TOP

趣味は「読書」

小説現代 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2011年 02月号 [雑誌]
発売日:2011-01-22
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
昭和歌謡小説特集
 
結婚しようよ 
妻に先立たれた後、男手ひとつで子供たちを育ててきた。ある日、娘から切り出された話は・・・。
荻原浩 P62
 
黄金街 
深秋の新宿ゴーデン街。三坪の小店を営む渚は、ある話を聞いた。流しのジーザスが入院したらしい・・・。
三田完 P136
 
最後の伝言 
放蕩のかぎりを尽くした父。母はそんな亭主を最後まで面倒見ていた。家族とは、夫婦とは何かを描く、素敵な愛の物語。
原田マハ P408
 
おかえり、ボギー 
格好つけでお人好しの果てに刑務所にまで入った男。その男を待つ娘を持つラーメン屋の親父が語る切なく温かい物語。
加藤元 P312
強力新連載スタート
 
bye bye foggy day バイバイ・フォギーディ 
バンド活動に青春を捧げる高校三年生の亮輔。幼馴染の生徒会長、岬に押し切られ、「憲法改正」について考えるハメに・・・。
熊谷達也 P20
昭和歌謡二大インタビュー
 
歌謡曲は”思い出の目次”である 
名曲『川の流れのように』からAKB48,EXILEまで 多彩な詞を送り出してきた作詞家が実感で語る歌謡曲の素晴らしさ。
秋元康 P304
 
本当に言いたいことは言葉にしない 時代をつくった歌の秘密 
七〇年代~八〇年代の歌謡曲の全盛期、山口百恵ほかに、ヒット曲の数々を書いてきた。今なお新鮮なその魅力とは何なのかーー。
阿木燿子 P156
珠玉の短編小説
 
まるまるの毬(いが) 
親子三代で営む菓子舗・南星屋に事件勃発!?このところ、娘のお永の様子がなんだかおかしい・・・。
西條奈加 P172
 
色の居場所 
会社で頻発する備品の盗難。ちづるは気づかぬうちに犯人だという噂をたてられ、当惑する。
斎樹真琴 P258
第五回小説現代長編新人賞受賞
 『盤上のアルファ』刊行記念インタビュー
「やるべき時にやれ!」自分自身と、読者へ思いを込めて 
選考会満場一致の完全受賞作がついに刊行。かってなく熱い感動の物語はどこから生まれたのか?三十一歳の新人作家が思いを込めて、デビュー作を語る。
塩田武士 P490
連載小説
 
大江戸釣客伝 
最終回
夢枕獏 P524
 
勝負の終わり 
最終回
藤田宜永 P428
 
定吉七番の復活   
明日への飛翔  最終回
東郷隆 P446
 
バッド・マネー 
最終回
服部真澄 P40
 
傷痕 
桜庭一樹 P214
 
呉越春秋 湖底の城 
宮城谷昌光 P104
 
ノボさん  正岡子規の夢 
伊集院静 P556
 
平成リョウマ 
石田衣良 P514
 
水の柩 
道尾秀介 P196
 
もののふの賦 
犬飼六岐 P82
 
ゴルフ日和  
同級生
川上健一 P542
 
美しい家 
新野剛志 P282
 
あわよくば 
曽根圭介 P468
 
獅子は死せず   
再戦
中路啓太 P336
 
八月からの手紙 
堂場瞬一 P388
グラビア
 
我が思い出の歌謡スター 
角田光代 安西水丸 貴志祐介 高田文夫 藤田宜永 酒井順子 伊集院静
  P11
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
荻原浩『砂の王国』
榎本正樹 P510
連載マンガ
 
先生!! 原稿下さい 
中島守男 P572
好評連載エッセイ
 
無名の女たち 
向井万起男 P118
 
酒中日記 
坪内祐三 P252
 
食彩の文学事典 
重金敦之 P500
 
東京美女散歩 
安西水丸 P122
 
談笑亭日常 
高田文夫 P250
 
季語の引力 
櫂未知子 P502
 
寿司屋の親父のひとり言 
三ツ木新吉 P360
 
翻訳文学 課外授業 
新元良一 P508
 
バーのある街へ 
太田和彦 P362
 
男のカガミ 
齋藤薫 P164
 
シモネッタの家族情話 
田丸公美子 P387
コラム
 
思い出の映画 
塩田武士 P368
 
TOP SECRET 
天野純希 P370
 
bookmark 
柴崎友香 P504
 
サブカルフロントライン 
今日マチ子 P506
 
ショートショート・コンテスト発表 
[選]阿刀田高 P128
 
山藤章二のぼけせん町内会 
  P256
 
第6回小説現代長編新人賞募集 
  P334
 
第57回江戸川乱歩賞募集 
  P488
 
今月登場 
  P576
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
  P570
ひとことコメント
コメント: