TOP

趣味は「読書」

オール読物 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物
オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

amazonで購入

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール讀物 2013年 03月号 [雑誌]
発売日:2013-02-22
価格:¥ 1,000
amazonで詳細を見る
第148回 直木賞決定発表
 
受賞記念対談 
「俗な欲望をさらけ出せ!」
渡辺淳一 
X朝井リョウ 
P70
 
自伝エッセイ  
ルーレットの目
朝井リョウ P62
 
朝井リョウ 「何者」(抄録) 
小説がそのまま現代批評になっていて、朝井君の視点の鋭さを感じたよ。
渡辺淳一 P36
 
選評 
浅田次郎 
X阿刀田高 
X伊集院静 
X北方謙三 
X桐野夏生 
X林真理子 
X宮城谷昌光 
X宮部みゆき 
X渡辺淳一 
P22
 
安部龍太郎 「等伯」(抄録) 
作家の読者に対する誠意と責任が結実しており、受賞作にふさわしい
浅田次郎 P80
 
自伝エッセイ  
道中四景
安部龍太郎 P106
 
受賞記念対談 
「日本」を知りたい
山本兼一 
X安部龍太郎 
P114
 
長谷川等伯と安部龍太郎  
島内景二 P125
 全国47都道府県
わが故郷の直木賞作家 
全176人の受賞者&候補者を網羅。 輩出人数トップ3は東京都、大阪府、福岡県。
川口則弘 P414
男と女、円熟の時代小説
 
天草の賦 
島原に到着した黒田藩主忠之。その前に現れた謎の女の正体は
葉室麟 P150
 
掴み損ねた五十両  
河童の六は、思いがけない儲け話に喜び勇んで下総に向かう
佐藤雅美 P166
 
泣き所 あくじゃれ瓢六 
仲間の仇を取るため、瓢六はある使命を帯びて牢屋へ入った
諸田玲子 P320
 
ときぐすり  
大切な身内を失った町の人々の前に現れた少年はやがて──
畠中恵 P454
 
迷子騒動  
お糸が家を出た。晴太郎は真意を確かめるため会いに行くが
田牧大和 P432
 
てんぷく 
藩主の甥に拾われた少年に、声を失ったはずの広國院が……
村木嵐 P478
 
人質  
男を馬の上に縛り付けて、条四郎は山道を黙々と歩いている
犬飼六岐 P352
 
平手政秀の証 
信長は長子ではなかった!? 織田家の跡目争いを巡る新解釈
加藤廣 P370
新選組 結成150年
 
この新選組小説がすごい! 
大矢博子 P308
 
必見! 新選組ドラマの企み 
春日太一 P300
 
市川團十郎こぼれ話 
関根徹 P314
短篇で読む、人間模様
 
夕立ち 
奈穂が経営する高原のカフェに、離婚調停中の夫が訪ねてきた
柴田よしき P228
 陰陽師
舟  
漁師が受けた不思議な依頼。毎夜舟で人を運べというのだが
夢枕獏 P520
 
勝ち投手 
元プロ選手で野球記者の誠は、ドラフト目玉の高校生を追うが
本城雅人 P252
 本誌初登場
小さい上司   
極端なケチで課のお荷物。トンデモ上司に新社会人もびっくり
塩田武士 P274
 
仲町のおぼろ月(前編) 
佃町の土地を下げ渡された堂島屋の目論見とはいったい?
山本一力 P186
 
日傘を差す女 
伊集院静 P498
 
三国志外伝 
宮城谷昌光 P344
 
今月の本人 
振分親方(元・高見盛)
南伸坊 P144
 
ちいさな城下町 
安西水丸 P222
 
新・紙ヒコーキ通信 
長部日出雄 P408
 
更年期肉体百科 
群ようこ P296
 
温泉のひみつ    
山崎まゆみ P514
 
ちょっといい話 
高田実彦 P405
 
偏愛読書館 
柴田祐規子 P406
 
コミックス 
伊藤理佐 P146
 
コミックス 
やくみつる P200
 
ブックトーク 
篠田節子 P165
 
ブックトーク 
ヒキタクニオ P221
 
ブックトーク 
門井慶喜 P369
 
ブックトーク 
乾ルカ P199
 
ブックトーク 
乃南アサ P185
男の分別学
 
ホームセンターで血が騒ぐ 
東海林さだお P132
新連載 
 
この人のいまの味 
デーブ・スペクター
平松洋子 P138
 
高知紀行エッセイ    
小説『夜の底は柔らかな幻』の舞台へ
恩田陸 P214
 フィクションとノンフィクションの狭間で
「ボクシングを見ること、すること、書くこと」 
スポーツはなぜかくも人を惹きつけるのか? その深淵に迫る
沢木耕太郎 
X角田光代 
P202
 緻密流将棋日記
将棋 
王将佐藤康光 P516
 
短歌 
武田弘之 P518
 
俳句 
高橋睦郎 P519
 
オール讀物新人賞募集 
  P35
 
バックナンバー 
  P497
 
鉄道 
大倉乾吾 P511
 
オール談話室  
  P530
 
おしまいのページで 
追悼・常盤新平
三好徹 P532
ひとことコメント
コメント: