伊藤比呂美 雑誌掲載記事


・雑誌掲載記事
雑誌名 記事名
小説宝石 2024年3月 特別寄稿 野犬の仔犬チトー〈番外編〉  20240301
小説宝石 2023年7月 野犬の仔犬チトー  最終回 20230701
群像 2023年6月 流れ流れていきつく先は  20230601
小説宝石 2023年6月 野犬の仔犬チトー  20230601
小説宝石 2023年4月 野犬の仔犬チトー  20230401
小説宝石 2023年2月 野犬の仔犬チトー  20230201
小説宝石 2022年12月 野犬の仔犬チトー  20221201
小説宝石 2022年11月 野犬の仔犬チトー  20221101
小説宝石 2022年10月 野犬の仔犬チトー  20221001
小説宝石 2022年6月 野犬の仔犬チトー  20220601
群像 2022年5月 愛について  この頃、わたしの周囲で人が死ぬのだ。彼女とわたしの対話は思わぬ方向へ向かう。詩人による哲学随想。 20220501
小説宝石 2022年5月 好評連載 野犬の仔犬チトー  20220501
小説宝石 2022年4月 野犬の仔犬チトー  20220401
小説宝石 2022年3月 野犬の仔犬チトー  20220301
文藝 2022年2月 対談 伊藤比呂美×金原ひとみ  母は娘を救えない 20220201
小説宝石 2022年2月 野犬の仔犬チトー  20220201
群像 2022年1月 寂聴回向文  20220101
文學界 2021年12月 平松洋子『父のビスコ』  20211201
小説宝石 2021年12月 野犬の仔犬チトー  20211201
小説宝石 2021年11月 野犬の仔犬チトー  20211101
小説宝石 2021年10月 野犬の仔犬チトー  20211001
小説宝石 2021年9月 野犬の仔犬チトー  20210901
小説宝石 2021年7月 保護犬飼育日記  「野犬の仔犬チトー」 20210701
文藝春秋 2021年3月 詩  20210301
文學界 2021年3月 高橋睦郎『深きより 二十七の聲』  20210301
文學界 2020年12月 伊藤比呂美×町田康 古典翻訳と創作のはざまで  翻訳をめぐる議論を通じて鮮明になった、書くことへの考え方の違いとは? 20201201
2020年8月 対談 伊藤比呂美×ブレイディみかこ  人生相談『道行きや』篇 20200801
文藝春秋 2020年8月 帰るとこがない  20200801
文學界 2020年5月 多和田葉子×伊藤比呂美×リヴィア・モネ  世界文学としての石牟礼道子 20200501
文學界 2020年4月 伊藤比呂美×町田康  「全力の俺」の魅力──中原中也と太宰治 20200401
群像 2020年3月 寂聴サミット  「いま、瀬戸内寂聴の文学に立ち向かう」 20200301
文學界 2019年12月 対談 伊藤比呂美×町田康  突き詰める現代詩、触発される歌詞 20191201
2019年11月 URASHIMA  最終回 20191101
2019年10月 URASHIMA  第17回 20191001
2019年9月 URASHIMA  第16回 20190901
2019年8月 URASHIMA  第15回 20190801
2019年7月 URASHIMA  第14回 20190701
2019年6月 URASHIMA  第13回 20190601
2019年5月 URASHIMA  第12回 20190501
2019年4月 URASHIMA  第11回 20190401
2019年3月 URASHIMA  第10回 20190301
2019年2月 URASHIMA  第 9回 20190201
文學界 2019年2月 伊藤比呂美×高橋睦郎×三浦しをん  没後一年 いま石牟礼道子をよむ 20190201
2019年1月 URASHIMA  第8回 20190101
2018年12月 URASHIMA  第7回 20181201
群像 2018年11月 KY園芸百科  20181101
2018年11月 URASHIMA  第6回 20181101
すばる 2018年10月 対談 伊藤比呂美+細馬宏通  時が作るからだ、こえ、ことば 20181001
2018年10月 URASHIMA  第 5回 20181001
2018年9月 URASHIMA  第 4回 20180901
2018年8月 URASHIMA  第 3回 20180801
2018年7月 URASHIMA  第 2回 20180701
2018年6月 URASHIMA  20180601
文學界 2018年4月 追悼 石牟礼道子  詩的代理母のような人 20180401
文學界 2018年2月 石牟礼道子の食卓  20180201
文藝春秋 2017年12月 その時、私の心は震えた  去年死んだ夫にまた会えた 20171201
すばる 2017年8月 詩人と朗読  20170801
IN★POCKET 2017年7月 講談社文芸文庫 私の一冊  第19回 20170701
すばる 2017年3月 「本の世界」を伝える声  20170301
文學界 2017年2月 鼎談 伊藤比呂美×高橋源一郎×町田康  虐げられし者たちの調べ 20170201
文學界 2016年12月 書を持って町へ出よう  20161201
文學界 2016年9月 切腹考  最終回  (森林太郎トシテ死) 20160901
文學界 2016年8月 切腹考  第十一回 「地震」 20160801
文學界 2016年5月 連載再開 切腹考  第十回 ダフォディル 20160501
文學界 2015年12月 切腹考  第9回  隣のスモトさん 20151201
すばる 2015年11月 翻訳と「辺境」  20151101
文學界 2015年10月 切腹考  第8回  帰るか帰るまいか 20151001
文學界 2015年9月 切腹考  第7回  ヰタ・リテラーリス 20150901
文學界 2015年8月 切腹考  第6回 マーマイトの小瓶 20150801
文學界 2015年7月 切腹考  第五回 弥五右衛門とわたし 20150701
文學界 2015年6月 切腹考  第四回 先生が声を放る 20150601
文學界 2015年5月 切腹考  第 3回  20150501
すばる 2015年4月 鼎談 われら、“植物系”作家  20150401
文學界 2015年4月 切腹考  新連載第二回 鴎外先生とわたし 20150401
文學界 2015年3月 切腹考  第一回 笑み割れた臍の上に 20150301
文學界 2015年2月 聖書の言葉と物語る力  20150201
すばる 2014年9月 対談 身体性と韻文  20140901
小説宝石 2014年2月 エッセイ 父の写真  20140201
2014年1月 どんな女もみな娘である  20140101
オール讀物 2013年11月 この人のいまの味   20131101
図書 2013年11月 旅とセイタカアワダチソウ  20131101
図書 2013年10月 信仰の告白 旧スギ科のみなさんに  20131001
図書 2013年9月 アレクサ・カワランシス  20130901
文藝春秋 2013年9月 死生を見つめる  20130901
図書 2013年8月 クズさん  20130801
図書 2013年7月 五月、湯けむり、南阿蘇  20130701
図書 2013年6月 あるきつかれては  20130601
図書 2013年5月 ユークリプタは歩いてきた   20130501
図書 2013年4月 バオバブの夢  20130401
文學界 2013年4月 犬心   最終回 20130401
図書 2013年3月 天草西平ツバキ公園  20130301
文學界 2013年3月 犬心   20130301
図書 2013年2月 奇想天外  20130201
文學界 2013年2月 祈りの言葉が声になるとき── 親鸞をめぐる対話  お経の現代語訳に挑む詩人が、敬愛する宗教学者に聞く親鸞の人と思想 20130201
文學界 2013年2月 犬心   20130201
図書 2013年1月 荒れ野の生きざま  20130101
文學界 2013年1月 犬心   20130101
図書 2012年12月 それぞれの秋  20121201
文學界 2012年12月 犬心   20121201
図書 2012年11月 わたしはなぜパンパスグラスを殺したか  20121101
文學界 2012年11月 犬心   20121101
図書 2012年10月 夏草や  20121001
文學界 2012年10月 犬心   20121001
図書 2012年9月 黴と戦う  20120901
文學界 2012年9月 犬心   20120901
群像 2012年8月 五人の編者が選りすぐった、古今東西の名詩アンソロジー 「まじない」から「かたり」まで    20120801
図書 2012年8月 富士山たちと巨木たち  20120801
文學界 2012年8月 犬心   20120801
図書 2012年7月 生きている木と死んでいく木  20120701
文學界 2012年7月 犬心   20120701
図書 2012年6月 草むら、ののはな  20120601
文學界 2012年6月 犬心   20120601
図書 2012年5月 今の今、花ざかり黒法師と竜舌蘭  20120501
文學界 2012年5月 犬心   20120501
すばる 2012年4月 3・11後の老いと病と死  20120401
図書 2012年4月 荒れ地の春、そしてユーカリ  20120401
文學界 2012年4月 犬心   20120401
図書 2012年3月 前庭の植物たち、とくにオキザリス  20120301
文學界 2012年3月 犬心   20120301
文學界 2012年2月 犬心   20120201
群像 2012年1月 底無しのみどろが沼の藻や死骸  20120101
文學界 2012年1月 犬心  20120101
一冊の本 2011年8月 今日一日を生きるお経  最終回  目ざめた人の語った 〈むげんのひかり〉のおはなし 20110801
一冊の本 2011年7月 今日一日を生きるお経  第11回 ケセン語の福音書と方便品の一部と梅雨入りの前 20110701
一冊の本 2011年6月 今日一日を生きるお経  第10回 荒れ地と親鸞、そして仏性 20110601
IN★POCKET 2011年5月 子猫がにゃあと  20110501
文學界 2011年4月 手読みの効能   20110401
一冊の本 2011年4月 今日一日を生きるお経  第8回 法華経「常不軽菩薩品」とキノコ 20110401
一冊の本 2011年3月 今日一日を生きるお経  第7回 日没と「自我偈」 20110301
一冊の本 2011年2月 今日一日を生きるお経  第6回 わらわらと涌いて出てくる「法華経」従地涌出品 20110201
一冊の本 2011年1月 今日一日を生きるお経  第5回 法華経「薬草喩品偈」 20110101
一冊の本 2010年12月 今日一日を生きるお経  第4回  エコロジーと廻向文 20101201
一冊の本 2010年11月 今日一日を生きるお経  第3回 二河白道 20101101
一冊の本 2010年10月 今日一日を生きるお経   第2回 源信の白骨観、九相図 20101001
一冊の本 2010年9月 今日一日を生きるお経   第1回 開経偈、普回向、三帰依文 20100901
図書 2010年5月 ゼロから始める『歎異抄』  20100501
一冊の本 2010年2月 良い死に方悪い死に方  20100201
小説トリッパー 2009年9月 創作 海千山千  20090901
小説トリッパー 2009年6月 創作 海千山千  読み解き「地蔵和讃」母が死んで、父が残った 20090601
小説トリッパー 2009年3月 創作 海千山千  読み解き「般若心経」負うた子に教えられ 読み解き「白骨」ほらほらこれがぼくの骨だ 20090301
本の話 2004年10月 ナラ、中世、そして現在を走り抜く  20041001
・伊藤比呂美の小説で関連するインタビュー・書評・レビューの記事(参考)
雑誌名 記事名
文學界 2022年5月 『ふたつの波紋』(伊藤比呂美・町田康)を読んで  20220501
一冊の本 2021年12月 無のダンスを踊るかんのん  20211201
群像 2020年10月 『道行きや』伊藤比呂美  20201001
新潮 2020年8月 伊藤比呂美『道行きや』  20200801
2020年8月 対談 伊藤比呂美×ブレイディみかこ  人生相談『道行きや』篇 20200801
文學界 2020年7月 伊藤比呂美『道行きや』  20200701
2020年5月 生きることは、「ミスする」こと  20200501
文藝 2017年5月 伊藤比呂美『切腹考』  20170501
文藝春秋 2017年4月 著者は語る  20170401
文學界 2017年4月 伊藤比呂美『切腹考』  20170401
小説宝石 2014年2月 エッセイ 父の写真  20140201
群像 2013年10月 『犬心』伊藤比呂美  20131001
文學界 2013年8月 伊藤比呂美『犬心』  20130801
すばる 2010年5月 伊藤比呂美『読み解き「般若心経」』  20100501
文藝春秋 2010年5月 BOOK倶楽部  20100501