TOP

趣味は「読書」

小説現代 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代
小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

amazonで購入

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 2009年 05月号 [雑誌]
発売日:2009-04-22
価格:¥ 940
amazonで詳細を見る
 オフィス小説特集
膨張前夜 
バブル景気に沸く直前 銀行業務のあり方は岐路に立っていた
真山仁  
 
サブマリンBB+の挑戦 
マネーの海に潜航する「潜水艦」リーマンショックに翻弄される銀行の投資チームの再生とは
川端裕人  
 
マクベス書房の秋 
希望にもえて入った会社だが日々の業務はまさに詐欺そのものだった
藤原智美  
 好評シリーズ
清掃屋の社長 
母親のことを知ろうと,弁護士を訪ねるが,肝心なことがわからない,弘毅は地元の刑事・加賀の顔を思い浮かべる
東野圭吾  
 
物書同心居眠り紋蔵 魔物が棲む町 
地代を納めぬ門前町の住人に手を焼く新任住職 奉行所に訴え出たはいいが・・・
佐藤雅美  
 
磯の鮑 
間島信之輔は焦れていた,史乃の失踪からひと月がたとうというのに,手がかりが見つからない
宮部みゆき  
 
伽羅奢ーいと女覚え書ー 
天下の逆臣,明智光秀が娘,ガラシャ・デウスに殉ずる無垢なる魂が求めた相手は・・・・
葉室麟  
 
貝の音 
子供の頃はちょっと邪魔だった「ちい兄」-今,幼かった自分が恥ずかしい.
椰月美智子  
 
アジア未知動物紀行 奄美の妖怪「ケンモン」 
後編 追えば追うほどその姿を変えていく謎の妖怪,巨大火の玉から.ついにUFOまで飛び出して・・・
高野秀行  
 元勤め人作家対談
私たちも会社員でした 
朝から夜中まで働いた会社員時代から専業作家生活まで.人気作家二人が語りつくす!
恩田陸 
垣根涼介 
 
 怪人海仁が行く日本全国面白博物館発掘行脚
第2回「博物館 網走監獄」 
流氷接岸する極寒の網走で,監獄食に舌鼓を打ち,脱獄王の足跡を追う!
齋藤海仁  
 連載小説
重蔵始末<蝦夷篇> 
北門の狼  最終回
逢坂剛  
 連載小説
ボクのおじさん 
伊集院静  
 連載小説
現代語訳 信長私記 
花村萬月  
 連載小説
八月の犬は二度吠える 
鴻上尚史  
 連載小説
砂の王国 
荻原浩  
 連載小説
月と詐欺師 
赤井三尋  
 連載小説
浪速の夢の繁盛記 
ごっつい奴
江上剛  
 連載小説
魔法使いの弟子たち 
井上夢人  
 連載小説
冥の水底 
朱川湊人  
 連載小説
電気工事うけたまわります 
山本幸久  
 連載小説
砂漠の悪魔 
近藤史恵  
 連載小説
大江戸釣客伝 
夢枕獏  
 連載小説
天海譚 戦川中島異聞 
天佑,我にあり
海道龍一朗  
 連載小説
風のマジム 
原田マハ  
 連載小説
新・花と蛇 
神崎京介  
 連載小説
舟徳閻魔帳 
女断ち 前編
山本一力  
 連載小説
お狂言師歌吉うきよ暦  火花 
杉本章子  
 連載小説
西伊豆変死事件 
西村京太郎  
 連載小説
三姉妹と忘れじの面影 
赤川次郎  
 グラビア
私の会社員時代 
逢坂剛,宮城谷昌光,北原亞以子,楡周平,諸田玲子,今野敏,山本一力
   
 本年度 吉川英治文学賞・文学新人賞・文化賞発表
  
   
 第四回小説現代長編新人賞一次・二次選考通過者発表
  
   
 新刊小説 Review & Interview
物語を探しに 
『夏の水の半魚人』前田司郎
榎本正樹  
 連載マンガ
先生!! 原稿下さい 
中島守男  
 好評連載エッセイ
酒中日記 
坪内祐三  
 好評連載エッセイ
今回もまたPです 
丸谷才一  
 好評連載エッセイ
続・作家の値段 
出久根達郎  
 好評連載エッセイ
物語日本推理小説史 
郷原宏  
 好評連載エッセイ
ふふふ 
井上ひさし  
 好評連載エッセイ
季語の引力 
櫂未知子  
 好評連載エッセイ
翻訳文学 課外授業 
新元良一  
 コラム
談笑亭日常 
高田文夫  
 コラム
今月もちょっとおいしい話 
重金敦之  
 コラム
思い出の映画 
斎樹真琴  
 コラム
TOP SECRET 
ハセベバクシンオー  
 コラム
bookmark 
中村弦  
 コラム
サブカルフロントライン 
福田和代  
 
ショート・ショート・コンテスト発表 
阿刀田高[選}  
 
第5回小説現代長編新人賞募集 
   
 
第56回江戸川乱歩賞募集 
   
 
今月登場 
   
 
「小説現代」 年間定期購読のご案内 
   
ひとことコメント
コメント: