TOP

趣味は「読書」

安藤礼二

あんどうれいじ

性別
男性
誕生日 >リスト
1967年
生誕地
日本 (東京都)

雑誌掲載記事(最新10件)

   >>安藤礼二雑誌掲載記事を詳しく見る
 
2022年1月
記事名
空海〔5〕 空海は華厳と、法蔵と、澄観とともに、あった。そこから空海の「空」をめぐる探求がはじまった。
 
2022年1月
記事名
論考 呪術の論理──「もの」に言葉を刻みつける
 
2021年11月
記事名
燃え上がる図書館──アーカイヴ論 第一回 四次元のモニュメント マルセル・デュシャンの「花嫁」
 
2021年10月
記事名
空海〔4〕 確固とした「私」も「世界」も崩れ去る場所ーー青年は「空」を目指す。
 
2021年7月
記事名
空海 第3回 なぜ空海は思索と実践の始まりの場を、「室戸」に据えたのだろうか。
 
2021年4月
記事名
空海 第2回 「空海」の裏には「仮名」が存在し、「仮名」の裏には「空海」が存在していた。
 
2021年3月
記事名
『それを小説と呼ぶ』刊行記念対談 批評のマテリアリズム   安藤礼二×佐々木敦 芸術の根源にある「表現のアトム」をめぐる対話。
 
雑誌名
2021年1月
記事名
新連載 空海 空海とは何者なのかーー日本思想史最大のオリジネーター・空海の思想に迫る。「批評」を拡張する巨弾連載開幕。
 
2020年12月
記事名
池澤夏樹『ワカタケル』
 
雑誌名
2020年9月
記事名
いしいしんじ「息のかたち」

受賞一覧

文学賞名 年度 回数 部門 受賞作品 文学賞かな 年度 受賞作品かな
伊藤整文学賞 2009年 20 回 (評論) いとうせいぶんがくしょう 2009年  
大江健三郎賞 2009年 3 回   光の曼荼羅 日本文学論 おおえけんざぶろうしょう 2009年 ひかりのまんだら にほんぶんがくろん
群像新人文学賞 2002年 45 回 (優秀賞) (評論部門) 神々の論争―折口信夫論 ぐんぞうしんじんぶんがくしょう 2002年  

Yahooの検索結果

  • 知恵袋

ひとことコメント

コメント: