TOP

趣味は「読書」

オール読物 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

オール讀物
オール讀物

毎月22日
(株)文藝春秋

文藝春秋|雑誌|オール讀物

amazonで購入

文学賞関連

オール讀物トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:オール讀物 2015年 09 月号 [雑誌]
発売日:2015-08-22
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
第153回 直木賞 決定発表!!
 
東山彰良『流(りゅう)(抄録)』 
  P36
 巻頭グラビア 
受賞のことば 
東山彰良 P23
 自伝エッセイ 
音楽が聴こえた日 
  P70
 
選評 
浅田次郎 P32
 
選評 
伊集院静 P24
 
選評 
暑さが、食物の匂いが、ドブの臭さが、街の埃っぽさが、行間から立ちのぼってくる。
北方謙三 P28
 
選評 
桐野夏生 P29
 
選評 
中国語圏の身体感覚と台湾の鮮烈な生活風景が目に浮かぶようで、小説を読む幸福を久々に味わった。
髙村薫 P25
 
選評 
林真理子 P23
 
選評 
東野圭吾 P27
 
選評 
宮城谷昌光 P31
 
選評 
活き活きとした表現力、力強い文章、骨太のストーリーテリング、〈人生・青春・家族の滑稽と悲惨〉を把握して全編に漂うユーモア、全てにおいて飛び抜けた傑作。
宮部みゆき P33
 
受賞記念対談 
殻を突き破って物語を書き続けたい
葉室麟 
X東山彰良 
P76
 
全作品解説 
多彩なる東山ワールド   
池上冬樹 P85
時代小説、残暑見舞い
 NHKドラマ化、シリーズ再開! 
わかれみち  
札差の娘と揉めて上方へ追いやられた男。その思わぬ反撃とは
畠中恵 P100
 
月盗人 陰陽師 
病に伏せった男を救うため女は満月の光を宿す夜露を集めるが
夢枕獏 P466
 
菊と秋刀魚 
次の奉公先は老老介抱をする姉妹。お咲は不穏な空気を感じた
朝井まかて P126
 
霧笛 新・御宿かわせみ 
新装したばかりの「かわせみ」に早速男女四人の客が訪れ……
平岩弓枝 P88
新連載
 
リーダーの愛読書 
(クレディセゾン社長)
林野宏 P292
連載&エッセイ
 
南伸坊〈今月の本人〉 
清宮幸太郎 P146
 
ちょっといい話 
高田実彦 P125
 
温泉のひみつ 
山崎まゆみ P376
 
妙齢おねいさん道 
伊藤理佐 P148
 
秘境漫遊記 
やくみつる P374
ブックトーク
 
ブックトーク 
安部龍太郎 P145
 
ブックトーク 
阿部智里 P373
 
ブックトーク 
木下昌輝 P353
 
ブックトーク 
誉田哲也 P225
連載&エッセイ
 
この人のいまの味 
最終回 渡部建(アンジャッシュ)
平松洋子 P226
人生の岐路に立って
 
うきよご〈後編〉 
姉や東郷さんとの交流が、私生児の和夫の心をほどいていく
浅田次郎 P232
 IWGP
西池袋整形シンジケート〈後編〉 
池袋に巣食う悪徳美容外科にキング・タカシも立ち上がる
石田衣良 P248
 
まことの花 
各々の道を進むトコとミコ。しかし戦争の影が二人に忍びよる
山口恵以子 P354
 
We are the Champions 
恋人を寝取られた十七歳のアタシ。裏切り者へ復讐を開始する
坂井希久子 P336
 
千夜と一夜の物語 
姉に見せられた女性遍歴が綴られたノートの持ち主は父だった
仁木英之 P388
 
優柔不断な依頼人 
IT企業社長の殺害依頼がなぜか、遂行直前で二度も中止に
石持浅海 P294
 本誌初登場
途切れ途切れの誘拐 
時代劇スターだった老探偵が身代金三億円の誘拐事件を解決!?
倉知淳 P310
 
日傘を差す女 
伊集院静 P378
 
ポーラースター 
海堂尊 P266
 
飛鳥II 着岸セズ 
西村京太郎 P434
 
壁の男 
貫井徳郎 P406
 
サロメ 
原田マハ P424
 
防諜捜査 
今野敏 P448
小特集 伝統に生きる
 
水調子 三筋の色糸 
四十半ば過ぎの芸者雛子が、ロックバンドの若者に恋をして
岩下尚史 P152
 
先代萩殺人事件 
歌舞伎の舞台本番、満員の客の前で子役の御曹司が意識不明に
須賀三郎 P206
 インタビュー 
中村吉右衛門 「芸を伝えていくこと」 
初代を偲ぶ秀山祭を前に、歌舞伎界の昔と今を語る
聞き手関根徹 P200
 
緻密流将棋日記 
佐藤康光 P462
 
短歌 
武田弘之 P464
 
俳句 
高橋睦郎 P465
 
松本清張賞募集 
  P35
 
バックナンバー 
  P481
 
オール談話室  
  P482
 〈おしまいのページで〉   
藤浪と清張と米原さん 
阿刀田高 P484
ひとことコメント
コメント: