TOP

趣味は「読書」

群像 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

文学賞関連

群像トップページ
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:群像 2月号
新年短篇特集
 
部屋と喫水 
高雅な部屋は水に沈み、女の顔だけがわずかに見えた。
山尾悠子 P8
 
大国主神 
因幡伝説、根の国神話まで。大国主神の国造り物語ーー町田「古事記」第三弾。
町田康 P13
 
遡 
平穏な日々に自ら亀裂を入れ過ごす木山は、霜月の午前、自分と瓜二つの男を見かける。
沼田真佑 P33
 
願いのコリブリ 
愛着があった自転車を盗まれた。忘れていた記憶がよみがえる。
長嶋有 P46
 
地球より重くない 
通夜の後、亡き夫の仕事場に泊まった環さんは、ある箱を見つける。
田中兆子 P56
 
あれから今まで一回もマニキュアをしたことがない 
四十年ぶりの再会を機にカズと時おり酒を飲むようになって、胸をよぎるさまざまなこと。
川上弘美 P76
 
距離のふたり 
手塩釜充はいかにして天河倉瀬見藻代になったか。無限の差異を生みだすアルゴリズムの世界。
円城塔 P87
 
ボーイズ 
我々は子を持つべきか? ボーイズがやってきた夏、僕らは新しい生活スタイルを意識する。
上田岳弘 P100
批評 短期集中連作
 「いま」の常識に当てはまらない生き方を選ぶ人へ、共感とケアの連載によって生み出されてきた文学がある。
ケアの倫理とエンパワメント〔2〕 
オスカー・ワイルドの越境するケア――三島由紀夫、多和田葉子の全人類的視点
小川公代 P119
最終回
 
ショットとは何か〔5〕 
これこそがまさにショットである。映画と世界をめぐる思考の冒険がここに完結。
蓮實重彦 P152
読み切り
 
人間―でないもの――キューブリック、タルコフスキー、二〇世紀を見る 
反ー人間でも、超ー人間でも、妖怪でもなく、「人間ーでないもの」とは何か。二〇世紀の記憶をめぐるーー。
樫村晴香 P190
新規開店(オープン)
 
ポエトリー・ドッグス 第一夜 
お通しに詩をお出ししますーー。初めて入ったその店は、いぬのマスターが営むすこし不思議なバーだった。
斉藤倫 P202
特別対談
 
人間の言葉を伝える 
心に傷を持つのは患者だけではない。戦禍に生きる人たち、医療に携わるすべての人のケアの必要性を内外から伝える。
いとうせいこう 白川優子P208
連作
 
ほんのこの日 
小説家の私はあべくんが生前残した文章をもとに、かれ固有の物語を再構築していく。
町屋良平 P221
article
 
英語版「MONKEY」について、柴田元幸さんに聞いてみた 
日本からの新しいボイスを英語で届ける。文芸誌のユニークな試み。
小澤身和子 P252
 
小さなメディアをつくる 食の文筆家・木村衣有子に訊く 
プロの書き手が「ひとりの仕事」としてミニコミをつくって売る理由。
宮田文久 P264
chat
 
ウルフ・チャット#2 
ヴァージニア・ウルウをめぐる楽しいおしゃべり(チャット)は終わらない。今回は短編小説について。
小澤みゆき 関口竜平P276
論点
 「行動」と「実践」は、違うものではないか。今月の群像の「論点」--「世界文学」「批評の「場」」「J・ラカン」「抵抗の思想」
拡張される自意識のための「世界」――「世界文学」とアメリカ 
秋草俊一郎 P282
 
哲学を実践する――東浩紀『ゲンロン戦記』に寄せて 
石戸諭 P291
 
囚われ人たちのスケープゴート 
立木康介 P299
 
抵抗とは生である 
森元斎 P309
コラボ連載
 
DIG 現代新書クラシックス〔2〕 
喪失の時間
山口尚 P322
連載
 
その日まで 
第19回
瀬戸内寂聴 P327
 
戒厳 
第 3回
四方田犬彦 P336
 
はぐれんぼう 
第 7回
青山七恵 P348
 
ゴッホの犬と耳とひまわり 
第13回
長野まゆみ P356
 
鉄の胡蝶は記憶に夢の歳月に彫るか 
第30回
保坂和志 P365
 
二月のつぎに七月が 
第34回
堀江敏幸 P386
 
マルクスる思考 
第 5回
斎藤幸平 P397
 
硝子万華鏡 
第 5回
日和聡子 ヒグチユウコP402
 
現代短歌ノート 二冊目 
第 5回
穂村弘 P455
 
日常の横顔 
第 6回
松田青子 P408
 
日日是(にちにちこれ)目分量 
第 7回
くどうれいん P413
 
Nの廻廊 
第 7回
保阪正康 P417
 
薄れゆく境界線――現代アメリカ小説探訪 
第 9回
諏訪部浩一 P426
 
ハロー、ユーラシア 
第 9回
福嶋亮大 P430
 
歴史の屑拾い 
第10回
藤原辰史 P441
 
「近過去」としての平成 
第11回
武田砂鉄 P446
 
「ヤッター」の雰囲気 
第11回
星野概念 P451
 
星占い的思考 
第11回
石井ゆかり P458
 
辺境図書館  
第12回
皆川博子 P461
 
国家と批評 
第11回
大澤聡 P470
 
〈世界史〉の哲学 
第131回
大澤真幸 P493
 
文芸文庫の風景 
第 2回
馬込将充  
 
極私的雑誌デザイン考 
第13回
川名潤 P466
随筆
 
鎮めと蘇り 
棚瀬慈郎 P468
 
人と家電と死番虫 
三好愛 P250
 
a momentary stay 
惠愛由 P320
 
市場の古本屋 
宇田智子 P273
〈書評〉
 
『夢七日 夜を昼の國』いとうせいこう 
矢野利裕 P508
 
『それを小説と呼ぶ』佐々木敦 
古谷利裕 P510
 
『暗闇にレンズ』高山羽根子 
倉本さおり P512
 
『玉電松原物語』坪内祐三 
中野翠 P514
 
『旅する練習』乗代雄介 
金子由里奈 P516
 
『「線」の思考 鉄道と宗教と天皇と』原武史 
長谷川香 P518
 
『だまされ屋さん』星野智幸 
小川さやか P520
 
第65回群像新人文学賞応募規定 
   
 
第65回群像新人評論賞応募規定 
  P528
 
執筆者一覧 
  P530

ひとことコメント

コメント: