矢野隆 雑誌掲載記事


・雑誌掲載記事
雑誌名 記事名
小説すばる 2023年12月 猪之嚙(いのがみ)  第 3回 20231201
小説すばる 2023年11月 猪之嚙(いのがみ)  第 2回 20231101
小説すばる 2023年10月 猪之嚙(いのがみ)  第1回 20231001
小説宝石 2023年9月 蒲生はいずこ  逃げ出した隼を巡り、右往左往する男たちの悲哀 20230901
小説すばる 2023年9月 作家の目  おいさ おいさ 20230901
小説宝石 2023年6月 おとなりさんちのかたきうち  寒い夜。土屋家の隣ではなにやら怪しい動きが…… 20230601
小説宝石 2022年10月 帰る人と迎える人の交錯風景 さいごのおねがい  老母のわがままな訴えに、天下人秀吉は…… 20221001
小説宝石 2022年6月 〈旅〉という名の非日常 旅は気疲れ 親泣かせ  俺ぁ一人で旅ん出る!飛び出してみたものの……? 20220601
小説現代 2022年2月 第七話 兄の涙と弟の泪(なみだ)  20220201
小説宝石 2022年2月 母でなし  憎らしい夫に瓜二つの政宗を、母・義姫は愛せない 20220201
小説宝石 2021年9月 コ、コワくないもん…… 心優しきホラーから痛い話まで 魂分かれ  ひとり、またひとり。観客席に“己”が増えていく 20210901
小説宝石 2021年5月 喰い祀り  飯喰い神事に代わりに出てくれ 20210501
小説宝石 2020年11月 滋味深く鮮烈。時代小説 忘れ亡者  殺されて、幽霊になった男の身の上話 20201101
小説宝石 2020年6月 すべての憂さを、活字で晴らそう 抜ける  島抜けをして生き延びた者はいないはずだった 20200601
小説新潮 2020年4月 耕書堂モンパルナス 大結 幾五郎が躍る  己のせいで人が死んだことに耐えられず出奔した鉄蔵の元に 20200401
小説宝石 2020年4月 濃姫、バサラ……歴史と戯れる たかが酒なれど  呑みたくて、でも呑めなくて 20200401
小説宝石 2019年12月 鰕が出るか蛇が出るか  小さな山間の漁師村。その、名前の由来 20191201
小説新潮 2019年10月 小説 耕書堂モンパルナス 其ノ漆 鉄蔵が失せる  己の絵のためと、首を括った女の死の理由を追う鉄蔵だが 20191001
小説宝石 2019年9月 余韻を味わう 時代・歴史小説 鴨  新選組の隊士に女を寝取られた男の気持ち 20190901
小説新潮 2019年7月 耕書堂モンパルナス 其ノ陸 歌麿が揺れる  自分を激烈に怒らせたものの正体を歌麿は探ろうとするが 20190701
小説新潮 2019年4月 耕書堂モンパルナス 其ノ伍 十郎兵衛が壊れる  能でも絵でも、ダメ出しをされ十郎兵衛は黙り込むばかり 20190401
小説宝石 2019年3月 ミステリー、歴史、人情、感動作…… 蛇神様のお宿  村の宝を息子が壊してしまい…… 20190301
青春と読書 2018年12月 花村萬月『花折』  20181201
小説すばる 2018年11月 至誠の輪廻  20181101
小説新潮 2018年10月 耕書堂モンパルナス 其ノ肆 蔦重が迷う  憎いのは御上の過度な倹約令。蔦重は河原崎座の頼みに 20181001
小説現代 2018年8月 黄泉路の村  官兵衛と佐吉。秀吉幕下のふたりが、「黄泉返りの村」の謎に迫る。 20180801
IN★POCKET 2018年8月 現当主x著者 小早川秀秋をめぐる往復書簡  20180801
オール讀物 2018年7月 真田信之・幸村 定めを背負いて  豪傑・三好為三入道は兄を思う幸村の気持ちをおもんぱかる 20180701
小説すばる 2018年7月 皇国の夕闇  20180701
小説宝石 2018年7月 時代・歴史短編 「渦中の人々」は何を想う? 秘事  領民を締め付けるばかりが武士ではない 20180701
小説宝石 2018年5月 エッセイ 地元と文化と山笠と  20180501
小説新潮 2018年4月 耕書堂モンパルナス 其ノ参 京伝が奮う  戯作者志望のこの男、商人としてもなかなかに使えるが 20180401
オール讀物 2018年1月 偏愛読書館 挫折と出会いと京極堂  20180101
小説現代 2018年1月 私をつくった 時代小説ベスト3  当代きっての書き手たち、そのルーツがここにある。定番から知られざる名作まで、心震わす逸品が勢ぞろい! 20180101
小説宝石 2018年1月 蓮崇  儂は仏を見たことがない。御主はあるか 20180101
小説すばる 2017年12月 淑女の本懐  20171201
小説新潮 2017年10月 耕書堂モンパルナス 其ノ弐 琑吉が迷う  書きたい物が書けない鬱屈で、己がどんどん捻じ曲がり 20171001
小説現代 2017年9月 『決戦!賤ヶ岳』七本槍ドラフト軍議  前代未聞!? 執筆する武将を作家がドラフト!気鋭の若手七人による、下剋上な座談会。 20170901
小説新潮 2017年7月 いずれ劣らぬ実力派が技を競い合う六編。読み応え保証付き! 耕書堂モンパルナス 其ノ壱 幾五郎が出逢う  江戸で戯作者になるはずだったのに、なぜか人探しをするはめに 20170701
小説すばる 2017年7月 愚民の自由  20170701
小説宝石 2017年6月 エッセイ 山笠があるけん博多たい  20170601
小説すばる 2017年4月 富者の懊悩  20170401
小説すばる 2016年12月 闇夜の盛衰  20161201
小説すばる 2016年11月 『日蝕えつきる』刊行記念 花村萬月X矢野隆  残虐性や不条理と向き合うことで、見えてくる「生」 20161101
小説宝石 2016年9月 山よ奔れ  最終回 20160901
小説すばる 2016年9月 残党の変節  20160901
小説宝石 2016年8月 山よ奔れ  20160801
小説宝石 2016年7月 山よ奔れ  20160701
小説宝石 2016年6月 山よ奔れ  20160601
小説宝石 2016年5月 山よ奔れ  20160501
小説宝石 2016年4月 山よ奔れ  20160401
小説宝石 2016年3月 山よ奔れ  20160301
小説宝石 2016年2月 山よ奔れ  20160201
小説宝石 2016年1月 山よ奔れ  20160101
小説宝石 2015年12月 山よ奔れ  20151201
小説宝石 2015年11月 山よ奔れ  20151101
小説現代 2015年10月 自分を歴史小説に駆り立てる何か  方や、室町文化。方や、小早川秀秋。奇しくも同日に新作を上梓する二人が、歴史小説と向き合う「魂」を語り合った。 20151001
小説宝石 2015年10月 待望の新連載! 山よ奔(はし)れ  博多の“のぼせもん”たちは、今日のために生きとる 20151001
小説すばる 2015年5月 至誠の残滓  20150501
小説宝石 2015年3月 エッセイ キャラ立ちしている男たち  20150301
小説現代 2014年12月 我が名は秀秋〈後篇〉  20141201
小説現代 2014年11月 我が名は秀秋〈前篇〉  愚者として歴史の闇に葬られた小早川秀秋。いま、その闇に光が当たる。著者渾身作前篇一挙250枚! 20141101
小説すばる 2014年10月 みんなが夢中だった90年代のゲームを、いま振り返る!  エッセイ「私がハマった90年代ゲーム」 20141001
小説宝石 2014年5月 覇王の贄(にえ)  明智光秀は、本能寺で誰を殺そうとしたのか 20140501
小説宝石 2014年3月 覇王の贄(にえ)  正々堂々と勝負をするから負けるのです 20140301
読楽 2014年3月 弁天白浪  酷使された身体は限界を越えていた。だが弁天は走る、命尽きるまで。怨敵・名無との最終決戦。極限の戦い。 20140301
読楽 2014年2月 弁天白浪  20140201
小説宝石 2014年1月 覇王の贄(にえ)  20140101
読楽 2014年1月 弁天白浪  20140101
小説すばる 2013年12月 わたしの逃避術  20131201
読楽 2013年12月 弁天白浪  20131201
小説宝石 2013年11月 覇王の贄(にえ)  暴は武によって殲滅される運命なのだ 20131101
読楽 2013年11月 弁天白浪  四十はいる。斬れるか?刀に問うように十三郎は柄に触れた 20131101
読楽 2013年10月 弁天白浪  姉と慕う女の裏切り。背後で操っていたのは謎の人物〝名無〟 20131001
小説宝石 2013年9月 覇王の贄  人には覆すことのできない格がある 20130901
読楽 2013年9月 弁天白浪  侍殺しの濡れ衣。黒幕は誰だ。罠と承知でお財のあとを尾ける 20130901
読楽 2013年8月 弁天白浪  攫うのは簡単だ。問題はどこでやるか。ともかく人波に隠れた 20130801
ポンツーン 2013年8月 忘れられないメロディー  音楽音痴が音楽を聴く理由 20130801
読楽 2013年7月 弁天白浪  抜刀し腰を落とす。相手を誘う八双の構え。静寂が二人を包む 20130701
小説現代 2013年6月 乱  最終回 20130601
読楽 2013年6月 弁天白浪  三年ぶりの再会。変わらぬ美貌。まだ盗みで暮らしているという 20130601
小説現代 2013年5月 乱  20130501
読楽 2013年5月 時代小説 弁天白浪  男たちは娘を舐めるように見る。嫌な雲行きだ。刀を手に取る 20130501
小説現代 2013年4月 乱  20130401
読楽 2013年4月 新連載 弁天白浪  死と隣り合わせ。凄まじい緊張だ。だから盗みはやめられねえ 20130401
小説現代 2013年3月 乱  20130301
小説現代 2013年2月 乱  20130201
小説宝石 2013年2月 新・連作時代小説 覇王の贄(にえ)  一対一での勝負で此奴を殺せる者を連れて来い 20130201
小説新潮 2013年1月 凛と十三郎  藤兵衛を助けるべく孤独な闘いに挑む凛。そのとき十三郎は 20130101
小説現代 2013年1月 乱  20130101
ポンツーン 2013年1月 好評連載 退魔士  最終回  額から血が噴き出している。葛城もここで終わりか? 20130101
小説現代 2012年12月 乱  生きるために、力がほしいーー神の子と騒がれる四郎は、天草の村に囚われた野生児と出逢った。 20121201
小説すばる 2012年12月 a day in my life  20121201
ポンツーン 2012年12月 好評連載 退魔士  第 9回  味方であったはずの軍茶利に刃を向けられた葛城は・・・・。 20121201
2012年11月 中央集権と戦った武将   20121101
ポンツーン 2012年11月 好評連載 退魔士  第 8回 死んだはずの久秀がよみがえり、葛城たちを執拗に襲う。 20121101
小説新潮 2012年10月 出会いと別れ  行方不明の藤兵衛を探し回る凛に、十三郎の苛立ちは募るばかり 20121001
ポンツーン 2012年10月 好評連載 退魔士  第 7回 鎧武者の正体は、探し続けていた恩人の不動だった。 20121001
ポンツーン 2012年9月 好評連載 退魔士  第 6回 葛城は探し求めた不動についに出会うが……。 20120901
ポンツーン 2012年8月 好評連載 退魔士  第 5回 松永久秀の夜襲に乗じて東大寺に潜入した葛城は・・・。 20120801
小説新潮 2012年7月 老人と罪  奴は何者だ? 追い出したい一心で尾行を始めた藤兵衛だったが 20120701
ポンツーン 2012年7月 好評連載 退魔士  第 4回 不動の行方を追い松永久秀がいる多門城に入った葛城。 20120701
ポンツーン 2012年6月 好評連載 退魔士  第 3回 敵の前に屈しそうになった葛城。窮地を救ったのは・・・・。 20120601
ポンツーン 2012年5月 好評連載 退魔士  第 2回 不動を探し奈良の街にやってきた葛城と凡舜が見たものは。 20120501
ポンツーン 2012年4月 新たなヒーローは口は悪いが滅法強い大男! 退魔士  真言密教の総本山・高野山明王院に属する葛城は、魔性の物を封じ込める退魔士。過去の記憶を胸に戦うが・・・。 20120401
小説新潮 2012年3月 春や春、春爛漫の江戸の色 莫迦と鋏  女にたかり生きてきた十三郎。でも凛に対してはちょっと勝手が違って…… 20120301
小説現代 2012年3月 優しき豪槍  最終回 20120301
小説宝石 2012年3月 エッセイ 闘うという覚悟  20120301
小説現代 2012年2月 優しき豪槍  20120201
小説現代 2012年1月 100枚 優しき豪槍  自らの城を棄て天草の地に生きる客将。しかし関白秀吉の動乱に巻き込まれ。 20120101
小説宝石 2011年11月 野獣達の宴  闘ってるのは奴等だけじゃねぇ 20111101
小説新潮 2011年10月 渋柿の照りてお江戸の暮れを知る 凛と咲く  襲い来る謎の男たち。麗しき芸姑には人に言えない秘密があった 20111001
小説すばる 2011年10月 孤狼城  最終回 20111001
小説すばる 2011年9月 孤狼城  第10回 20110901
小説宝石 2011年8月 怨恨の行方  俺がこんな日々を送っているのは、全部奴のせいだ 20110801
小説すばる 2011年8月 孤狼城  第 9回 20110801
小説すばる 2011年7月 孤狼城  第 8回 20110701
小説すばる 2011年6月 孤狼城  第 7回 20110601
小説宝石 2011年5月 愚恋(ぐれん)の焔(ほのお)  番頭に女房を寝取られた主人の怒り 20110501
小説すばる 2011年5月 孤狼城  第 6回 20110501
小説すばる 2011年4月 孤狼城  第 5回 20110401
小説すばる 2011年3月 孤狼城  第 4回 20110301
小説すばる 2011年2月 孤狼城  第3回 20110201
小説宝石 2011年1月 密林の盗人  奪われたら奪う側に回れ! 緊迫の死闘!! 20110101
問題小説 2011年1月 兇  最終回 20110101
小説すばる 2011年1月 孤狼城  第2回 20110101
問題小説 2010年12月 兇  20101201
小説すばる 2010年12月 波乱万丈!大興奮の新連載! 孤狼城  難攻不落をうたわれた小田原城。蟻一匹入り込む隙間もない中、無謀な企みに挑む者たちがいた。 20101201
問題小説 2010年11月 兇  20101101
問題小説 2010年10月 兇  20101001
問題小説 2010年9月 兇  20100901
青春と読書 2010年8月 ぼくらはいつも、テンポのいいアクションを追い求めている  20100801
問題小説 2010年8月 兇  20100801
問題小説 2010年7月 兇  20100701
小説宝石 2010年6月 牢獄の夜  一対一。素手。牢内の凄まじい闘い 20100601
問題小説 2010年6月 兇  20100601
問題小説 2010年5月 兇  20100501
問題小説 2010年4月 兇  20100401
問題小説 2010年3月 兇  20100301
青春と読書 2010年2月 すばる文学賞・小説すばる 新人賞 エッセイ 変わらないモノ  20100201
問題小説 2010年2月 剣戟ニューウェーブ  兇  幕末の京都、闇の中で水上守弥の首筋を狙って閃光が走った。第二撃が足を襲う 20100201
小説すばる 2009年12月 「小説すばる」新人賞 受賞作家,競演!! 第21回受賞 黄泉返りの果て  捜し求めていた鉄の大門に、たどり着いた。その先にあったのは、断崖に囲まれた奇妙な集落だった。 20091201
小説すばる 2009年12月 巻末エッセイ カーテンコール  20091201
小説新潮 2009年11月 特集:【没後二十年】隆慶一郎の道々【エッセイ】 私の偏愛! 隆慶一郎「この三冊」  時代を越えて、何故こんなにも人を惹きつけてやまないのか。新進気鋭の作家たちが夢中になった隆作品はこれだ! 20091101
小説すばる 2009年10月 〈世は移ろえど、人は… 時代小説短編2本〉 黒鉄の大門  数々の試練を乗り越えた。今度こそめざす門があるはずだ。だが、進んだ先に待ち受けていたのは断崖絶壁だった。 20091001
小説すばる 2009年8月 もっと時代小説! たっぷり歴史小説! 蛮勇の砦  幾多の試練をくぐり抜けて。たどりついた大きな砦。手前に鉄の門がある。はたして、ここが終着点なのだろうか? 20090801
小説すばる 2009年6月 小すば新人賞作家が描く、時代のロマン 見えずの童  20090601
小説すばる 2009年4月 小すば新人賞作家、活躍中! 企みの森  20090401
青春と読書 2009年2月 おもしろくて、恰好いい活劇を!  20090201
小説すばる 2009年2月 小説すばる新人賞受賞第一作! 拒みの里  この山のどこかにある.鉄の大門の先には財宝があるらしい.考えるよりまず行動する蜘蛛助に連れられ。山に来た兵庫の目にしたものはー. 20090201
青春と読書 2009年1月 小説すばる新人賞受賞記念エッセイ 昨日までとこれからと  20090101
・矢野隆の小説で関連するインタビュー・書評・レビューの記事(参考)
雑誌名 記事名
青春と読書 2022年5月 矢野 隆『琉球建国記』  20220501
小説現代 2021年12月 書評現代  時代小説 20211201
小説宝石 2021年10月 新刊ブックガイド  20211001
2021年1月 嫉妬する天才たち  20210101
小説すばる 2019年10月 矢野 隆『至誠の残滓』  20191001
青春と読書 2019年9月 矢野 隆『至誠の残滓』  20190901
本の旅人 2018年8月 矢野隆『大ぼら吹きの城』  20180801
小説宝石 2018年5月 エッセイ 地元と文化と山笠と  20180501
小説宝石 2017年6月 エッセイ 山笠があるけん博多たい  20170601
2016年2月 斬と裂き、凜と咲く  20160201
小説宝石 2015年4月 エッセイ これからも、マイペース、マイテンポで!  20150401
小説宝石 2015年3月 エッセイ キャラ立ちしている男たち  20150301
小説すばる 2014年4月 新刊レビュー  20140401
ポンツーン 2014年3月 担当編集者のここを読んでほしい!  『退魔士』(矢野隆・著) 20140301
小説すばる 2013年8月 新刊レビュー  20130801
2013年6月 読め、しかして刮目せよ!  20130601
青春と読書 2012年6月 矢野 隆『斗棋』  20120601
小説すばる 2012年6月 新刊レビュー  20120601
小説宝石 2012年3月 エッセイ 闘うという覚悟  20120301
青春と読書 2011年9月 矢野隆『鉄拳 the dark history of mishima』  20110901
小説すばる 2010年8月 新刊レビュー  20100801
小説すばる 2009年3月 新刊レビュー    20090301
文蔵 2009年3月 [話題の著者に聞く] 矢野 隆『蛇衆』  『蛇衆』~「義」や「仁」を心に抱く人々を描きたい~ 20090301
本の雑誌 2009年3月 新刊めったくたガイド 時代小説界の新星矢野隆『蛇衆』に注目!  20090301
小説すばる 2009年2月 小説すばる新人賞受賞作を読む! 「蛇衆」矢野隆  20090201