TOP

趣味は「読書」

群像 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

文学賞関連

群像トップページ
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:群像 6月号
創作
 
脱皮 
不妊治療に励む理科教師。死を待つ老人。何かを手放したい少女たち。災厄のなかで、生への希望が試される。時代の危機にこたえる、新たな小説が誕生した。
小林エリカ P6
 
文字の高原 
チベットの高原にある寺院にたどり着いた「かれ」は、奇妙な体験をする。言語と言語、大陸と大陸、国と国、そして人と人の狭間から生まれる、文学の現在地。
リービ英雄 P42
新連載
 
ハロー、ユーラシア 
世界の秩序が変わりつつあるいま、「ユーラシア」の存在がふたたび浮上している。来たるべき世界を幻視する、批評の冒険。
福嶋亮大 P76
特集翻訳小説 アンケート
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
阿部公彦/磯上竜也/伊東順子/今福龍太/上野千鶴子/大空ゆうひ/大竹昭子/大塚真祐子
  P88
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
大森望/岡真理/小川公代/小川哲/小川洋子/小国貴司
  P92
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
長田杏奈/長田育恵/小山田浩子/温又柔/鎌田裕樹/岸本佐知子/北田博充/木原善彦
  P95
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
木村朗子/久野量一/くぼたのぞみ/倉本さおり/栗原康/小島秀夫
  P99
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
小林エリカ/小山太一/斎藤真理子/酒寄進一/佐藤究/柴崎友香/下平尾直/瀧井朝世
  P102
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
武田将明/堂場瞬一/都甲幸治/豊﨑由美/鳥澤光/中島京子
  P106
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
中野善夫/名久井直子/西加奈子/根本宗子/野崎歓/野谷文昭/乗代雄介
  P109
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
橋本陽介/東山彰良/日野原慶/平松洋子/ひらりさ/深緑野分/藤井太洋/藤野可織
  P113
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
古川耕/古屋美登里/前田隆紀/松家仁之/松岡千恵/松田青子
  P117
 「2019-2020 70の世界地図
最新翻訳小説地図 
松永美穂/三浦直之/水野衛子/宮下遼/山崎まどか/陸秋槎/若菜晃子
  P120
特集翻訳小説  小論
 
文芸ピープル+ ――英語圏で読まれる現代日本文学 
7人の翻訳者たちへの取材を通して探る、現代世界文学の最前線。
辛島デイヴィッド P124
 
ウルフをめぐる静かな「ささやき」 
ヴァージニア・ウルフの末裔と呼びうる現代日本の作家は枚挙に暇がない。ウルフの影響は作品にどう顕れ、それは何を意味しているのか。
鴻巣友季子 P133
 
あらゆる行為が翻訳になる時 
『カタストロフ前夜』が話題、フランス在住の著者による、翻訳=世界論。
関口涼子 P143
 
自分ごととしての動く世界文学 
固定観念を打ち捨てよう。世界文学を読み、自分はどこにいるのか探さねばならない。
中村和恵 P151
 
この人は何語で話しているのですか?――小説内翻訳論序説 
翻訳とはどんなプロセスなのか、小説がある言語で書かれるとはどういう意味なのか。新たな問題系に光を当てる序論。
沼野充義 P160
特集翻訳小説   新連載
 
薄れゆく境界線――現代アメリカ小説探訪 
グローバル化で「アメリカ」自体の輪郭がぼやけていくなか、近代の産物たる「小説」はどう時代に応接してきたのか――「アメリカ」の新しい「見取り図」。
諏訪部浩一 P169
小特集 多和田葉子
 
小特集 多和田葉子 
ある境界(ボーダー)を超えて小説を発表してきた多和田葉子。分断と連帯が同時進行するなか、母語の外に出る人々が見る景色とは。
   
 インタビュー
離れていても、孤独ではない人間たちの闘争 
新刊インタビュー、小論、全作品解説で解体する。
聞き手・構成小澤英実 P177
 評論
多和田葉子の「星座小説」――『星に仄めかされて』をめぐって 
岩川ありさ P192
 保存版
多和田葉子全作品解題 
谷口幸代 P204
 批評
歴史と実験 
人間を自然界の事物と同じように観察するとき、新たな史学が拓かれる。柳田國男思想の核心を明らかにする、群像新人評論賞受賞後第一作。
長﨑健吾 P224
 短期集中  完結
ギー兄さんとは誰か――大江健三郎と柳田国男③ 
尾崎真理子 P268
論点
 
コロナ・ショックドクトリンに抗するために 
ポスト資本主義への「跳躍」に向けた扉こそが、今開かれている。今月の「群像」の論点――「コロナ禍」「視覚と音声」「境界線」。
斎藤幸平 P300
 
津波映像と『アナ雪』――視覚文化における「音声化」の諸問題 
長谷正人 P308
 
「複雑さ」と「私たち」 
望月優大 P316
短期集中ルポ
 
ガザ、西岸地区、アンマン 
④ 「国境なき医師団」を見に行く
いとうせいこう P338
連載対談
 
富岡幸一郎×佐藤優 
近代日本150年を読み解く 昭和前期篇
富岡幸一郎佐藤優 P321
連載完結
 
チーム・オベリベリ 
第19回
乃南アサ P354
連載
 
ゴッホの犬と耳とひまわり 
第 6回
長野まゆみ P412
 
鉄の胡蝶は記憶を夢に歳月に彫るか 
第22回
保坂和志 P424
 
二月のつぎに七月が 
第27回
堀江敏幸 P445
 
ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain 
第28回
ブレイディみかこ P173
 
歴史の屑拾い 
第 2回
藤原辰史 P456
 
「近過去」としての平成 
第 3回
武田砂鉄 P461
 
「ヤッター」の雰囲気 
第 3回
星野概念 P487
 
星占い的思考 
第 3回
石井ゆかり P470
 
所有について 
第 4回
鷲田清一 P473
 
辺境図書館  
第 4回
皆川博子 P466
 
国家と批評 
第 4回
大澤聡 P491
 
LA・フード・ダイアリー 
第 9回
三浦哲哉 P508
 
現代短歌ノート 
第121回
穂村弘 P523
 
私の文芸文庫 
第 6回  『スフィンクスは笑う』安部ヨリミ
三浦雅士  
 
極私的雑誌デザイン考 
第 5回
川名潤 P526
随筆
 
どうしようもできないのか、京都で。 
杉原邦生 P222
 
記憶 
遠野遥 P266
 
ごろごろ、神戸X 
平民金子 P352
 
場を閉ざされないために 
田尻久子 P421
〈書評〉
 
『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李龍徳 
陣野俊史 P530
 
『踏み跡にたたずんで』小野正嗣 
水原涼 P532
 
『アイロニーはなぜ伝わるのか?』木原善彦 
小川公代 P534
 
『地に這うものの記録』田中慎弥 
清水良典 P536
 
『近代のはずみ、ひずみ 深田康算と中井正一』長濱一眞 
山城むつみ P538
 
第64回群像新人文学賞応募規定 
   
 
第65回群像新人評論賞応募規定 
  P544
 
執筆者一覧 
  P546

ひとことコメント

コメント: