TOP

趣味は「読書」

小説現代  2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2013年 02月号 [雑誌]
発売日:2013-01-22
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
魂に響く音楽小説
 
ラ・ボエーム 
そこにはいつも音楽が流れていた。ビリヤード場で出会う男たちの生の倦怠、そして輝きの記憶。
北方謙三 P20
特集 今日まで、そして明日
 SF新時代へ150枚X3編
あなたの息子じゃない 
市民防衛省から各家庭に与えられる携帯型対空ミサイルが、ハックされ不正使用されようとしている。
神林長平 P232
 SF新時代へ150枚X3編
絆 
「ぼくは十八年ごと、兄は五十四年で世界を旅して戻る」皆既日食の下で世界を変える二人が生まれた
瀬名秀明 P280
 SF新時代へ150枚X3編
みがかヌかがみ 
茶室で語られる天女目姫の伝説。彼女は井戸の神、いや冥界と現世をむすぶ関所の番人となった。
中里友香 P340
 時代小説の本領
山月庵茶会記 
政争に敗れ妻を喪った男が「ひとの心を取り戻す」ため、十六年ぶりに豊後黒島藩に帰ってきた。
葉室麟 P74
 時代小説の本領
夜番 
「物の怪が出るという酒屋をみてきてほしい」普段から愛想のない一膳飯屋の女に無理矢理頼まれた。
木内昇 P118
 時代小説の本領
トゥ・バ・ビヤン  腰撫で襦袢伝奇 
劣情を誘う奇っ怪な襦袢が招いた仇討ち騒動。私塾を開く福沢先生は「世間に頓着するな」と言うが。
荒山徹 P154
 時代小説の本領
南天月 
菓子屋の親父になりきったつもりだったが、家斉のご落胤との噂がたち、孫娘の縁談に影が差す。
西條奈加 P206
 話題の新連載
Qrosの女 
週刊誌のネタ探しに奔走する芸能記者。旬の話題となっている謎のCM美女をどう料理するか頭を捻る。
誉田哲也 P48
あの笑いが帰ってきた! 新連載エッセイ
 
とまる走馬灯~ラフノート50年~ 
ついに高田センセイが復活! 今だから語れる笑芸50年史
高田文夫 P202
連載小説
 
三姉妹、舞踏会への招待 
最終回
赤川次郎 P700
 
お父ちゃんのこと 
林真理子 P94
 はやぶさ新八御用旅
紅花染め秘帳 
平岩弓枝 P106
 
ジョン・マン  青雲編 後編 
山本一力 P144
 
ラフ・アンド・タフ 
馳星周 P182
 
血の弔旗 
藤田宜永 P400
 
レイク・クローバー 
楡周平 P424
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P446
 
風の如く 
富樫倫太郎 P462
 
物書同心居眠り紋蔵 
家督を捨てる女の決意
佐藤雅美 P504
 
立身いたしたく候   へるへとわん 
後篇
梶よう子 P544
 
傷の行方 
堂場瞬一 P566
 
赤目姫の潮解 
森博嗣 P588
 
乱 
矢野隆 P622
 
新世界ゼロ年 
貴志祐介 P658
 
ノボさん  正岡子規の夢 
伊集院静 P670
 
赤ヘル1975 
重松清 P684
グラビア
 
「小説現代」を飾った作家たち 
  P11
 
グラビア 
誉田哲也 P16
 
グラビア 
今野敏 P17
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『海の見える街』畑野智美
榎本正樹 P396
好評連載エッセイ
 
明日は、いずこの空の下 
上橋菜穂子 P178
 
東京者がたり 
西村賢太 P204
 
酒中日記 
坪内祐三 P390
 
食彩の文学事典 
重金敦之 P394
 
文学としてのユーミン 
酒井順子 P498
 
東京美女散歩 
安西水丸 P530
 
永遠の食卓 
内田洋子 P536
 
男のカガミ 
齋藤薫 P612
 
シモネッタの家族情話 
田丸公美子 P620
 
女王陛下のロックンロール 
中山康樹 P644
 
絲的こわいもんなし 
絲山秋子 P652
コラム
 
bookmark 
太田愛 P640
 
思い出の映画 
川越敏司 P460
 
TOP SECRET 
菅原和也 P423
 
ショートショート・コンテスト発表 
[選]阿刀田高 P602
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P462
 
創刊50周年記念「小説現代」展のお知らせ 
  P657
 
第8回小説現代長編新人賞募集 
  P683
 
第59回江戸川乱歩賞募集 
  P669
 
今月登場 
  P720
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P714
連載マンガ
 
先生!! 原稿下さい 
中島守男 P716
ひとことコメント
コメント: