TOP

趣味は「読書」

オール読物 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物
オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

amazonで購入

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール讀物 2016年 02 月号 [雑誌]
発売日:2016-01-22
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
 
初体験入院日記 
東海林さだお P148
没後二十年 司馬遼太郎再発見
 特別座談会
読んでも観ても面白い司馬遼太郎 
時代を超えて愛される小説、映像の魅力を語り尽くす!
和田竜 
杏 
春日太一 
P72
 
女性が愛する司馬作品 
「世に棲む日日」 旅する日日
花房観音 P82
 
女性が愛する司馬作品 
「外法仏」 女という存在への畏怖
澤田瞳子 P83
 
女性が愛する司馬作品 
「尻啖え孫市」 筋の通った漢に惚れて
柊子 P84
 
女性が愛する司馬作品 
「竜馬がゆく」 私の生き方を変えた言葉
酒井若菜 P86
 
女性が愛する司馬作品 
「二十一世紀に生きる君たちへ」 たのもしい人
近衛はな P87
 
女性が愛する司馬作品 
「項羽と劉邦」 男と女の情景の妙
タナダユキ P88
 
司馬遼太郎が愛した温泉をゆく 
山崎まゆみ P362
 〈偏愛読書館〉
司馬遼太郎の存在感 
小松エメル P376
 インタビュー
『竜馬がゆく』から始まった 
俳優生活六十年の節目に明かす自らの歩みと新作への挑戦──
北大路欣也 P90
時代小説、読み初め
 
春仕込み 損料屋喜八郎 
喜八郎を貶めようと鬼右衛門の悪巧みはいよいよ苛烈になり
山本一力 P50
 
あいやも半次郎 小説・長谷川平蔵 
押し込みを働こうと謀る盗人一味に平蔵の手先が潜り込むが
逢坂剛 P116
 
おりょう、龍馬なしでも 
龍馬の死後もおりょうは自らの道を歩み続ける。感動の最終回
門井慶喜 P160
 
三国志名臣列伝 後漢篇何進〈中〉 
皇帝の外戚として出世する何進。そんな中、黄巾の乱が起こる
宮城谷昌光 P184
 
去年今年(こぞことし) 新・御宿かわせみ 後編 
先日の客は、兄の偽者だ。妙な女が「かわせみ」へ押し掛けた
平岩弓枝 P440
 
悪左府の女 
伊東潤 P326
歴史大座談会
 信長、秀吉、家康に続く完結編
「幕末の英雄たちと明治維新」 
徳川政権の終焉と日本の大転換期をめぐって徹底討論
安部龍太郎 
伊東潤 
佐藤賢一 
葉室麟 
P192
 幕末剣豪列伝
清水宗治の子孫と山岡鉄舟 
津本陽 P212
 巻頭グラビア 
春風亭昇太師匠と巡る「真田の城」 
   
女流短篇の妙味
 
わが町の人びと2 
町外れのヤマダ商店。奇妙な唄を口ずさむ店主夫妻の正体は?
髙村薫 P38
 
ハルコ、いづみの背中を押す 
最後にあなたの相談に乗ってあげる。ついにいづみに幸せが!
林真理子 P96
 
カブとセロリの塩昆布サラダ 
手抜きで買ったデパ地下の総菜。食べた私は気付いてしまった
森絵都 P22
 
一隅の光  タンブス荘の人々 
書店の片隅に置かれている募金箱。使い道を決めるのは──
曽野綾子 P106
 好評連載
真知子の空 連載第二話 
小島慶子 P304
 好評連載
ポーラースター 
海堂尊 P382
 好評連載
日傘を差す女 
伊集院静 P408
 好評連載
壁の男 
貫井徳郎 P418
 好評連載
サロメ 
原田マハ P364
刑事の肖像
 
幽霊協奏曲 
コンサートが迫る中、天才ピアニストは身の危険を感じていた
赤川次郎 P224
 
逆転 
成り上がりを夢見る極道見習いが、組の分裂騒動に巻き込まれ
永瀬隼介 P258
 
今宵、刑事をナビゲート 
人気漫画家アシスタントの転落死。ネームの謎は見破られるか
青柳碧人 P238
トップアスリート誕生秘話
 
「愛情たっぷりの子育て論」  
スポーツ選手の親が実践する“自立”させるための方法とは
尾木直樹 
×杉山愛 
司会吉井妙子 
P354
連載&エッセイ
 
リーダーの愛読書 
(ホッピービバレッジ)
石渡美奈 P352
 
〈今月の本人〉 
吉川晃司
南伸坊 P154
 
ちょっといい話 
矢野誠一 P95
 
妙齢おねいさん道 
伊藤理佐 P156
 
江戸春画考 
永井義男 P378
 
ブックトーク 
あさのあつこ P147
 
ブックトーク 
中村彰彦 P191
 
新刊 『獅子吼(ししく)』著者インタビュー 
浅田次郎 P373
追悼
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
髙樹のぶ子 P293
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
白石一文 P294
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
中村彰彦 P296
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
村田喜代子 P298
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
遠藤展子 P299
 
杉本章子さんを悼む 
また一人、時代小説の華が消えた。凜として生きた故人を偲ぶ
宮部みゆき P301
 
野坂さんの流儀 
何とも言い難い関係の二人だった。今も記憶に残る神戸でのこと
佐藤愛子 P289
 
緻密流将棋日記 
佐藤康光 P436
 
短歌 
武田弘之 P438
 
俳句 
高橋睦郎 P439
 
オール讀物新人賞募集 
  P237
 
バックナンバー 
  P450
 
オール談話室 
  P451
 〈おしまいのページで〉   
田舎暮らし 
志水辰夫 P452

ひとことコメント

コメント: