TOP

趣味は「読書」

新潮 2020年 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮

毎月7日
(株)新潮社



文学賞関連

新潮トップページ
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:新潮 2020年 12月号
【特集】三島由紀夫 没後五十年
 
【特集】三島由紀夫 没後五十年 
   
 創作・私の「仮面の告白」
下品な男 
上田岳弘 P9
 創作
その一匹を殺したのは誰か 
高山羽根子 P21
 創作
檄 
舞城王太郎 P33
 創作
お面 
三国美千子 P49
 評論
『豊饒の海』論(一) 
短期集中連載
平野啓一郎 P57
 評論
平岡少年とキリスト 
大澤信亮 P81
 評論
ニセモノの少女 
鈴木涼美 P95
 評論
「われら」への道 
浜崎洋介 P105
 
あくるとしの三十三さいたち 
『定本三島由紀夫書誌』制作のころ
黒田夏子 P117
 一五〇枚
母影(おもかげ) 
私は書けないけど読めた。お母さんの秘密を。孤独を抱え、行き場のない少女は、カーテン越しに世界に触れる。渾身の文芸誌初中篇!
尾崎世界観 P125
 新連作
行きつ戻りつ 
森内俊雄 P169
 
金木犀 
藤野可織 P181
 
プリニウス 
第73回
ヤマザキマリ とり・みきP440
連載小説
 
聖都創造 
第 5回
天童荒太 P332
 
天使も踏むを畏れるところ 
第 6回
松家仁之 P346
 
曼陀羅華X 2004 
第10回
古川日出男 P362
 
全然 
第16回
滝口悠生 P377
 
漂流 
第18回
町田康 P388
 
チェロ湖 
第20回
いしいしんじ P396
 
ビッグ・スヌーズ 
第33回
矢作俊彦 P417
 
荒れ野にて 
第57回
重松清 P424
 
第53回《新潮新人賞》応募規定 
【選考委員】大澤信亮/小山田浩子/鴻巣友季子/田中慎弥/又吉直樹
  P207
【対談】
 
「炎症する私」の文学空間 ――『らせん状想像力 平成デモクラシー文学論』を巡って 
平成年間の文学と社会に何が起こったのか? 大変動を解き明かす画期的批評を徹底討議!
三浦雅士 福嶋亮大P193
 三島由紀夫賞受賞記念インタビュー
未熟でねちっこい「私」と共に 
宇佐見りん P208
 
タイムトラベラーの遺言 
古井由吉『われもまた天に』を読む
島田雅彦 P214
 
みずからかすかな光を放つように 
古井由吉『われもまた天に』を読む
前田英樹 P218
 
コロナの認識論 
第6回
養老孟司 P221
 
能十番 日英現代語訳 
第五回・黒塚
いとうせいこう ジェイ・ルービンP227
【リレーコラム】
 
Passage――街の気分と思考(17) 
もしもし下北沢
吉本ばなな P244
 
Passage――街の気分と思考(17) 
海は見えなくても
長島有里枝 P248
 
OH MY GOD 
第15回 ・はい、こんにちは
エリイ(Chim↑Pom) P255
 
大楽必易――わたくしの伊福部昭伝 
第3回
片山杜秀 P277
 
小津安二郎 
第5回
平山周吉 P265
 
保田與重郎の文学 
第26回
前田英樹 P299
 
小林秀雄 
第70回
大澤信亮 P289
 
地上に星座をつくる 
第91回・早池峰山縦走
石川直樹 P316
 
見えない音、聴こえない絵 
第190回・サボテンを描いた
大竹伸朗 P256
新潮
 
馬を食べる 
平松洋子 P258
 
異物としての他者 
竹内万里子 P260
 
ジオラマ・パノラマ・クロニクル 
瀬田なつき P262
 
金原ひとみ『fishy』 
阿部公彦 P318
 
池澤夏樹『ワカタケル』 
安藤礼二 P320
 
石井遊佳『象牛』 
中西智佐乃 P322
 
宇佐見りん『推し、燃ゆ』 
ひらりさ P324
 
川上弘美『三度目の恋』 
日和聡子 P326
 
太田靖久『ののの』 
福永信 P328
 
マーガレット・アトウッド『誓願』 
柳下毅一郎 P330

ひとことコメント

コメント: