TOP

趣味は「読書」

小説現代 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2009年 02月号 [雑誌]
発売日:2009-01-22
価格:¥ 880
amazonで詳細を見る
 昭和小説特集
お好み焼悦ちゃんの店 
戦後,広島に増え始めたお好み焼屋.小学生の洋と達也は色白の親娘の店に
那須正幹  
 
沈屑 
雅美は金の無心に来る長谷川から逃れたい一心でガスの元栓に手を伸ばす
黒川博行  
 
僕が十五歳だった頃 
性に目覚め,貧しい中で生き残る技術を磨く昭和23年,中学生の僕の
佐江衆一  
 
つづれ織り 
若かった母が,年若い青年に抱かれている情景が,つづれ織られた記憶の布から立ち上がる
小池真理子  
 
歌姫 
一発屋歌手とトラック運転手,本来の目標に手が届かなかった二人の人生が交わる
橋本治  
 新連載スタート
お狂言師歌吉うきよ暦ー(厄介嫁) 
妬みで顔を傷つけられたお吉は歌吉と名乗る狂言師
杉本章子  
 
砂漠の悪魔 
俺のしたことは罪ではない,俺を捕らえて裁くことは誰にもできない
近藤史恵  
 好評読み切りシリーズ
翻訳家の友 
私が待ち合わせの時間を変えなければ峯子は死ななかったかもしれない
東野圭吾  
 
昨日の運命 
シングルマザーになる決意をした桜子と,老舗呉服屋に嫁いだ不妊に悩む重美
甘糟りり子  
 
山桜 
朝子に捨てられ,成り行きで梓と付き合いを始めた卓也
椰月美智子  
 好評シリーズ
転び神 (前篇) 
十徳長屋の丸助のもとにお仲とおていがやってきた
宮部みゆき  
 新春読み物企画
おすすめ文学館紀行 
日本全国津々浦々に存在する文学館
永江朗  
 
『電化製品列伝』刊行記念ロングインタビュー 
小説という「世界」の多様性
長嶋有  
 実感的歴史検証対談パート2
昭和の芸能あれこれ 
街にいろんな匂いが漂っていた時代,
小沢昭一 
x坪内祐三 
 
 大反響 鉄道鼎談 第三弾
大人の遠足 八高線&SLで行こう! 
哀切の八高線,愛と喜びに満ちたSL,三人が車窓から見たものは?
関川夏央 
原武史 
酒井順子 
 
 連載小説
重蔵始末『蝦夷篇』 
北門の狼
逢坂剛  
 連載小説
ボクのおじさん 
伊集院静  
 連載小説
現代語訳 信長私記 
花村萬月  
 連載小説
同期 
今野敏  
 連載小説
八月の犬は二度吠える 
鴻上尚史  
 連載小説
砂の王国 
荻原浩  
 連載小説
月と詐欺師 
赤井三尋  
 連載小説
浪速の夢の繁盛記 
ごっつい奴
江上剛  
 連載小説
魔法使いの弟子たち 
井上夢人  
 連載小説
冥の水底 
朱川湊人  
 連載小説
大江戸釣客伝 
夢枕獏  
 連載小説
レッドゾーン 
真山仁  
 連載小説
深川澪通り木戸番小屋 
如月の夢
北原亞以子  
 連載小説
新・花と蛇 
神崎京介  
 連載小説
天海譚 戦川中島異聞 
天佑,我にあり
海道龍一朗  
 連載小説
三姉妹と忘れじの面影 
赤川次郎  
 グラビア
私のこだわりの一品 
浅田次郎 
X山本兼一 
X原武史 
X杉本章子 
X堀江敏幸 
X熊谷達也 
X笠井潔 
 
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『悼む人』天童荒太
榎本正樹  
 連載マンガ
先生!! 原稿下さい 
中島守男  
 好評連載エッセイ
酒中日記 
坪内祐三  
 好評連載エッセイ
東京美女散歩 
安西水丸  
 好評連載エッセイ
忠臣蔵まで 
野口武彦  
 好評連載エッセイ
続・作家の値段 
出久根達郎  
 好評連載エッセイ
バイオグラフィ 須磨久善 
外科医
須磨久善  
 好評連載エッセイ
  
海堂尊  
 好評連載エッセイ
物語日本推理小説史 
郷原宏  
 好評連載エッセイ
ふふふ 
井上ひさし  
 好評連載エッセイ
季語の引力 
櫂未知子  
 好評連載エッセイ
翻訳文学 課外授業 
新元良一  
 コラム
談笑亭日常 
高田文夫  
 コラム
今月もちょっとおいしい話 
重金敦之  
 コラム
思い出の映画 
木下半太  
 コラム
TOP SECRET 
火田良子  
 コラム
bookmark 
飴村行  
 コラム
サブカルフロントライン 
東村アキコ  
 
ショート・ショート・コンテスト発表 
阿刀田高『選』  
 
第4回小説現代長編新人賞募集 
   
 
第55回江戸川乱歩賞募集 
   
 
今月登場 
   
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
   
ひとことコメント
コメント: