TOP

趣味は「読書」

オール読物12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物
オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

amazonで購入

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール讀物 2015年 12 月号 [雑誌]
発売日:2015-11-21
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
巻頭グラビア 
 
惜別の作家たち2015 
阿川弘之  陳 舜臣  佐木隆三  赤瀬川隼  船戸与一 ほか
   
追悼 宇江佐真理
 
追悼 宇江佐真理 
佐々木譲 P449
 
追悼 宇江佐真理 
山本一力 P450
 
追悼 宇江佐真理 
諸田玲子 P451
 
追悼 宇江佐真理 
朱川湊人 P452
 
幻の声 
第75回オール讀物新人賞受賞作にして髪結い伊三次シリーズの第一話を再録
宇江佐真理 P456
 作品解説
温かな血の通う世界 
細谷正充 P454
時代小説に乾杯!
 新連載
悪左府の女 
権力者の頼長が目をつけたのは、婿取りもかなわぬ醜女だった
伊東潤 P106
 
連理 おこう紅日和 
息子の島抜けを聞いた老夫婦は、ある決意を秘めて墓参りに
高橋克彦 P70
 
塗り替えた器 
若い女子の髷を狙った珍事件が頻発。犯人の狙いはいったい?
松井今朝子 P42
 
昔の約束あり 
盛り場で喧伝された約束が、同心一家に波紋を呼び起こして
畠中恵 P138
 
狸寝入り 
三光の旦那と一緒になりたい母にお咲は依怙地になるばかりで
朝井まかて P238
本屋が選ぶ 時代小説大賞2015
 受賞作決定!
『もののふ莫迦』中路啓太 
  P84
 
出席者 
壹岐直也(丸善書店)  内田俊明(八重洲BC)   菊池壮一(リブロ)  中野 誠(旭屋書店)
  P84
 
受賞作家は語る 
生身の人間の葛藤や揺らぎを描く
中路啓太 P94
 
時代小説、これが今年の収穫だ! 
縄田一男 P101
 
時代小説、これが今年の収穫だ! 
末國善己 P101
 幕末剣豪列伝
中村先生と龍馬暗殺 
津本陽 P252
 
思い出の黒パン探し 姉・米原万里との懐かしい日々 
来年で没後十年。妹が綴る子供時代、プラハでの食べ物の記憶
井上ユリ P264
師走を忘れて読書を愉しむ
 
ブルー・ブルー・スカイ 
場末のグロサリーで大当たり。そこにはワケありの面々ばかり
浅田次郎 P22
 
ハルコ、相続について語る 
祖父の代からある家屋を、がめつい兄姉から守りたいんです!
林真理子 P128
 
西一番街ブラックバイト IWGP 
若者を自殺に追い込んだブラック企業。マコトが決着をつける
石田衣良 P176
 
スカラベ 
かつてカルト教団で修行した女性に、ある男が近づいてきて
田口ランディ P272
 
吸血鬼が狙っている 
首に二つ、小さな穴を開けて殺せ。風変わりな依頼の意図は?
石持浅海 P292
 
クラブ・サンセット 
戦後の混乱を逞しく生きるミコはナイトクラブの経営を始める
山口恵以子 P318
 
千夜と一夜の物語 最終回 
恐怖で人を支配し、殺害してきた“魔王”の正体が明らかに
仁木英之 P342
 
魔法使いと血文字の罠 
殺人で始まった新年。迫り来る人生の危機に怯える聡介だが
東川篤哉 P198
 好評連載
防諜捜査 
最終回 倉島危機一髪!
今野敏 P378
 好評連載
日傘を差す女 
伊集院静 P364
 好評連載
ポーラースター 
海堂尊 P390
 好評連載
壁の男 
貫井徳郎 P426
 好評連載
サロメ 
原田マハ P416
 
東急文化村を創った男 
画期的な複合文化施設はこうして誕生した
小林照幸 P306
連載&エッセイ
 
温泉のひみつ 
羽田圭介さんに湯に目覚めてもらう
山崎まゆみ P376
 
ちょっといい話 
高田実彦 P69
 
江戸春画考 
永井義男 P314
 
妙齢おねいさん道 
伊藤理佐 P172
ブックトーク
 
ブックトーク 
     
篠田節子 P83
 
ブックトーク 
堂場瞬一 P237
 
ブックトーク 
中脇初枝 P263
 
ブックトーク 
村木嵐 P105
 ラグビーW杯勝利に五輪パクリ騒動。今年話題の人物総登場!
南 伸坊 2015年 本年の本人たち 
五郎丸歩 佐野研二郎 ザハ・ハディド 又吉直樹 ほか
  P164
 
緻密流将棋日記 
佐藤康光 P444
 
短歌 
武田弘之 P446
 
俳句 
高橋睦郎 P447
 
鉄道 
大倉乾吾 P373
 
松本清張賞募集 
  P341
 
高校生直木賞参加校募集 
  P361
 
バックナンバー 
  P443
 
オール談話室 
  P482
 〈おしまいのページで〉   
私が最後に… 
曽野綾子 P484

ひとことコメント

コメント: