TOP

趣味は「読書」

群像 2021年 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

文学賞関連

群像トップページ
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:群像 2021年 4月号
ルポルタージュ
 
国家・ゼロエフ・浄土 
故郷を歩き、全身全霊で思考せよ。国、国土、国民、国家……国が増殖する。小説家が世界を思考した渾身ルポ最終章。
古川日出男 P6
創作
 
最後の挨拶 His Last Bow  
来年はきっと、みんなで集まれるかなーー翻訳すること、書くことをめぐる文学の冒険。
小林エリカ P60
 
氷柱の声 
十年の月日は「わたし」たちに何をもたらしたのか。気鋭の書き手による初小説。
くどうれいん P122
エッセイ
 
ベイルート961時間(及びそれに伴う321皿の料理) 
カタストロフのただなかで「理想の食卓」はあり得るのか。
関口涼子 P174
批評
 
近代を彫刻/超克する② 
彫刻をわからなさから、沈黙から立ち上げるためには、彫刻を発見しなければならないーー注目の批評連載第2回。
小田原のどか P202
ノンフィクション完結
 
2011-2021 視えない線の上で  
第8回 ファクトだけでは理解への糸口とならない。未来を切り拓くために必要なことは。
石戸諭 P224
新連載
 
スマートな悪 技術と暴力について 
技術が匿名化したとき、私たちは無意識のうちに暴力にさらされる。人間の思考を抑制する「悪」の姿を見極める。
戸谷洋志 P245
連作
 
ヒカリ文集 
第4回 雪景色のニューヨークを旅した夜、人生に記録しておきたいことがあった。横死した演出家の妻が綴る、ヒカリとの思い出。
松浦理英子 P252
 
ほんのこの場 
私は生きていて恥ずかしかった。それは私がこどものころから傲慢だったせいなのかもしれない。
町屋良平 P278
批評
 
空海 
第2回 「空海」の裏には「仮名」が存在し、「仮名」の裏には「空海」が存在していた。
安藤礼二 P306
論点
 
ポリティカル・コレクトネス批判の論理と生理 
僕はこの3年間、ずっとカメラが邪魔だと思っていたのだ。今月の群像の「論点」ーー「PC」「テレビメディア」「コロナ禍と女性」「テレビと教養」「アンラーン」
井上弘貴 P348
 
僕たちテレビは自ら死んでいくのか 
上出遼平 P355
 
母親とはどういう存在なのかーー返礼なきケアの贈り手たち 
品田知美 P367
 
2021年 越境の旅ーーノーランからキューブリックまで「教養番組」のつくり方 
丸山俊一 P375
 
学び/捨て去ること(アンラーン)の可能性をめぐって 
丸山美佳 P386
レポ漫画
 
100分de名言を求めて 
10周年を迎えるNHK E テレの人気番組「100分de名著」の収録現場で『バクちゃん』の漫画家が見つけた言葉たち。
増村十七 P406
article
 
消すことによって書くーー大江健三郎の「自筆原稿」が秘める価値 
東大へ寄託された大江健三郎氏の「自筆原稿」が持つ、「文学の未来」を拓く可能性。
尾崎真理子 P395
コラボ連載
 
DIG 現代新書クラシックス〔4〕 
鏡の前ーー菅野覚明『神道の逆襲』を読むーー
島田英明 P401
鼎談シリーズ
 徹底討議 松浦寿輝×沼野充義×田中純
二〇世紀の思想・文学・芸術  第7回「「映像」の運命」 
映画体験の特性は、映画という一娯楽ジャンルを越えて、二〇世紀の思想や政治の領野で起こったこととも通じるのではないか。二〇世紀特有のトリプティックとは。
松浦寿輝沼野充義 田中純P412
連載
 
見えない道標 
第 2回
若松英輔 P454
 
戒厳 
第 5回
四方田犬彦 P467
 
はぐれんぼう 
第 9回
青山七恵 P486
 
ゴッホの犬と耳とひまわり 
第15回
長野まゆみ P494
 
鉄の胡蝶は記憶に夢の歳月に彫るか 
第32回
保坂和志 P502
 
二月のつぎに七月が 
第35回
堀江敏幸 P522
 
こんな日もある 競馬徒然草 
第 2回
古井由吉 P534
 
旋回する人類学 
第 2回
松村圭一郎 P538
 
ポエトリー・ドッグス 
第 3回
斉藤倫 P543
 
マルクスる思考 
第 7回
斎藤幸平 P548
 
硝子万華鏡 
第 7回
日和聡子 ヒグチユウコP557
 
現代短歌ノート 二冊目 
第 7回
穂村弘 P605
 
日常の横顔 
第 8回
松田青子 P563
 
Nの廻廊 
第 8回
保阪正康 P567
 
薄れゆく境界線――現代アメリカ小説探訪 
第11回
諏訪部浩一 P575
 
ハロー、ユーラシア 
第11回
福嶋亮大 P579
 
歴史の屑拾い 
第12回
藤原辰史 P591
 
「近過去」としての平成 
第13回
武田砂鉄 P596
 
「ヤッター」の雰囲気 
第13回
星野概念 P601
 
星占い的思考 
第13回
石井ゆかり P608
 
辺境図書館  
第14回
皆川博子 P612
 
国家と批評 
第13回
大澤聡 P620
 
文芸文庫の風景 
第 4回
馬込将充  
 
極私的雑誌デザイン考 
第15回
川名潤 P616
 
文芸文庫通信 
第 2回
  P618
随筆
 
おむかえのあとさき 
三品輝起 P410
 
思い出の犬 
水沢なお P452
 
子として、父として、木として 
レ・ロマネスクTOBI P554
 
といのあわい 
磯上竜也 P642
書評
 
『マザリング』中村佑子 
小川公代 P646
 
『カンマの女王』メアリ・ノリス 
牟田都子 P648
創作合評
 
「水たまりで息をする」高瀬隼子 
野崎歓 
X小澤英実 
X水原涼 
P658
 
「骨を撫でる」三国美千子 
野崎歓 
X小澤英実 
X水原涼 
P658
 
「桃息吐息」いしいしんじ 
野崎歓 
X小澤英実 
X水原涼 
P658
 
第65回群像新人文学賞応募規定 
   
 
第65回群像新人評論賞応募規定 
  P672
 
執筆者一覧 
  P674

ひとことコメント

コメント: