TOP

趣味は「読書」

小説現代 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2009年 04月号 [雑誌]
発売日:2009-03-21
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
 〈究極の嘘特集〉
恐怖の大王 
みゆきとの再会は小学校卒業以来.二十年前,あの頃ぼくたちは,恐怖の大王が降ってくるのを待っていた.
久保寺健彦  
 
弟B 
私はどうしょうもなく孤独な人間なのかもしれない.そんなとき,決まって彼がやってくる.
野中柊  
 新感覚時代小説 新連載スタート!
風を断つ 
秘剣「氷柱折り」をひっさげ,ニューヒーロー由比三四郎は今日も行く―
池永陽  
 好評シリーズ
アメイジング・グレイス 
高校入試の日,同級生が自殺した.だけどよっちゃんは,その子の顔をぼんやりとしか思い出せない
重松清  
 
傷痕 
自傷行為を繰り返す女子高生が殺人事件の容疑者に,夏目刑事は少女の心の闇をはらすことができるのか.
薬丸岳  
 
背教者 
当代きっての知性,不干斎ハビアン.悪魔との出会いが,背教者への道を選ばせた
葉室麟  
 
吉岡清三郎貸腕帳 懲りない男 
貸腕の依頼の裏に仕掛けられていた罠に嵌った清三郎が絶体絶命の危機に…
犬飼六岐  
 
とっておきの料理 
優秀な同期のMに敵視される私―しかしMが同性愛者だという秘密を知っている
長野まゆみ  
 
アジア未知動物紀行 奄美の妖怪「ケンモン」前編 
奄美の日常と隣り合わせに存在する妖怪ケンモン.調査を進める筆者の下に,驚愕の新情報が舞い込んだ!
高野秀行  
 珠玉の短編
廃工場のティンカー・ベル 
「ついでの仕事」のつもりで立ち寄った工場跡地.偶然であった少女の語りにいつしか片平は引き込まれ…
永嶋恵美  
 100周年書き下ろし 『悲運の皇子と若き天才の死』刊行記念インタビュー
楽しく書けた歴史ミステリー 
飛鳥時代,太平洋戦争,現代と三つの時代を自在に往還する最新作の魅力に迫る
西村京太郎  
 連載小説
重蔵始末<蝦夷篇> 
北門の狼
逢坂剛  
 連載小説
ボクのおじさん 
伊集院静  
 連載小説
現代語訳 信長私記 
花村萬月  
 連載小説
転び神 
後編
宮部みゆき  
 連載小説
八月の犬は二度吠える 
鴻上尚史  
 連載小説
砂の王国 
荻原浩  
 連載小説
月と詐欺師 
赤井三尋  
 連載小説
浪速の夢の繁盛記 
ごっつい奴
江上剛  
 連載小説
魔法使いの弟子たち 
井上夢人  
 連載小説
冥の水底 
朱川湊人  
 連載小説
砂漠の悪魔 
近藤史恵  
 連載小説
大江戸釣客伝 
夢枕獏  
 連載小説
鬼プロ繁盛記 
団鬼六  
 連載小説
天海譚 戦川中島異聞 
天佑,我にあり
海道龍一朗  
 連載小説
天女湯おれん 大姦は忠に似たり 
諸田玲子  
 連載小説
新・花と蛇 
神崎京介  
 連載小説
西伊豆変死事件 
西村京太郎  
 連載小説
深川澪通り木戸番小屋 
かげろう
北原亞以子  
 連載小説
三姉妹と忘れじの面影 
赤川次郎  
 グラビア
吉川賞の軌跡 
   
 
吉川英治文学賞,新人賞受賞者決定! 
   
 
映画「ハゲタカ」撮影快調! 
真山仁  
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『金魚生活』楊逸
榎本正樹  
 連載マンガ
先生!! 原稿下さい 
中島守男  
 好評連載エッセイ
酒中日記 
坪内祐三  
 好評連載エッセイ
忠臣蔵まで 
野口武彦  
 好評連載エッセイ
続・作家の値段 
出久根達郎  
 好評連載エッセイ
東京美女散歩 
安西水丸  
 好評連載エッセイ
物語日本推理小説史 
郷原宏  
 好評連載エッセイ
ふふふ 
井上ひさし  
 好評連載エッセイ
季語の引力 
櫂未知子  
 好評連載エッセイ
翻訳文学 課外授業 
新元良一  
 コラム
談笑亭日常 
高田文夫  
 コラム
今月もちょっとおいしい話 
重金敦之  
 コラム
思い出の映画 
奥田鉄人  
 コラム
TOP SECRET 
梶よう子  
 コラム
bookmark 
佐藤和歌子  
 コラム
サブカルフロントライン 
タナダユキ  
 
ショート・ショート・コンテスト発表 
阿刀田高[選}  
 
第5回小説現代長編新人賞募集 
   
 
第56回江戸川乱歩賞募集 
   
 
今月登場 
   
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
   
ひとことコメント
コメント: