TOP

趣味は「読書」

オール読物12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物
オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

amazonで購入

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール讀物 2017年 12 月号
発売日:2017-11-22
価格:
amazonで詳細を見る
第7回 本屋が選ぶ時代小説大賞 決定発表
 
第7回 本屋が選ぶ時代小説大賞 決定発表 
『会津執権の栄誉』 佐藤巖太郎
  P206
 
第7回 本屋が選ぶ時代小説大賞 決定発表 
出席者 内田俊明(八重洲BC)/田口幹人(さわや書店)/中野 誠(旭屋書店)/母袋幸代(三省堂書店)/昼間 匠(リブロ)
  P206
 
グラビア 受賞者は語る 
故郷を知って欲しかった
佐藤巖太郎  
 
時代小説、これが今年の収穫だ! 
縄田一男 P216
 
時代小説、これが今年の収穫だ! 
末國善己 P219
時代小説 大豊作
 
まんまこと 麻之助が捕まった 
やむを得ぬ事情で手放した息子と再会を果たしたはずだったが
畠中恵 P40
 
朝顔同心 中根興三郎 善の糸車 
長屋の住人の世話にいそしむ女に、感心しきりの興三郎だが
梶よう子 P224
 
潮待ちの宿 迎え船 
真夜中に突然訪れた客は、戦に敗れた長州藩士であった――
伊東潤 P260
 
新選組残月伝 最後の仲裁 
新八が語る、山南敬助と井上源三郎の関係は意外なものだった
小松エメル P240
 
幻の船 
信長の命で船を普請する九鬼は、秀吉の方策に反発するが――
木下昌輝 P94
 新シリーズ
剣樹抄 深川の鬼河童 
明暦の大火で荒廃する江戸を取り締る孤児たちの隠密「拾人衆」
冲方丁 P66
朝ドラ女優の初小説
 
誕生日の雨傘 
思春期の少女たちの想いが交錯する――
(「まれ」のパティシエ役)柊子 P324
二大連載スタート
 本誌初登場
笑うマトリョーシカ 
生き馬の目を抜く政治の世界に身を投じた男たちが見た夢とは
早見和真 P152
 
海鳥のいた夏 
五十を過ぎて、新聞社の地方支局へ志願した同期の突然の訃報
堂場瞬一 P132
謎が謎を呼ぶ
 IWGPシリーズ14〈中編〉
鏡のむこうのストラングラー 
出会いカフェで働くゴシック少女の協力でマコトが犯人に迫る
石田衣良 P382
 
スタート・ライン 
注目の長距離走選手と女優の醜聞を流した犯人はまさかあの人!?
大崎梢 P168
 静おばあちゃんと要介護探偵
菅田荘の怪事件 
CO中毒で死んだ静の同級生。事故か他殺か? それとも自殺?
中山七里 P296
 ショートショート競作
静寂の道 
太田忠司&田丸雅智
  P285
 名優 男×女
野村萬斎×麻実れい 
美と品格を求めて
  P341
『U(ウー)』刊行記念
 幻想小説の女王
皆川博子と作家三人の往復書簡 
綾辻行人 須賀しのぶ 恩田 陸
  P350
 戦後時代作家論
隆慶一郎の超克 
縄田一男 P360
連載小説堂々の完結
 
六月の雪 
台湾の旅を祖母に報告したのも束の間、未來に衝撃の報せが
乃南アサ P418
 
永遠の詩 
香月夕花 P394
連載&エッセイ
 
ムンカーチ「死刑囚の監房」 
中野京子 P191
 
若者ファッション センス・オブ・シェイム─恥の感覚─ 
酒井順子 P375
 
二泊三日の温泉三昧 
山崎まゆみ P410
 
作家の本棚 
門井慶喜 P412
 
ブックトーク 
安部龍太郎 P65
 
ブックトーク 
中村航 P151
 
ブックトーク 
水生大海 P223
 
ブックトーク 
唯川恵 P93
 
男の分別学 
何でも面白がってやろう
東海林さだお P196
 
妙齢おねいさん道 
いきものの気持ち
伊藤理佐 P202
グラビア
 
惜別の作家たち2017 
   
特集 私たちの「鬼平犯科帳」誕生50年
 
山本一力×梶芽衣子 
『鬼平犯科帳』への感謝状
  P126
 『蘇える鬼平犯科帳』刊行記念[座談会]
池波正太郎のスゴさ 
梶よう子×門井慶喜×土橋章宏
  P115
 
池波時代劇に魅せられて 
勝野 洋
取材・構成春日太一 P122
 長谷川平蔵シリーズ最新作
旧恩 
可久が掏摸を見咎めた女は、仁兵衛の恩人だというが
逢坂剛 P22
 
緻密流将棋日記 
佐藤康光 P414
 
短歌 
武田弘之 P416
 
俳句 
高橋睦郎 P417
 
鉄道 
大倉乾吾 P407
 
ちょっといい話 
後藤正治 P39
 
オール讀物新人賞募集  
  P239
 
バックナンバー 
  P442
 
オール談話室 
  P451
 
〈おしまいのページで〉 
新聞小説の最終回
曽野綾子 P452

ひとことコメント

コメント: