TOP

趣味は「読書」

オール読物  2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール読物  2月号
 
わが来し方の記 
春よ来い 早く来い
平岩弓枝 P125
特集 「将棋」を読む
 スペシャル対談
黒川博行×柚月裕子 勝負師たちの意外な素顔 
人気作家二人が有名棋士たちの知られざるエピソードを語り合う!
黒川博行 柚月裕子P82
特集 「将棋」を読む  盤上の熱戦が誌上でも!
 特別書き下ろし小説
菊池寛の将棋小説 中野のお父さん 
先崎学九段と室谷女流三段が江戸時代の棋譜の謎を解く⁉
北村薫 P42
 特別書き下ろし小説
投了図 
注目のタイトル棋戦会場に「ウイルスを集めるな」の張り紙が
芦沢央 P64
 特別書き下ろし小説
一歩千金 
大人相手に連戦連勝。川崎の神童はプロ棋士になれるのか?
平岡陽明 P94
 日本将棋連盟会長インタビュー
佐藤康光 
藤井聡太ら“四強”がリードする時代
  P78
 競作エッセイ
わたしの偏愛棋士 
豊島将之竜王・叡王
綾辻行人 P111
 競作エッセイ
わたしの偏愛棋士 
木村一基九段
貴志祐介 P111
 競作エッセイ
わたしの偏愛棋士 
久保利明九段
塩田武士 P111
 競作エッセイ
わたしの偏愛棋士 
真剣師・小池重明
竹本健治 P111
 競作エッセイ
わたしの偏愛棋士 
西山朋佳女流三冠
綾崎隼 P111
 グラビア
作家と棋士 
大山康晴から升田幸三、羽生善治らと小説家の秘蔵写真公開
逢坂剛  
 
必読! 将棋本十選 
西上心太 P90
 
ちょっといい話 
志ん生の真剣勝負
矢野誠一 P63
傑作 時代小説
 待望の人気シリーズが3年ぶりに再開!
起請文 損料屋喜八郎 
一目ぼれした相手が女郎だったことで、親友二人は仲違いを
山本一力 P390
 
刈安(かりやす)と鬱金(うこん) 江戸彩り草紙 
呉服の色見立てを始めたお彩は想定外の依頼を受けることに
坂井希久子 P190
 
八島(やしま)の亡霊 播磨国妖綺譚 
海人たちを怯えさせる、冬の沖に現れる鎧姿の武者の正体とは
上田早夕里 P208
連載&エッセイ
 新連載
フェルメールとオランダ黄金時代 
「風景画I」
中野京子 P185
 
スマホになじんでおりません 
群ようこ P319
 
ブックトーク 
麻生幾 P267
 
ブックトーク 
折原一 P41
 
ブックトーク 
新川帆立 P303
 
ブックトーク 
砂原浩太朗 P335
 
妙齢おねいさん道 
まさかの不時着
伊藤理佐 P132
大好評連載小説
 
極楽征夷大将軍 
垣根涼介 P336
 
墜落 
真山仁 P324
 
ロータスコンフィデンシャル 
今野敏 P354
 
魔女の後悔 
大沢在昌 P312
 
延焼 
最終回
堂場瞬一 P366
短編世界の愉楽
 冬の特選ミステリー 一挙90枚読切!
ねむけ 
強盗事件の被疑者が起こした交通事故。葛警部補の推理が光る
米澤穂信 P158
 冬の特選ミステリー
うまいダッツ 
うまい棒一本で世界の秘密がわかるらしい⁉ーー噂の真相とは
坂木司 P136
 冬の特選ミステリー
風を除ける 
沖縄タウンで語られる、災厄が近づいてきたときに鳴る鈴
恩田陸 P118
 冬の特選ミステリー
死を運ぶサンタクロース 
日常に疲れた主婦が、歳末くじの景品で手にした物は何と・・・・
赤川次郎 P288
 冬の特選ミステリー
巣鴨トリプルワーカー(前編)   IWGP17 
収入減で配達の仕事を掛け持ちする男に理不尽な嫌がらせが
石田衣良 P304
 珠玉の現代小説
真夜中のアボカド 
コロナ禍を鬱々と過ごすOLは、婚活アプリで出会った恋人と
窪美澄 P22
 珠玉の現代小説
その先にある場所 
進学するべきか将来に悩む沙羅が、古書店で見つけたものとは
中江有里 P268
新春特別対談
 
山田詠美X内田春菊  「短編には大切なものが詰まっている」 
デビュー当時の思い出や創作秘話、新刊コミック『タイニーストーリーズ』のこと・・・・
山田詠美 内田春菊P227
 
漫画 「モンブラン、ブルーブラック」収録 
  P234
 
緻密流将棋日記 
佐藤康光 P386
 
短歌の部屋 
東直子 P388
 
オール讀物新人賞募集 
  P385
 
バックナンバー 
  P410
 
オール談話室 
  P419
 
おしまいのページで 
漢字分解
阿刀田高 P420

ひとことコメント

コメント: