後篇〉 
最終回
海道龍一朗 P756
 
世界の果てのこどもたち 
中脇初枝 P526
カラー連載
 
今昔めぐり 
村上豊 P9
 
犬も歩けば 
五木寛之 P12
好評連載エッセイ
 
世界はgdgd(グダグダ)で満ちている 
汀こるもの P616
 
東京者がたり 
西村賢太 P640
 
酒中日記 
坪内祐三 P712
新刊小説 Review & Interview
 
物語を探しに 
『僕は小説が書けない』中村 航 中田永一
  P678
コラム
 
TOP SECRET 
谷川直子 P601
 
思い出の映画 
中本千晶 P568
 
bookmark 
藤崎翔 P656
連載漫画
 
お茶の時間 
益田ミリ P583
 
先生!! 原稿下さい。 
中島守男 P808
好評連載
 
續・信長私記 
最終回
花村萬月 P602
 
お狂言師歌吉うきよ暦 カナリア 
杉本章子 P462
 
天子蒙塵 
浅田次郎 P570
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P588
 
クズリ 
柴田哲孝 P618
 
歌姫メイの秘密 
伊藤たかみ P642
 
茅原家の兄妹 
藤谷治 P658
 
クロコダイル路地 
皆川博子 P682
 
悪道Ⅳ 
森村誠一 P716
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P734
 
三姉妹、さびしい入江の歌 
赤川次郎 P780
 
ジョン・マン  立志編 
山本一力 P790
 
What’s New 
from SHOSETSU GENDAI
  P15
第67回野間文芸賞発表
 
第67回野間文芸賞発表 
  P453
第36回野間文芸新人賞発表
 
第36回野間文芸新人賞発表 
  P453
 
ショートショート・コンテスト発表 
【選】阿刀田高 P746
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P732
 
第10回小説現代長編新人賞募集 
  P804
 
第61回江戸川乱歩賞募集 
  P812
 
今月登場 
  P813
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P806
ひとことコメント
コメント: